証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

子供が「いじめ」で不登校に…。どう解決する?探偵を利用した方法とは

子供がいじめられて不登校になってしまった。登校拒否をしている…。親としても、子供がいじめで悩む姿を見るのは辛いと感じるでしょう。最近のいじめは不登校に始まり自殺を考える子がいるほど、社会的な問題となっています。

いじめに対して、正しく対処できる親はいません。なぜなら、大切な我が子が理不尽な加害を受けて冷静ではいられないからです。そこで今回は、いじめの問題をどう解決するか、探偵ができることやいじめ調査とは何かを詳しく解説します。

増える子供の不登校、社会的問題の「いじめ」とは?

子供の不登校は現在増えており、その背景にはいじめ問題が隠れています。いじめが原因で不登校になった、というのは相当問題が悪化しており、子供同士で解決できる域を超えています。子供が「逃げたい!」と正しくSOSを出している状態では、親としてはできることからすぐ行動に起こした方が良いと言えます。

SNSなどいじめる手段は多様化

あってはならないことですが、物を隠したり暴力を振るったりといったいじめは、少し前までは「分かりやすい」とも言われていました。学校の教師が把握できるようないじめが多い印象でしたが、最近はSNS上でのネットいじめやメッセージアプリを使った匿名の誹謗中傷など、その手段は多様化しています。その分大人でさえいじめの実態が掴めなくなり、より手段は姑息に、ひどくなっているのが特徴的です。

よく大人の中では「いじめといっても子供のすること」と甘く考えている方も見受けられます。大人でも子供でもいじめはありますが、その内容を見てみると刑事告訴に値する悪質なものも含まれているため、子供同士で解決できる範疇ではないのがやっかいな点なのです。

中には犯罪に当たることも

SNS上で「誰に宛てたことか分かるように誹謗中傷を行う」「個人的な情報を書き込み、拡散する」「勝手に電話番号など個人情報を晒す」といった行為は立派な犯罪です。暴力を振るっていないし、匿名だから分からないと考える方もいますが、例え子供だとしても犯罪行為をしたことに変わりはありません。

そもそもいじめの内容を考えてみると、叩く・殴る・蹴るなどの行為は暴行罪になることも。無視や悪口も行き過ぎると侮辱罪が適応されてもおかしくありません。いじめがなぜこうした犯罪にならないのかというと、被害者が泣き寝入りをしていたり法的対処までたどり着けなかったりする背景があるからでしょう。

法的にみるといじめも犯罪のひとつ。いつ訴えられてもおかしくない状況であり、いじめられている方にとっては法的対処もできるという認識は強く持っておくことをおすすめします。

親は「学校」「いじめている子の親」どちらを訴えれば良いのか分からない

親としては子供がいじめられていても、「どこに何を伝えて責任追及すればよいのか」と悩むかもしれません。子供のいじめは、まずは学校側に報告する必要があります。学校には子供を通わせている以上「安全配慮義務」が発生しており、いじめによってその配慮が行き届いていないのは学校の責任です。誰でも安心して学校に通える権利があります。

また、いじめている子の親には「いじめた子供の指導監督義務」があります。これは、例え学校だとしても社会的ルールを守りながら生きていく必要があり、子供にそのように指導するのは親の責任という考え方です。

これらのどちらか、もしくはどちらもが怠った場合、損害賠償の責任を負うことになります。つまり親としては「いじめをすぐにやめさせたい」のなら、学校といじめた子の保護者双方に話を通していく必要があると言えるでしょう。

いじめをどう解決する?対処方法をいくつかご紹介

いじめを解決したい場合、どうすればよいのでしょうか。ここからはネット上の口コミや実際の当事者からの取材をもとに、対処方法をいくつかご紹介します。

ただし、いじめの解決方法に正解はありません。中には「学校を卒業するまで我慢すればいい」と思う方もいるでしょう。それも解決策の一つの方法ですが、今すぐやめさせたいという方のためにいくつかできることをピックアップしました。

学校側の責任追及をする

子供が誰かからいじめを受けているという場合は、学校側にまず報告をしましょう。学校側は話し合い教育委員会などの第三者も含め、いじめの再発防止に手段を講じてくれます。必要であればクラス替えや席替えなど、すぐにできる対策を行うこともあるでしょう。

しかし、学校にいっても「いじめの事実は見つからなかった」と取り合ってくれないことも。その結果子供が不登校になり学校に対して諦めてしまうこともあります。不登校が続くと将来にも影響が出るので、親としても未然に防ぎたいところです。

学校側はいじめが分かると、まずは事実確認をし、いじめを受けた児童、生徒・保護者に対してフォローなど支援を行います。いじめた子には指導を入れ、保護者にも指導監督を促すことがほとんどです。もしいじめがひどく加害児童に懲戒や出席停止などの措置が適切と判断すれば、学校側がそのように指示する場合もあります。

法的措置をとる

「いじめ」という名前が付いているために「子供のやったこと」と片付けられがちですが、これはれっきとした違法行為であり人権を踏みにじるものです。度が過ぎたいじめは民事責任を追及し、損害賠償を求めることも可能です。

このとき法的措置を取るのは、「いじめた生徒本人」とその監督ができていなかった「いじめた子の保護者」両方で可能。場合によってはいじめの実態が明らかに分かっていたはずなのに何もしない学校側も訴えることができます。

ただし、「どのラインから民事責任が問える」のかは慎重に考えたい部分になります。大人同士の話し合いではいじめがどんな実態であったか分かりませんし、まずはいじめがあった証拠を集めることから始めないといけません。いじめた子を特定できたとしても、当事者たちが正しいことを話すとは限らないからです。

また、法的措置は最終手段と考えておきましょう。その前に示談や学校側との折り合いがつけば費用もかかりませんし、事態はスムーズに収めることができます。「法的処置を視野に入れている」と報告すると進展があったという経験者もいるようです。

転校・引っ越しが視野に入ることも

子供の不登校が続きどうしても解決に時間がかかると判断した場合は、転校や引っ越しを視野に入れる方も多いです。学校によっては学区外のところを選択できることもあり、公立学校から私立に変わったりフリースクールに変わったりと選択肢はいくつかあることを頭に入れておきましょう。

学校のいじめはどんな年代の子でも大きな問題ですが、最もいじめが多いのは小学3~4年生というデータもあります。年齢が上がるごとにいじめ件数は少なくなっていきますが、その分いじめの手段も複雑になり「そもそも発覚しづらくなっている」という背景もあるでしょう。高校を卒業するまではいじめがゼロになるわけではありませんし、不登校や自殺を考えてしまう子供ももちろんいます。

子供にとって何が最適なのか、親として冷静に判断したいものです。また、いじめを受けたからといって解決策が何もなく、泣き寝入りしなくてはならないわけでもありません。子供の精神的な面を最優先にし、できることから始めてみるのが重要です。

いじめで不登校に。子供に対する探偵調査は可能?

いじめで子供が不登校になってしまった。いじめを今すぐやめさせたい。そう思ったときに探偵の調査によって解決へのお手伝いができます。先ほどいじめの法的処置を取ると説明した際にもご紹介しましたが、まずは「いじめはあったのかどうか」「いじめの実態」を把握することが何より大切です。いじめの証拠があれば相手は言い逃れできず、どんな不法行為がされていたのかもわかるので、どの程度の慰謝料・賠償金がかかるのかの目安になる点も挙げられます。

このいじめに対する探偵調査について、詳しく解説していきましょう。

探偵調査ならいじめの証拠が入手できる

まず探偵での調査をいじめに使うなら「素行調査」があてはまる場合が多いです。素行調査とは文字通り調査対象者の素行を調べる調査のことで、子供の行動を調査し、いじめの実態を把握することができます。

ただし、探偵調査は学校内部に侵入したり家庭内の様子を調査できたりはしません。あくまでも学校外の調査となりますが、子供が不登校になるまでのいじめが行われているのであれば、少なからず何かの証拠が手に入る可能性は高いです。

素行調査は子供に秘密で行う方も多いですが、子供と協力をすればより確かな証拠が手に入るでしょう。学校側がいじめを認めなかったり、誰からいじめられているのかが分からなかったりする場合に探偵は利用するメリットが大きいです。証拠が入手できれば、法的処置もできるでしょう。

SNSの見守りをすることも

基本的に探偵では「尾行」「聞き込み」「張り込み」によって調査を進めていきますが、SNSなどのネット上でのいじめがあればその見守り・チェックを行うこともあります。これは自分でもできることではありますが、ネイティブ世代のSNSの使い方についていけないことも。証拠が揃っているのにどう保存したらよいのか、その後どうやって証拠を生かしていけばよいのか分からないという方も多いです。

探偵では調査で培った経験から、独自の視点でSNSチェックができます。ネット上の誹謗中傷に対する見守りもできるため、必要な場合はネット調査に強い探偵を選ぶとよいでしょう。

その後のアフターフォローがあることも

探偵では浮気調査など、調べると依頼人にとってショッキングな結果となる調査も多いです。いじめに対する素行調査も同じでしょう。子供のいじめを把握するのは親としても辛いことであり、いじめを受けている子供は精神的な苦痛をひどく感じています。

そこで、探偵の中には調査後の依頼人へのフォローが行われることがあります。カウンセリングなどの処置を行い、気持ちに整理を付ける方法が多く採用されているようです。こちらは自分でも手配できることなので、探偵の調査を行ったあとは子供のメンタルの回復に集中することが大切。また、親である依頼人自身の心の面に関しても気にかけておくと安心です。

いじめ調査の探偵の選び方

いじめに対する調査を依頼したいとき、数ある探偵の中からどんな探偵・興信所を選べばよいのか分からないという方も多いです。最後に選び方をご紹介します。

いじめ調査はどんな探偵に依頼する?選び方

いじめに関する調査を探偵に依頼する時、やや特殊な調査になるため必ず経験のある探偵に依頼しましょう。小学校付近での調査は人の目が多いことから、調べにくかったり誰かに見られたりしがちです。不審者として警察から注意を受けることもあるため、経験のある探偵の方が安心して依頼できるでしょう。

また、調査成果にも注目しておきたいところです。探偵の調査はその結果を報告書としてまとめてもらえますが、報告書そのものが証拠になるので「きちんとしたフォーマットがあるかどうか」「第三者から見ていじめの事実がはっきりと分かるかどうか」にも気を付けておきたいものです。調査報告書はサンプルを用意しているところも多いため、事前に見せてもらった方がよいでしょう。結果としていじめがなかったとしても、報告書にまとめてもらえるのかもチェックしておくことが重要です。

探偵といってもさまざまな調査員・相談員がいて、人と人とのかかわりになります。いくら口コミが良い探偵でも、相談の段階で「なんだか合わない」と感じたら満足のいく調査はできないでしょう。親身になって質問に答えてくれる、調査に対して前向きに取り組んでくれるという印象も重要な決め手となります。

素行調査の料金相場

次に気にしておきたいのが料金相場です。探偵を利用すると調査料金がかかり、これは調査期間や調査の難易度によって大きく異なります。料金は各探偵でさまざまなので、予算に合うところを選ぶようにしましょう。

探偵の調査料金は契約前に見積もりができます。何社かで見積もりを取り、実際に話してみてから予算と相性の合う探偵を選ぶと、より調査に満足できるでしょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn