証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

産業スパイによる犯行?あなたのオフィスから盗聴器が発見されるかも!?

あなたのオフィスで盗聴器が発見されたら・・・

近年、盗聴器の小型化が著しく、「こんなところに仕掛けられていたの!」ということも多くなっています。さらにインターネット社会になったせいで、オンラインではなく、オフラインによって機密事項が取り扱われることも多くなっているでしょう。ハッキングなどでは得られない機密情報を知るために、産業スパイはオフィスに盗聴器を仕掛けて情報を盗むという事例も多くなってきています。今回はオフィスに仕掛けられた盗聴器がどのようなところで発見されたのかについてご紹介していきましょう。あなたのオフィスも産業スパイに狙われているかもしれません!

あなたのオフィスの盗聴器発見場所

以下は実際にオフィス内で発見された盗聴器が仕掛けられていた場所です。普段から気をつけて見て回ることで、産業スパイによる盗聴被害を最小限に抑えることもできるでしょう。あなたの会社の機密事項を守るべくご活用ください。

電話機

古典的な盗聴器の仕掛け場所ですが、職場の電話機の中に隠されていることも多いです。電源も確保しながら盗聴もできるため、仕掛け場所として適しています。スマホで社外と電話することも多いですが、内線電話もまだまだ主流ですので、内線電話の盗聴の危険性もあることも気にかけておいてください。

コンセント

コンセント内部に盗聴器が仕掛けられるというのも古典的な盗聴手段です。オフィス内は多くのコンセントがあるため、全てを毎日チェックするのは難しいでしょう。その難しさを狙って設置されることもあるので注意が必要です。

電源タップや延長コード

盗聴器の小型化が進み、電源タップや延長コードにも盗聴器が仕込まれやすくなっています。気軽に使ってしまうオフィス用品でもあるので、不審な品を見た場合には疑うべき対象ですので気をつけていきましょう。

室内灯

オフィスには照明も多く、脚立がないと届かないというところに設置されて盲点にもなります。その盲点を狙って産業スパイたちは室内灯に盗聴器を仕掛けていくことも。設置されている可能性を知らないと見つけるのが困難な場所なので、ホコリが著しく少ない室内灯カバーを見かけたら怪しむのも重要な危機管理でしょう。

花瓶

プレゼントとして何気なくもらってしまう花瓶もオフィス内では重要な盗聴器隠し場所になってしまいます。受付や待合室といった商談で使われやすい場所に移動可能な形で設置できるため、盗聴犯としては盗聴器を設置しやすい場所です。

備え付けの額縁や掛け時計

備え付けの額縁や掛け時計も普段滅多に動かさない場所であるため、盗聴器を仕掛けるのに最適な場所になります。発見した時にまさかと思うことも多い場所です。プレゼントされた額縁や絵、掛け時計は不審に思う必要があるでしょう。

ネームプレートの中

ネームプレートは盲点となる盗聴器設置場所になります。普段、よほどのことがないと動かしたり中を見たりすることがないため、設置されてしまうと発見することが難しいです。探偵事務所や興信所によって調査してもらって初めて気がついたというクライアントの方も多い盗聴器設置場所でした。

ボールペン

最近の盗聴器の小型化は某映画の世界のレベルにまで達しています。ボールペンの中に盗聴器が仕込まれているというケースもありました。電池駆動ですが、持ち運び便利なので、盗聴犯が持ち込みやすく、設置しやすく、取り除きやすいという3拍子揃ってしまったアイテムです。違和感のあるボールペンを見かけたら分解することをおすすめします。

電卓

電卓に盗聴器が仕掛けられていたということもありました。ソーラーバッテリー備え付けのものが多いため、常時盗聴できるという利点があります。会計系の情報を聴かれてしまったという被害もありましたので、気をつけるべき設置場所です。

マウス

パソコンと一緒に使うマウスに盗聴器が設置されていたということもありました。マウスの中身を調べるということはなかなかないため、発見しにくい設置場所です。いきなりマウスが重くなったなど違和感があった場合、盗聴を真っ先に疑いましょう。

パソコン本体

パソコン本体にも盗聴器が仕掛けられていたということがありました。コードレスマウスの受信機に盗聴器も内蔵されていたという事例もありましたので、パソコン本体に身に覚えのないUSB機器がついている時にはパソコン本体が盗聴器となってしまっていないか気をつけましょう。

PC用品

各PC用品も盗聴器を仕込むのに適しています。ノートパソコンケースやプリンタ、テンキー、WebカメラなどのPC用品にも盗聴器が仕掛けられていることがありましたので、お気をつけください。

ホワイトボード

ホワイトボードはどの会議室やプレゼン室にもあるため、ホワイトボードに盗聴器を仕掛けることのメリットは非常に大きいでしょう。見慣れない装置や物、ペンがホワイトボードに付いていた場合、盗聴されているかもしれません。

机の下

気軽に盗聴器が設置されている場所です。まさか机の下に大胆に盗聴器なんて仕掛けないよなという盲点をつかれた設置場所でもあるので、たまにでもよいので、机の下も確認するようにすると良いでしょう。

椅子の下

机と同じで、椅子の下に盗聴器が設置されていたこともありました。椅子のシート部やシート部の隙間といったところにも盗聴器を仕掛けやすいため、机よりも盗聴器発見の可能性が高い場所でもあります。新しい椅子に変えた場合は、盗聴の危険性を予期しておきましょう。

ゴミ箱

盗聴器設置の盲点になる場所としてはゴミ箱も挙げられるでしょう。わざわざゴミ箱のゴミをすべて出して盗聴されているかどうか確認する人は少ないのではないでしょうか。その点をついた設置場所でもあるので、ゴミ箱の中も疑うべきです。

給湯室

職場の給湯室では雑談も多く、また仕事の内容についても気を許して本音で話してしまう場所でもあるでしょう。そういった何気ない話を盗聴するという手段も多くなってきています。何気ない会話でも盗聴犯にとっては有益な情報であることもあるので気をつけてください。

女子トイレ

盗聴器を発見した時に最低な気持ちになる隠し場所と言えるでしょう。盗聴器だけでなく盗撮器の発見も多い場所です。産業スパイだけでなく、職場の同僚が犯人のこともあります。さらに出入りしている清掃業者などの部外者も犯人の可能性があるため、非常に悪質な隠し場所です。

女子更衣室

女子トイレと同じ、卑劣な盗聴器の隠し場所です。内部犯の可能性も高い盗聴器設置場所ですので、早急に捜査していく必要があります。卑劣な犯人に憤りを禁じ得ない隠し場所です。

あなたのオフィスは確実に盗聴器に狙われています!

オフィス内で盗聴器が発見されたことのある場所についてご紹介していきました。盗聴犯も日々進化しています。素人では見つけきれない場合も多いため、盗聴器の捜索実績のある探偵事務所や興信所に力を借りることも有力な対策方法でしょう。インターネット社会になったが故に、オンライン情報だけでなく、オフライン情報の保護も重要度が増しています。しっかりと盗聴対策をしていくことで、あなたのオフィスのセキュリティを高めることが重要です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn