証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

よく聞く「不倫」とは?不倫の詳しいところや不倫を暴く方法をご紹介

不倫とは起きると問題が大きいものですが、意外と身近なところでも起こり得るものです。芸能人のニュースでは、不倫の話題が絶えません。周囲でも不倫に悩む方はいるのではないでしょうか。

そんな不倫とは、いったいどこからが不倫なのかはご存じですか?さらに不倫するとどうなるのかまで、具体的に見ていきましょう。不倫の証拠集めの方法もあわせてご紹介します。

不倫・不貞とは何?

不倫・不貞とは夫婦間に起こるものです。交際中のカップルでは一般的に浮気という呼ばれ方をすることが多いのですが、法的に関係のある夫婦だと不倫は相手を裏切る重大な行為とみなされます。

不倫は法律上不貞と呼ばれ、その際に起きた行為を不貞行為と呼びます。浮気と聞くと人によって「どこからが浮気か」は異なるのですが、不倫の場合には明確に違いがあるため注意しておきましょう。不倫は以下の2つに当てはまれば成立すると言われています。

・自由な意思で恋愛関係に陥ること、不倫という自覚があること

・不倫関係の中に性交渉が伴うこと

反対に言えば、「じゃあ既婚者だと知らなかったと言い続ければ不倫にはならない?」「性交渉がなければどんなに仲が良くても不倫ではない?」と疑問に思うかもしれません。これはもちろん事実が証明できれば不倫とは呼べませんが、不倫と疑われる関係性であることには違いなく、夫婦がいる以上周囲の人は配慮しながら暮らしていくことこそ社会的なモラルと言えるでしょう。

デートしただけ。不倫じゃない?

先ほども不倫の定義でお伝えしたように、デートだけしかしていないのなら不倫にはなりません。例え二人きりで出かけたとしても、性交渉がなければ不倫だと言い切れないのです。では、不倫はどうやって証明するのかというと、ホテルに出入りする写真や宿泊施設を二人で利用する写真、不倫相手の家に出入りする姿などを押さえると、間接的に「性交渉を伴う関係だ」とみなされるようになります。

例えば社員旅行で二人で旅館に出入りする写真が押さえられたとしても、これは不倫にはなりません。また、映画館に行く姿や食事する姿など、明らかに親しげな様子だったとしても正確には不倫にならないため注意が必要です。

事実婚だから不倫にならない?

法的なつながりのある夫婦だと不倫になりますが、では事実婚夫婦ではどうなるのでしょうか。事実婚でも内縁関係でも、当然貞操義務は生じます。そのため、貞操義務を破る不倫は事実婚の二人でも問題になる点を注意しておきましょう。

同時にパートナーシップ制度などを結び、入籍していない夫婦も同じような扱いです。ただし、不倫が分かるとその事実と慰謝料請求ができるのですが、その際に「互いに了承のもと関係性を持っているか」を証明しなければならないこともあります。つまり、夫婦とは言いましたが夫・妻だけでなく自治体によって認められている同性カップルにも同じように不倫というものは存在するので、「入籍していないから不倫にならない」のは通用しません。

不倫相手は同性。不倫にならない?

こんな口コミもありました。「夫が不倫しているので探偵に調べてもらったら、相手は男性だった。同性だから不倫にならないと夫は訴えている」という不倫相手が同性だった場合。これも判例では同性同士での不倫で慰謝料請求が認められているので、法律上でも不倫と呼べるでしょう。

最近ではLGBTQの理解が進み、不倫相手が異性とは限らないことあるかもしれません。ですが、不倫相手がどうであれ「不倫をした」という自覚があり、その損失を配偶者は受けている時点で不倫に対する罪を償う姿勢を見せなくてはなりません。

不倫したらどうなるの?

では、一度不倫が起きたらその後どうなるのでしょうか。相手が起こりなじられる…それだけで済めばよいのですが、無視できない点がいくつかあります。不倫後に起こることを見ていきましょう。

離婚を要求されることもある

まず、離婚を相手から要求されることがあります。「不倫相手と一緒になりたいから離婚したい」「離婚したくないから許して欲しい」など、不倫した側にも言い分があるでしょう。しかし、不倫をした側の配偶者は有責配偶者になり、基本的に有責配偶者からの離婚要求は認められません。相手がどう受け取るかを聞き入れることしかできないのです。

また、夫婦の離婚と不倫には直接的に関係がありません。次の項目で説明しますが、不倫に対する賠償は慰謝料として支払うことになっており、離婚時にも影響はしないと法的見解があるからです。しかし、「不倫をした」という有責があるために、離婚条件も相手に譲歩する方は多いでしょう。もし離婚条件で夫婦の意見が合わなければ、離婚調停や離婚裁判に進展することもあります。

慰謝料を請求される

先ほども説明しましたが、慰謝料を請求できます。慰謝料とは不倫によって受けた精神的苦痛をお金で支払うもの。ある程度の相場が決まっており、状況に合わせて過去の判例や相場から近い金額で決定されます。

・夫婦が離婚した場合…100~300万円

・夫婦が離婚しなかった場合…~100万円

これだけでは足りないと感じる方もいるかもしれませんが、これは不倫相手にも同じことが言えます。配偶者だけでなく、不倫相手が誰なのか分かっており本名と住所が把握できていれば、相手にも慰謝料請求は可能です。

不倫の慰謝料は不倫した配偶者と不倫相手の共同責任であり、「それぞれに200万円ずつ、合計400万円」と請求はできません。配偶者だけが支払ってもかまいませんし、不倫相手だけが慰謝料を受け持つこともできます。これは慰謝料を請求する側は原則的には希望できない点に注意しておきましょう。

周囲にバレてしまうと信頼関係が崩れることも

離婚する恐れがある、慰謝料を請求されるといった不倫ですが、人間関係にも影響がゼロとは言い切れません。不倫があった事実を悪意を持って周囲に吹聴することは法律上禁止されていますが、不倫の話し合いや離婚によって職場で噂になったり近所の人にはバレてしまったりする可能性もあるでしょう。

不倫があったからといって不当に嫌がらせを受けたり、その加害を肯定したりするわけではないのですが、例えば社内で不倫していたと分かり、会社に内緒でカラ出張や不倫相手と合わせて休日を取得していたといった周囲の士気が下がる行動が頻繁にあると周りからの信用問題になります。中には不倫が噂になってしまい仕事にも影響が出て、居づらくなり退職する方もいるほどです。

配偶者が不倫しているかも…不倫の前兆とは?

配偶者が不倫しているかも…と思ったら、不倫の前兆がないかどうかをチェックしましょう。不倫を調査する探偵の目線で、不倫の可能性が高い行動をまとめました。

残業・飲み会・出張など仕事に出かける時間が増えた

不倫相手と会うためには、家族には嘘をつかなくてはなりません。疑われにくい浮気の口実というのが、男女にかかわらず仕事です。

「残業があるから帰宅が遅くなる」

「飲み会で帰りが朝になるかもしれない。家族を起こしてしまうから泊まって帰る」

「出張があるから3日家を空ける」

など、中には本当のことかもしれませんが、仕事を理由にする方は多いでしょう。家族としても疑うのは気が引けるため、仕事のことになると深く追求できません。不倫は最初のころは慎重に家を空けるペースや嘘などがきちんと理論立てているのですが、回数を重ねるごとに大胆になっていくのが特徴です。最近仕事が多いな、と感じたら、あえて「怪しいことがあるのでは?」と言い出さず相手の動きを観察しておくと不倫の証拠が掴みやすくなるかもしれません。

スマホを肌身離さず持っている

不倫相手と連絡をとるのは、基本的に自分のスマホです。その中身は見られてはならないので、常に携帯して肌身離さず持っていることでしょう。特に入浴中やトイレの中まで持ち込むのは怪しいと言えそうです。

慎重なタイプだと、あえてスマホに執着しない姿勢を配偶者に見せることがあります。ですが、ロック方法やセキュリティのレベルが上がっているかどうかをチェックすると「LINEにパスワードが設定されている」「不自然に家族の写真が全部消えている」といった変化がわかります。スマホを肌身離さず持ち隠しているのは、あまりにも「不倫をしている」と分かりやすい反応でもあるため、安易に決めることなくこちらもやはり冷静に見守っておくことが大切です。

趣味や習慣が変わった

不倫相手との恋愛は、これまでの夫婦以上に新鮮で楽しいもの。不倫相手に「男性」「女性」として見られると嬉しくて自分の身なりを整えたり相手の趣味に合わせたりする方も多いです。これまで服には無頓着だったのに、最近は何着も新しいものを用意している。下着を新調している、といった変化があったら要チェックと言えそうです。

また、習慣が変わった点にも注意しておきましょう。新しいことを始めるのは良いことですが、「最近になってスポーツジムに行き始めた」「新しく習い事を始めた」という習慣の変化は不倫相手との時間を持つためかもしれません。習い事、用事があるといって家を空けるのはごく自然なことであり、バレにくい不倫の口実のひとつだからです。いくつも習い事をしている主婦が、複数人の不倫相手がいたというケースもあります。

その他、新しく何かを始めたときにはその場で出会いがあったのかもしれません。ここで気を付けたいのは、「何かを始めようとするのは不倫をしているからだ」と断言するのではなく「何かを始めたきっかけで怪しい行動が増えた」と前後の状況で判断することです。趣味や習慣が変わったな、と思い始めたときから、他の前兆と合わせてしっかり配偶者をチェックしてみてください。

連絡が取りにくく、家を留守にしがち

ある一定の時間では連絡が取りにくい、返信が数時間後にかえってくると言った場合は、こちらも不倫が疑われます。不倫相手と会っているときに器用に家族とやり取りできる人は少なく、またスマホのGPS機能を考えて不倫するときは電源を落とす方も多いです。

連絡が取りにくくなる時間帯に何をしているのかはチェックしておきましょう。また、単純に家を留守にしがちな方は、不倫する機会を増やしていると考えられます。すべて疑いの段階でしかないのですが、複数の事実を組み合わせると不倫の重大な証拠になることもあります。

不倫を暴くにはどうすればいい?

では、不倫を暴くにはどうすればよいのでしょうか。配偶者が不倫しているかも…と不安に思ったらやっておきたいことをご紹介します。

不倫の証拠になるものを集める

不倫の証拠になるものはこの記事冒頭でもお伝えしたように。「証拠になるもの」「ならないもの」とに分かれます。いくら不倫相手と付き合っているかのようなLINEのやり取りがあっても、性交渉が伴う関係とは断定できなければ不倫の証拠にはなりません。

・ホテルに出入りする写真や映像

・決定的な性交渉の写真や映像

・不倫相手の自宅に出入りする写真や映像

こうしたものが証拠になるでしょう。自分で調べることもできますが、配偶者に分からせないように日常生活を維持しながら行うのは、現実的ではありません。しかし、不倫を証明するには証拠が必要なので探偵や興信所に調査を依頼する方も多いです。

探偵の不倫調査を利用する

探偵では不倫調査・浮気調査という名目で、不倫行為を専門的に調査するサービスを提供しています。調査料金は確かにかかりますが、自分だけでは揃えられない不倫の証拠を集めてくれるのが最大のメリットです。自分でやるわけではないのでリスクが少なく、また探偵や興信所の調査は法律でも認められている行為。無理やり自分で調べてかえって立場が悪くなることもありません。

探偵の不倫調査では最終的に「調査報告書」に事実をまとめられますが、この報告書で不倫が認められた判例も残っています。不倫の有無や慰謝料、離婚するかどうかで調停や裁判になった際は、証拠として扱えるので活用しやすいでしょう。いざというときのために、正確な事実を調べておくという方も多いです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn