証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気の理由とは?する側とされる側、それぞれを徹底解説します

恋人や結婚しているパートナーが浮気をすると、された側は非常に傷つきます。浮気をされたことがショックで感情的になり、相手が浮気をした理由を冷静に考えることもできなくなるでしょう。

しかし浮気には必ずといって良いほど理由があります。浮気をする側の理由とされる側の理由を理解することで、関係改善に向けた対策を取れるようになるかもしれませんよ。

今回は浮気の理由を、する側とされる側に分けて解説します。

【浮気の理由】する側の原因5つ

まずは浮気をする側の理由と原因です。全部で5つ見ていきましょう。

パートナーに対して不満がある

まずは恋人や結婚相手に対して不満を感じていることです。「家事を手伝ってくれない」「お金の浪費が激しい」「話しを聞いてくれない」など、パートナーに対して何かしらの不満が生じることが、浮気へと走らせることがあります。

相手への不満がどんどん蓄積していくと大きなストレスとなり、ストレスを解消させるために浮気をするのですね。

異性として見てもらえなくなった

男性は女性から男性として、そして女性は男性から女性として見てもらえなくなることも、浮気をする原因の一つです。

長い年月を恋人や夫婦として過ごしていると、人によっては少しずつ相手を異性として見られなくなるかもしれません。特に夫婦の場合は子供が生まれたことがきっかけで、男女の性がそれぞれ夫と妻から、父親と母親に変わることも原因と言われています。

異性として見てもらえなくなることを、お互いに納得していれば問題ありません。しかし片方がまだ異性として見てもらいたいと感じていると、不満がたまっていきます。

そして異性として見てくれるような新しい相手が現れると、浮気をしてしまうのですね。

仕事で大きなストレスを感じている

3つ目は仕事で大きなストレスを感じているケースです。多忙だったり、強い緊張を強いられるような仕事に就いていたりすると、非常に大きなストレスを感じるようになります。感じたストレスを何かしらの方法で上手く発散できれば良いですが、中には解消できない人もいることでしょう。

パートナーとの関係の中でもストレスを解消できない、または感じたストレスをパートナーにぶつけたくない理由などから、浮気に走ってしまうのです。

異性からのアプローチが絶えない

特に浮気をする男性に多いのが、異性からのアプローチが絶えない場合です。人並外れたルックスを持っている、お金をたくさん持っている、名誉ある地位に就いているなど、女性から憧れるような何かを持っている男性は魅力的。女性の「自分のものにしたい」と思う心理から、さまざまなアプローチを受けることがあるでしょう。

異性からのアプローチが続く内に「少しだけなら良いか」と心のタガが外れ、軽い気持ちから浮気をしてしまうことがあるのですね。

新しい刺激を求めている

最後の理由は新しい刺激を求めていることです。何気ない毎日をただ過ごしていると、もの足りなさやマンネリ化を感じるもの。つまらない日常を変えるために浮気に走ってしまうのです。

新しい異性との出会いや触れ合い、関わり合いが刺激となるだけでなく、「浮気をしている」という気持ちがワクワクした感情を生み出します。

【浮気の理由】される側の原因3つ

浮気はする側だけでなく、される側にも原因があることも少なくありません。

続いては浮気をされる側の理由や原因を、全部で3つ紹介します。

ルックスに気を使わなくなった

まずは服装や髪型など、ルックスに気を使わなくなったことです。付き合い始めた当初は相手を異性として意識をして、良く見られたい気持ちからルックスにも気を使っていたことでしょう。しかし付き合いが長くなるにつれて、少しずつ身なりを気にしなくなります。

良い意味で「素の自分を見せられる」と言えますが、パートナーにとっては「異性として見られていない」「異性として見られない」となりかねません。

たまにはおしゃれに気を使い、二人で一緒に出かける時は服装や髪型をバッチリ決めてみるのも良いですね。

相手への関心を示さない

2つ目は相手に対して関心を示さないことです。人間は誰でも、自分に関心を持つ人に対して好意を感じるもの。関心を示されることで話題が広がり、お互いの愛情も深まっていくのですね。

長く付き合いが続いたり、関係がマンネリ化したりすると、徐々に相手に対しての興味・関心はなくなりがちです。関心を持たれていないと感じると、他に興味や関心を示してくれる人を探すことがあります。

相手の仕事や趣味、好みなど、すでに知っているようなことであっても、しっかり言葉にして相手に伝え、関心を示してあげるようにしましょう。

束縛をする

束縛は相手に窮屈さを与え、解放されたいといった反動から浮気に走らせることがあります。

「常にどこにいるのか監視されている」「交友関係を根掘り葉掘り聞かれる」など束縛が続くと、自由を感じられなくなるでしょう。自由のない生活は非常に大きなストレスを生み出します。束縛された環境から解放されたく、浮気へと走ってしまうのです。

相手のことが不安で束縛をしがちな人は、いますぐに相手を自由にしてあげてください。最初はつらいかもしれませんが、浮気を防止するためのことです。必要以上に居場所を聞かない、何度も連絡をしない、見守る気持ちを持つなどが大切ですね。

まとめ

浮気にはする側だけでなく、される側にも何かしらの理由や原因があることも少なくありません。もちろん浮気行為自体は悪いことですが、される側にも理由があることを理解して、浮気をされないように努力することも大切ですね。

浮気の兆候が見られたら、なるべく早めに対処をしましょう。放置しておくと状況が深刻化し、別れることになるかもしれません。

浮気の証拠をつかむ方法はさまざまですが、おすすめの一つが探偵事務所の調査。豊富な実績と調査スキルで、浮気の有無や証拠を効果的につかんでくれますよ。

探偵事務所によっては初回相談無料としているところもあるので、パートナーの浮気で気になった人は気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn