証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

日本でも当たり前になる?採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックとは

外資系企業やアメリカの労働市場では採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックはビジネスにおいて主流になっています。一方、日本ではあまり進んできませんでした。しかし、中途採用や転職も今では日本の社会で当たり前となり、成果主義の導入も広がり、少しずつですが需要が上がってきています。これから先近い将来、日本でも採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックをする企業は増えてくるでしょう。企業にとって、採用前にリスクを回避するという考えが浸透してきている時代になっています。転職活動の際にも話題になる事柄として、今非常に注目されてきているのが現実です。今回は採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックの現状についてご紹介していきます。

採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックの調査内容とは

採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェクは、人材が虚偽の発言や申告をしていないか、履歴書に嘘を書いていないかをチェックするために行われる調査全般のことです。どのようなことで採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックが行われているのかを見ていきましょう。

個人情報保護の観点から病歴や差別につながる調査はできない

気をつけなければならないことがあります。採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックといった各調査でも、病歴や差別につながるような事に関しては調査できません。ご注意ください。

経営者候補や幹部候補に対して行うことが多い

日本で増えている採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックの例としては、経営者候補や幹部候補の人材に対して、採用前に行われることが多いです。経営者や幹部候補の前職でのパワハラやセクハラなどの不祥事がないかどうか、学歴や職務上の業績、経歴、給料金額に嘘はないかどうか、犯罪歴や違反歴はないか、など。問題となった際に、会社全体に不利益となる情報がないかどうかを調べていきます。会社としてはリスクのある人材に経営や管理を任せることはできません。職務を遂行していく上で、安心して業務を任せられるのかという安心を得るために採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックを行うというケースが多いです。また家庭での暴力や愛人関係といった情報も調べていることが多く、就任後にそうした人材であったということが公になった場合、会社のイメージダウンは避けられません。プライベートな時間のことでも、不倫やDVといったネガティブな情報がないかどうか調べられることが多いのが現状です。

高額な給料を支払う人材に対して行うことがある

どの企業も数字を出せる人材が欲しいのは当たり前でしょう。もちろん、数字を出せる人材には給料として対価を支払わなければなりません。高い給料を支払う予定の人材が経歴を詐称していたり、前職での給料について嘘をついていたりする場合もあります。高額な給料を払う人材が本当に優秀な数字を残してくれる人材なのかどうかを企業は慎重に判断しなくてはなりません。そのため、採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックを行い、安心を買うことで、高額な給料を支払う人材の採用を決めているということがあります。

警察官や消防官に対して行われることがある

採用調査や雇用調査、バックグラウンドチェックは警察官や消防官といった社会的に信用がないと務まらない職務に従事する場合に行われることも多いです。職種の性質上、経歴や学歴、犯罪歴などを詐称していないか調べることの合理性はあるでしょう。虚偽の申告をするような警察官や消防官に命を預けたいと思う人は誰もいないというのもうなずけます。

TOEICなどのスコアの虚偽がないかどうか

今や、就職市場も転職市場もTOEICのスコアなどの語学系資格の点数は非常に注目が高くなっており、採用を決める際にも大いに有効活用している企業ばかりです。そのことを逆手に取り、中には、TOEICの点数を虚偽申請する人材もいるのが現状。英語の即戦力だと思って採用した人間がとんでもないなんていうことになってしまったら、企業へのダメージも大きいでしょう。資格試験の修得情報の真偽やスコアの虚偽がないか調べるということも行われています。

中途採用時に前職での職務状況をチェックする

中途採用の人材に対して、前職での職務状況をチェックしたいという依頼も多いです。特に横領やパワハラ、セクハラといった社外に流れづらい情報について必要とされるケースが多くなっています。採用したのに、パワハラやセクハラが多く、周りの優秀な人材が辞めていくということになってしまっては、職場として成り立ちません。職務上の横領という事実を隠して再就職を考える人間もいるため、必要な調査だと言えるでしょう。仕事中にサボっていないかや申請してきた前職でのキャリア、給料額なども確認することがあり、人材としての信頼があるかどうかを確認することもできます。

SNSで問題行為を行っていないかどうか

昨今、様々な職場でアルバイトによる職務への信頼を損なうような動画や画像の撮影、そしてSNSへの流出が社会問題になっています。アルバイトを採用していた企業がイメージダウンさせられてしまうという被害も出てきているため、人事としては気をつけなければならないポイントになってきているでしょう。過去にSNSでの問題発言や行為がないかということもチェックしたいという企業も増えており、世の中に情報を発進する際のリテラシーをチェックするということも増えています。採用前に問題行動を起こす人間というリスクを避けたいという考えが広まっている証拠でしょう。

日本でも当たり前になる?採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックのまとめ

外資系企業やアメリカのビジネスシーンでは当たり前で行われている採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェック。特にアメリカでは、雇用される側の方が採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックの知識を多く持っているという特徴があります。ですが、日本ではまだまだ浸透していないビジネスの考え方でもあるため、今後浸透して広まっていく可能性を多分に含んでいる調査のジャンルだと言えるでしょう。グローバルスタンダードな企業として社会に貢献するために探偵事務所や興信所に採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックを依頼される企業も増えてきています。世界で活躍する企業では当たり前となっている採用調査・雇用調査・バックグラウンドチェックといった各調査の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn