証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気を繰り返す男の心理とは?再発防止の効果的な方法も紹介します

信頼していたはずの男性パートナーや結婚相手が、あなた以外の異性と浮気をしたら心はひどく傷つくことでしょう。1度ならちょっとした過ちとて許せたとしても、何度も繰り返すようでは大問題ですよね。

「もう絶対に浮気はしない」「とても反省している」と約束をしたはずなのに、また浮気を繰り返してしまう男性は決して少なくありません。いったいなぜ彼らは浮気を繰り返すのでしょうか。

今回は浮気を繰り返す男の心理と、再発防止のための効果的な方法を一緒に紹介します。

浮気を繰り返す男の心理的特徴とは?主なもの5つをチェック

世の中には浮気をまったくしない男性、浮気をしても1度で止められる男性、そして浮気を止められずに繰り返してしまう男性がいます。彼らの違いはどこにあるのでしょうか。

まずは浮気を繰り返す男の心理的特徴について見ていきましょう。

悪いことをしているというスリルが刺激になる

浮気は日本の社会通念上、悪いものであると捉えられています。既婚者の浮気は離婚をするための立派な事由に該当するなど、決して認められるようなものではありません。

この悪いことをしているという感覚が、一部男性の浮気心に火を点けてしまうのですね。

「バレるのではないか」「妻を裏切って、他の女性と関係を持っている」といったスリルや罪悪感が、大きな刺激となるのです。

寂しいから、そして性生活に満足していないからなどの理由ではありません。一度経験したエキサイティングな刺激を忘れることができず、浮気を繰り返してしまうのです。

浮気を悪いことだと理解していない

2つ目は浮気すること自体を、悪いことだと理解していないことです。なぜ浮気をしてはいけないのか、浮気をするとパートナーがなぜ傷つくのかを分かっていないため、平気で浮気を繰り返してしまうのですね。他者への共感性が薄く、また男性自身もパートナーに浮気をされても何も感じない、またはパートナーが浮気をしたらどのように感じるかを想像しにくいことも原因です。

浮気がバレた時はとりあえず謝罪をするものの、本質的に浮気が悪いことと認識していないため、また繰り返します。

十分な時間とお金を有している

浮気をするには浮気相手と会うための時間、そして交際するためのお金が必要です。十分な時間とお金がなければ、浮気をしたいと思っても行動に移すことはできませんよね。

時間とお金に余裕があると、人によってはついつい浮気に目が行ってしまうものです。

見捨てられ感が強い

4つ目は見捨てられ感が強いことです。見捨てられ感とは、パートナーや愛する人たちから「見捨てられるのではないか」と思う気持ちのこと。常に誰かから愛されたい、愛情をもらっているはずなのに十分ではないと感じている人に多く見られます。

見捨てられ感を持つ理由の一つが、幼少期に親(特に母親)から十分な愛情を受けなかったことです。小さい頃に無条件の愛情をしっかり受けていると、人間は自己肯定感(そのままの自分を認める感情)が育ち、他人を信用してパートナーからの愛情を素直に受け取ります。

しかし親からの十分な愛情をもらえなかった場合は常に愛情を求め、いつか見捨てられるのではないかと、強い不安にさいなまれてしまうのです。パートナーや配偶者がいても見捨てられるのではないかを思い、浮気に走ってしまうのですね。

性依存症になっている

性依存症という病名を聞いたことがありますか?精神疾患の一つで、セックス依存症やセックス中毒とも呼ばれています。アルコール依存症やギャンブル依存症、買い物依存症などと同じく、一つの行動に強くこだわってしまうものです。

性依存症の原因はさまざま。前述した見捨てられ感と同様に、幼少期に親から十分な愛情をもらえなかったことの他、真面目に生活をしてきた人がだまされたり、人間不信になったりすることの反動で性依存症になることもあります。

頭の中に生じる不安感を払拭させるために性行為に走り、性行為の最中は心身共にリラックスして過ごせるため、何度も浮気を繰り返すのですね。

浮気を繰り返す男にはどう対処する?再発防止に効果的な方法

浮気を繰り返すと男には、どのように対処すれば良いのでしょうか?再発防止に効果的な方法を見てきましょう。

自宅をリラックスできる場所にする

まずは自宅をリラックスできるような場所にすることです。仕事でストレスを抱えて自宅に帰ってきても、自宅がリラックスできるような環境でなければ、男性は外に癒しを求めてしまうことでしょう。

美味しい食事を作って帰りを待つ、すぐにお風呂に入れるように沸かしておく、話しを丁寧に聞いてあげるなど、いつも以上に配慮をしてみてください。

相手のことが大切な存在だと伝える

結婚生活が長くなればなるほど、お互いに愛情表現をする機会は減っていくもの。「いまさら言わなくても分かっている」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし男性の浮気を防止するためにはしっかりと愛情表現をして、相手のことが大切な存在であることを伝えなければいけません。

好きや愛しているなどの言葉以外にも、頼りにしている、なくてはならない存在であることも伝えていきましょう。

夜の性生活も充実させる

性欲が原因で浮気に走る男性の場合、夜の性生活を充実させることも大切です。お互いにマンネリ化しているようであれば、いつもとは違ったムードを演出してみましょう。

新しい下着を身に付けてみる、部屋の照明をおしゃれなものに変えてみる、お香を焚いてみるなど、雰囲気をちょっと変えるだけでマンネリした状況を脱却できるかもしれません。

誓約書を作る

最後は二度と浮気をしない旨の誓約書を作ることです。浮気をした具体的な内容、次に絶対に浮気をしないこと、もし浮気をした場合は離婚に応じるなどを記述して、最後に日付と署名をしてもらいます。

誓約書を作成することで男性にとってプレッシャーとなり、浮気防止に大きな効力を発することでしょう。

まとめ

浮気を何度も繰り返してしまう男性の心理には、悪いことをしているスリルが刺激となる、浮気を悪いことと理解していない、見捨てられ感がある、性依存症であるなどの特徴があります。

再発防止にはさまざまな方法があるので、それぞれの状況に合わせて適切なものを取り入れてみましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn