証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気の証拠集めやり方を経験者が解説!どんな証拠が必要?

パートナーの浮気が分かったとき、あなたならどんな行動をとりますか?浮気の事実を探ったり、証拠集めをしたり本人に問い詰めたりするかもしれません。まずは浮気を認めてもらわないと事態は進まないけれど、証拠が揃わない場合は自分で収集する必要があります。

今回は実際にパートナーの浮気を経験した主婦から、証拠集めで実際に行ったことを聞いてきました。この一例を参考に、今浮気に悩んでいる人は試してみてください。

夫婦の浮気「証拠集め」が重要なカギに

そもそも夫婦の浮気とは、「自由な意思のもと浮気に至り、肉体関係を結ぶこと」です。これは不倫と表されることが多く、民法上の不法行為に当たります。

もちろんやってはならないことなので、浮気すると

・慰謝料請求ができる

・離婚を要求できる

などが可能になります。よく浮気を許せない、された側が「社会的な制裁をくだしたい」と言っていますが、法的見解ではこれらが社会的な制裁に当たると考えておきましょう。

とはいえ肉体関係のある浮気をどう証明すればよいのでしょうか。あてずっぽうに「LINEしていたのだからセックスもしているだろう」と詰め寄ったところで、配偶者は否定するに決まっています。そこで、浮気の証拠が役に立つのです。

相手が浮気を認めざるを得ない状況が作れる

なぜ浮気の証拠集めが大切なのかというと、根本に証拠があるので「浮気があったかどうか」について言い争う必要がなくなります。「浮気相手は誰?」「なんで浮気したの?」「いつ浮気したの?」と事実が分からないために怒る必要もなくなり、きわめて冷静に話し合いを進められます。

また、相手にとっても証拠が揃っていると言い逃れができません。浮気は慰謝料が発生し自分の望んでいない離婚を要求されると分かっている配偶者は、必ず保守のために浮気を認めないでしょう。事態が硬直する前に、浮気があったことを証明できるのが何よりのメリットです。

正しく慰謝料請求ができる

浮気の慰謝料額には相場があり、この金額に近いものが妥当とは言われています。

・浮気が原因で夫婦が離婚した場合…100~300万円

・浮気しても夫婦が離婚しなかった場合…~100万円

ただしすべての浮気慰謝料がこの額に収まるわけではなく、不倫の状況や悪質性、支払う側の収入力や社会的地位によって額は左右されます。

例えば「浮気の事実」だけで慰謝料を請求しても、浮気相手には請求できません。浮気相手・配偶者で別々に慰謝料はかかりませんが、責任を負担する相手が二人の場合と一人の場合では二人の方がより多い慰謝料額になる可能性が高いのです。浮気相手の名前・住所が分かっていればこの限りではなく、浮気の証拠集めは「自分はこれだけの損害、被害を受けた」ことの証明にもなってくれます。

離婚条件も有利に進められることも

全ての場合でそうとは限りませんが、離婚する際の財産分与や養育費の額は、浮気の有無によって金額の増減が行われるわけではありません。しかし、浮気というやってはならないことをした方は、条件を承諾しなくてはならない空気感になるために、離婚条件を有利に進める可能性は高くなります。例えば親権をもらいたいと思う父親が、一般的な見解だと母親が親権を得るために諦めていたかもしれませんが、浮気の証拠集めによって実態が明らかになり、母親が浮気に夢中になるあまりに育児を放棄していたことが分かるかもしれません。すると親権は父親がとるのが妥当とみなされる可能性も高くなるでしょう。

自宅や自家用車など、大きな財産の分与にしても若干の酌量は行われると考えられます。ただし自宅・車はローンが残っていることも多く、財産分与で獲得すればその返済も引き継がれるため離婚条件は良く考えなくてはなりません。

浮気の証拠集め、浮気に悩む主婦が実際にやったこと

浮気の証拠集めがうまくいくと、離婚するにしても慰謝料請求するにしても自分の立場が強くなります。相手は言い逃れ出来なくなるため、比較的スムーズに話し合いが進むのも魅力のひとつです。

そんな証拠集めとはどのようにやればよいのでしょうか。実際に夫の浮気に悩んだ主婦がやったことを聞いてきました。早速チェックしていきましょう。

普段の様子をチェックする、帰宅時間を記録する

浮気かもしれないと思ったら、普段の態度や様子をチェックします。該当する妻がおかしいと思ったのは、「何でもない日にケーキを買ってくる」「子供が欲しがるおもちゃを突然購入して帰ってきた」などの不審な行動です。その頃から夫の観察を続け、以下の点を見ていたそうです。

・情緒が安定しているかどうかチェック

・隠し事をしているときのクセがないか(目が泳いでいるなど)チェック

・残業や休日出勤が増えていないか

・リモートワーク中に「カフェ」などのノマドスペースを利用する回数

夫は普段仕事に行っているため、自宅で過ごすことの多い妻は変化にも良く気づけることでしょう。特に「残業や休日出勤の日数」「リモートワーク中の外出」は日記をつけて記録することをおすすめします。ここから給与明細の残業数と照らし合わせ、合わない回数を控えておきます。

スマホをどう扱っているかをチェックする

浮気というとスマホの中身をチェックしたくなりますが、夫のスマホは顔認証がないと通知画面すら出てこない設定になっていました。さらに6桁の暗唱番号が設定されており、夫の誕生日や子供の誕生日、結婚記念日すべてを試したけれど開かなかったといいます。

これ以上のスマホチェックはリスクが大きいため、スマホをどのように扱っているかを確認してみましょう。普段から肌身離さず携帯していて、子供にも触らせない、誰かが触ると慌てる・怒るといった態度には要注意です。また、スマホのロック解除方法は意外にも子供が知っているということもありました。さりげなく聞いてみてもよいかもしれません。

衣服や被服アイテムなど新しく購入したものがないかを確認

夫の持ち物は定期的なチェックがおすすめです。浮気相手と会うのなら毎回同じ服を着るとは思えず、また新しい恋愛に浮かれて身なりに気を遣う方も多いでしょう。衣服などが新しく購入されていないかをチェックします。

同時にネクタイ・名刺入れ・携帯シガレットケースなど、普段使うアイテムも確認すると良いでしょう。これは「買った覚えがないのに新しくしている」というケースもあり、もしかすると浮気相手からのプレゼントかもしれないからです。

バレンタイン後に確認してみると、案の定名刺入れが新調されていました。恐らく浮気相手が渡したのだと妻は推測しています。

出かけたあとの持ち物、鞄、自家用車の中を確認

記録していることで、夫が毎週何曜日に浮気相手と会う確率が高いのか見破ることができます。その外出から帰宅したタイミングで、持ち物や鞄の中身、自家用車の中をチェックしてみましょう。帰宅後に確認するのは「隠す時間がないから」「あとで処分しようと思っているアイテムも持っている可能性が高いから」です。なるべく怪しまれないように振舞うのが鉄則だと妻は言います。

持ち物は風俗店の名刺などがないか、鞄の中は怪しいレシートや明細書が入っていないか、自家用車の中は助手席のリクライニングや位置、匂いや浮気相手の忘れ物がないかなどをチェックします。可能であればカーナビの中も見て、見慣れない場所の検索履歴がないかも確認してみましょう。今回お話を伺った主婦は、カーナビの検索履歴の中で「家族では訪れたことのない場所で、飲食店を探していたものが見つかった」のだそうです。もしかすると残業や休日出勤と家族には嘘をつき、浮気相手と遠出をしたのかもしれません。

こうした証拠集めは面倒ですが逐一全部記録しておくことがおすすめです。のちに本格的に調べようと思ったとき、役に立つからです。

夫の友人、自分の友人に協力してもらう

夫の友人や自分の友人にも協力してもらっても良いでしょう。妻がやったことは、夫が「Aさんと飲みに行ってくる」と言い出したのちにAさん本人と連絡を取り、約束がないかどうかを確かめたそうです。また、自分の友人には「家に泊めて欲しい」と協力してもらい、あえて子供と二人で外出し夫に「浮気相手と会う隙」を与えて調べたのだそう。

夫の友人は浮気を知っており、アリバイに協力することも珍しくありません。周囲に「夫が浮気していると思う」と相談し過ぎるのはおすすめできませんが、慎重に信頼できる人を選び、もしくは家族などの協力を得て証拠集めを進めると良いでしょう。

それでも難しい証拠集め。リスクなく証拠を揃えるには?

主婦が実際にやったことを見てみると、「自分でもできそう」と思うかもしれません。しかし、冒頭でお伝えしたように浮気とは「浮気相手との間に性交渉が含まれる」のが前提です。これまでの証拠集めでは残念ながら推測の域を出ず、さらに浮気に肉体関係があったかどうかの証明はできません。

今回の主婦は慎重に行動していましたが、証拠集めの方法によっては法律に触れてしまうことも。そこで、リスクを少なくして証拠集めする方法も知っておきましょう。

本人に浮気のリスクを伝えて自白してもらう

最も安全なのは、本人に「浮気したら慰謝料を請求されるんだって」「友達の話なんだけど、浮気がバレて慰謝料を取られて、子供にも会わせてもらえなくなったんだって」などとリスクを伝え、自白してもらうことです。

もしくは先ほどの証拠のいずれかを差し出し、「浮気のすべてを知っている」と思わせて自白させる方法も考えられます。いずれにしても一度浮気を認めたら、録音するか書面に書き起こして正式に残しておきましょう。

浮気相手からの接触があれば聞き出す

浮気相手からもし配偶者に連絡があれば、どういった実態なのか聞き出すのも一つの手段です。しかし確実に浮気相手から連絡がくるとは思えず、また浮気相手が挑発してくることも考えられます。やり方次第では確実な証拠になり、本人の自白レベルで浮気が確定的なこととなるのですが、リスクが低いかというとそうではありません。冷静になれない方、浮気相手とはやり取りしたくない方は別の手段を模索しましょう。

探偵や興信所を利用する

おすすめできるのは探偵や興信所の浮気調査を利用することです。探偵というと難事件を解決するイメージがあるかもしれませんが、浮気調査は一般人の利用も可能。特に浮気調査は「相手に浮気をうやむやにされている」「慰謝料請求をしたい」という方にとって役に立つサービスです。この浮気調査について、少し詳しく見ていきましょう。

浮気調査ってどんなもの?

浮気調査とは探偵や興信所など調査会社が行うものです。探偵は「探偵業法」によって運用手段や調査方法が定められており、浮気調査は法的に認められた範囲で行われます。手段とは、

・聞き込み

・張り込み

・尾行

の3つが基本。これができれば「浮気相手と夫がラブホテルに出入りしている写真」などの決定的な性交渉があった証拠を揃えることができます。また、調査成果は報告書としてまとめられるので離婚調停や離婚裁判など第三者に浮気の証明が必要になったときも、そのまま活用できます。

浮気調査のメリットとは

自分で調べなくてよいのが最大のメリットです。証拠集めを必死になっていると相手にばれるリスクが高くなりますが、浮気調査なら気付かれないように工夫するだけであとは隠れて調査してくれます。

自分でやるよりも短期間で成果が期待でき、料金はかかりますが「今現在浮気に悩んでいて何もできない」というほど疲労している方にもおすすめです。

料金が気になる…ピンポイントで調査を依頼するには?

浮気調査は難しく危険も伴う業務なので、安くはない料金がかかります。これも事前に自分で証拠集めをした結果を探偵と共有し、浮気をする日を特定しやすくしておくと調査が短期間で終了できる=無駄な料金が発生しないために、安くなることはあります。

先ほど「あえて浮気をする隙を作った」とご紹介しましたが、こうしたタイミングで浮気調査を依頼するのはおすすめです。探偵ではまずは契約の前に疑問を解消してくれる無料相談ができるところも多く、気になる方は問い合わせから始めてみても良いかもしれません。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn