証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

あなたの全てが見られている!? 自宅で盗撮器が発見された場所の事例

実際に自宅の中で盗撮器が発見された場所についてご紹介していきます。盗撮器が小型化したことで新たに設置しやすくなった場所も多いです。日々の生活の中で、ご紹介したところに違和感があった場合には必ずチェックしてください。盗撮被害を早期に発見することができるでしょう。

テレビの縁

テレビの縁に盗撮器が仕込まれていたという事例がありました。テレビのランプや備え付けのパーツなのかなと思って気にも留めていなかったということも多い場所です。明らかに普通のテレビの縁と様子が違ったら、もしかしたら盗撮器かもと考え調べてみることをおすすめいたします。

エアコン

エアコンも小型化した盗撮器を仕掛けるのに最適な場所です。日々の生活の中で、エアコンを隅々と見たり調べたりする機会は少ないでしょう。その盲点をついた隠し場所だと言えます。開口部や格子状になっている場所など、盗撮器を隠せる場所が豊富にあるので、定期的にチェックすることが重要です。エアコンを特定の季節にしか使わないという人も多く、住宅内に仕掛けられた盗撮器の発見が困難な場所の一つでしょう。

置き時計や掛け時計

置き時計や掛け時計も盗撮器が発見されたことが多い場所です。時計に小さな穴があっても、デザインかなと考える人も多く、気づくことが難しいでしょう。時計は部屋のどこからでも見やすいところに設置するのが一般的ですが、逆を言えば、部屋の隅々を見られる場所が時計の場所とも考えられます。盗撮をする上ではベストな場所に設置できるため、盗撮器の発見頻度も高いです。人からもらった置き時計や掛け時計には充分注意してください。

洋服ハンガーのフック部分

最近新たな盗撮器の隠し場所として多くなっているのが、洋服ハンガーのフック部分です。小型化された盗撮器をさりげなく忍ばせておける場所として、盗撮犯に好まれる隠し場所になってしまっています。盗撮の意図も明確な隠し場所だと言えるので、非常にたちが悪いです。こっそり他のハンガーと混ぜてかけていくことで、設置も簡単なのもたちが悪いといえるのではないでしょうか。いつ買ったのか思い出せないハンガーや、不審な品がクローゼットやドアノブなどに掛かっていたら、調べてみることをおすすめいたします。

天井の穴

天井に穴を開けて、天井裏に盗撮器を置くことで盗撮していたという事例もありました。最初からあった穴かなと勘違いすることも多く、まさかこんなところにという気持ちもあり、見逃されがちな設置場所です。「天井のあんなところに穴あったかな?」と疑問に思った時は必ずチェックしましょう。穴の先には盗撮器が置いてあるかもしれません。天井から盗撮されるということも多いです。

電球の中

電球の中に盗撮器が隠されていたという事例が最近多くなっています。天井の穴と同様、「電球のこんなところに穴あったかな?」と思って調べたところ、実は盗撮器が仕込まれていたということもありました。近くに電球という明かりがあることで、盗撮した画像もよくなるため、非常に盗撮犯に好まれる隠し場所になっています。電球も部屋の隅々までを見渡せる場所にあるのが普通ですので、盗撮犯にとっては最高の隠し場所となってしまっているのが現状です。いつも使っている電球となんか違うなと思った場合には、すぐに調べるようにしましょう。

火災報知器の中

2006年6月からどの家庭にも火災報知器の設置が義務化され、どの家にも当たり前のように火災報知器があるという時代です。そのことを逆手にとって、火災報知器の中に小型の盗撮器を仕掛けるという手口が非常に多くなっています。盗撮器が設置されているとは思わないようなところですので、発見されるまで時間がかかる場所です。火災報知器なのに何かレンズの照り返しのような光を出すところがあるなと思ったら、確認してみることをおすすめします。実際確認したら盗撮器だったということもありました。自分一人で確認するのに躊躇いがある方は、盗撮器発見のプロである興信所や探偵事務所に、調査の依頼をしてみてはいかがでしょうか。プロによる盗撮器の調査で実際に盗撮器が出てきたということも事例として少なくない件数がありました。

空箱や棚の隙間

綺麗な空箱をとっておいて飾っているという人も結構な人数いるのではないでしょうか。実はそんな綺麗な空箱の中に盗撮器が仕掛けられていたということがありました。定期的に箱の中を確認するといったことも重要ですので、箱を定期的に開けて中身を確認することをおすすめします。箱の中に仕掛けるタイプの盗撮器が棚と壁の隙間に隠されていたというケースもありました。同じタイプの盗聴器が箱の中だけでなく、棚の隙間にも隠されているかもと考え探すようにしましょう。

盗撮器による危険は日々身近になってきている

盗撮器が実際に住宅から発見された場所についてまとめていきました。盗撮器が小型化され軽量化されたために新たな隠し場所になってしまったところもあれば、昔から設置場所として使われていたところまであります。大事なことは、いつどこで誰が盗撮の被害に遭うのか分からないということです。盗撮器の設置場所もどんどん巧妙になり、素人には見つけ辛くなってきています。もしも少しでも盗撮の被害に遭っているかもと思ったり、なんか部屋に違和感があるなと思ったりした時には、興信所や探偵事務所といった盗撮器捜索のプロに依頼してみるのもよいのではないでしょうか。盗撮器を設置したのがストーカーだったというケースもあるため、ストーカー調査の実績も多い興信所や探偵事務所に依頼したことで、より確実に対策を行えたということもあります。何か自宅に違和感がある時には調査を依頼されることをおすすめしたいです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn