証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

単身赴任中の浮気は多い!遠方の浮気をチェックする方法を解説             

夫婦が別々に暮らすこととなる単身赴任。長く夫婦生活を続けていると長期出張や単身赴任の機会は訪れるかもしれませんが、離れて暮らすことと同じくらい不安なのが浮気です。夫婦間の浮気はいつの時代もなくならないもの。さらに、単身赴任中の浮気は多くなると言われているため注意が必要です。

そこで今回は単身赴任中の浮気はなぜ多いのか、自宅から遠方の浮気をチェックするにはどうすればよいのか、探偵や興信所の調査を利用する際に気を付けるポイントをご紹介します。単身赴任中の浮気を防ぐ方法もあわせてチェックしてみましょう。

なぜ単身赴任中の浮気は多いの?

単身赴任中の浮気は実際に多いのかどうか、気になる方もいるでしょう。これは単身赴任に限らず浮気は実在しますが、単身赴任など夫婦が別居中は「特に多くなる」のが実情です。

なぜ単身赴任中では浮気が増えてしまうのか、その理由から考えてみましょう。

物理的に距離が離れていて浮気がバレにくい

単純に家族と一緒に過ごしていないので、浮気がバレにくく浮気相手にもアプローチしやすいからです。単身赴任中に一人で部屋を借りていると、堂々と浮気相手を連れ込むこともできます。会社寮などを利用している場合はこの限りではありませんが、それでも浮気する時間は十分に確保できるでしょう。

また、自宅から離れていると人目を気にする必要がありません。デートや会食もやりたい放題で、自由気ままに振舞えることから単身赴任中の浮気は気を付けるべきなのです。

独身の気分に戻ってしまうから

一人暮らしをしていると、家族に気を遣う必要もなく自由に暮らせます。自宅では「良い父親でいないといけない」「家族を養わないといけない」「家事・育児もやらないと」と責任感が生まれることで浮気に対して罪悪感を覚えやすいのですが、単身赴任中は独身気分に戻ってしまう方も多いです。

例えば普段なら「会社の飲み会は一次会で済ませている」けれど、家族が待っていないのであれば「いつまで飲み歩いても構わない」と開放的な気分になるかもしれません。このように浮気に対するハードルが途端に下がったように思えてしまい、人によっては浮気に発展してしまうのでしょう。

寂しさを覚えやすい、ストレスが溜まりやすい

家族のサポートがない単身赴任中は、寂しくなり配偶者の代わりを探してしまう方もいます。また慣れない土地で暮らすことから、ストレス解消のために非日常的な浮気に溺れてしまうかもしれません。

ストレスが溜まっているから、寂しいからという身勝手な理由で浮気が正当化されるわけではありませんが、実際に浮気をしやすい環境にあるのは事実です。単身赴任している配偶者がよからぬ行動に出る前に、対策しておくと安心できるでしょう。

単身赴任中の浮気をチェックするには?

単身赴任中の浮気チェックは、自宅にいるときよりも難しくなります。だからこそ単身赴任の浮気は耐えないのですが、それでも遠方の浮気を調べるための方法を知っておきましょう。

どんな出費があるかをチェックする

単身赴任中は住居費や食費・光熱費など何かと出費が増えるものです。加えて浮気をすると、今まで以上に出費はかさみます。浮気相手と過ごすためにはホテル代や食事代、プレゼント代が必要です。浮気すると自分の身なりにも気を遣う方は増えるため、被服費がかかるケースも少なくありません。

こうした出費は、できるならチェックしておきたいものです。「光熱費がどのくらいかかっているのか知りたい」「生活費を受け取るために通帳をチェックしておきたい」などの理由で、さりげなく探ってみてはいかがでしょうか。

突然単身赴任先を訪ねる

単身赴任中だからこそできるのは、アポイントなしに突然訪問することです。堂々と浮気できる単身赴任中ではありますが、いつ家族が訪ねてきてもおかしくありません。子供がいる場合は「パパにサプライズで来ちゃった」と訪問しやすいこともあります。まず単身赴任先を訪ねたら、以下の点をチェックしてみましょう。

・ベッド周辺に避妊具などがしまわれていないか

・トイレ、洗面所に明らかに配偶者が使わないものが残っていないか

・風呂場に異性が使うものが残っていないか

・ゴミ箱の中身

・キッチンに不自然な調味料、食材がないかどうか

・食器、マグカップなど複数人分ないかどうか

もし不審な点があったとしてもこれだけで浮気とは言えませんが、状況的な証拠が見つかればいくつか記録しておきましょう。単身赴任先で浮気の気配があった方の中には「着替えは1着なのにバスタオルは2枚洗濯機に入っていた」「夫はコーヒーが飲めないのにカフェオレのゴミがあった」「洗面台の奥にメイク落としがあった」などの口コミも見られました。ポイントは「突然訪問すること」で、隠す時間が十分に取れないのでチェックしてみると浮気が分かることがあります。突然の訪問は何度も使える手段ではないため、チェックする場合は素早く短時間で、1度で確認できるようにあらかじめ手順を決めておきましょう。

休日の予定などを聞き出す、休日に連絡する

次に休日の予定を聞き出すことです。単身赴任先だといつでも浮気相手と過ごす時間は作れるので、比較的仕事のない休日に浮気する方は多いです。電話などでやり取りしたときに、休日の予定を聞いてみるとよいでしょう。可能なら休日に知らないふりをして突然連絡し、相手が電話に出るかどうかをチェックするのもおすすめです。

休日の予定は当然口実を作ることと思いますが、嘘が下手な方や嘘を日常的についているときは、その口実自体を忘れてしまうこともあります。一度「週末は何する予定なの?」と訪ねておき、その後「そういえば週末は何をしていたんだっけ?」と聞きなおすと、異なる場所を言ってきて矛盾が出るかもしれません。

単身赴任中の浮気を防ぐには?

単身赴任中の浮気は発覚しにくく、一度夫婦の中で浮気が問題になると事態は長期化します。単身赴任しても浮気をされないように、予防策も講じておきましょう。

定期的にビデオ通話をする

可能なら毎日連絡をするとベストですが、それだけではなく定期的にビデオ通話をして連絡を取り合うのはおすすめです。ビデオ通話だと表情を見て通話するため、嘘がつきにくく双方の距離も埋めやすいと言えます。また、定期的な連絡は家族の存在を意識づけるきっかけにもなり、先ほどご紹介した「独身気分で浮気をする」といった事態を防げるのがメリットです。

子供の成長などもシェアできるので、家族がいるときには特にビデオ通話はおすすめです。中には食事中にリビングの様子を映しておき、話すことがなくてもビデオだけはつないでおくという夫婦もいました。

家族で過ごす時間を積極的に作る

単身赴任中といっても、家族が単身赴任先に赴いたり帰省する時間を作ったり、家族で過ごす時間は定期的に持ちましょう。離れて暮らすことで浮気の可能性も高まるものですが、相手がいかに家庭をサポートしてくれていたか、その存在のありがたさに気付くこともあります。

単身赴任が夫婦円満のきっかけにもなるので、離れて暮らすときこそ家族で過ごす時間を大切にしておきましょう。単身赴任する配偶者も家族を意識し暮らすことで、浮気をしないでいてくれるかもしれません。

単身赴任用のクレジットカード、使用口座などを決めておく

先ほども「浮気をすると出費が増える」とご紹介しましたが、これを分かりやすくするために、また浮気を予防するために単身赴任先での出費は把握しておくことをおすすめします。単身赴任用にクレジットカードを決めておいたり、生活費の共有のために夫婦で利用する口座を指定しておいたりするとよいかもしれませんね。

浮気をする場合は、もちろん家族に隠しているために「デートではクレジットカードを使用しない」「出費が分からないようにする」という方は多いです。ですが、浮気をするきっかけが潰せるのは確かなのでできる手段は講じておいた方が良いでしょう。

単身赴任先に家族の写真や子供の絵などを飾る

単身赴任先に家族の写真、子供が贈った絵などを飾って防止する方法もあります。これは浮気相手が自宅に訪れた際に「家族がいるんだ」と意識させて浮気の気分を盛り下げる意味もありますし、配偶者が常に家族を思い出すので浮気させないようにする目的もあります。家族の存在が単身赴任先にもあると、いくら了承のもと始まった浮気だとしても、浮気相手を自宅に呼びにくくなるでしょう。

正直に「浮気が心配」であることを伝える

最後は、単身赴任をするにあたって正直に思いを伝えることです。「絶対に浮気しないでね」と一方的に釘をさすのも良いのですが、「あなたに慰謝料請求をしたくないし、こんなことで夫婦関係がおかしくなるのは悲しい」と冷静に伝えても構いません。浮気があるリスクをこちらも意識していると伝えることで、相手は「浮気をするとバレてしまうかもしれない」「浮気した後に何が起こるか分からない」と意識的に浮気を回避してくれる可能性が高まります。

ポイントは感情的にならないことです。家庭や配偶者に不満がある方ほど浮気しがちなので、「単身赴任したら浮気するに違いない!」と疑ってかかり、赴任中もずっと追い詰めていると本当に夫婦生活が嫌になるかもしれません。気持ちを離さないようにするのが大切なので、相手の立場も思いやって過ごせるとベストです。

単身赴任中の浮気を調べたい!浮気調査で気を付けるポイント

単身赴任中の浮気を調べる方法をいくつかご紹介しましたが、あくまで「浮気の可能性があるかどうか」をチェックするだけにとどまります。そもそも浮気というのは「夫婦間の不貞」であり、浮気相手と配偶者が自由な意思で恋愛関係に陥り、性交渉がなければ成立しないこととなっています。

この「二人が自由意志のもと浮気しているのか」「性的な関係が伴うのか」は確かめるのが難しいです。そのため、探偵や興信所など調査会社では浮気調査を行っています。単身赴任先だからこそ「自力で浮気の証拠は揃えられないので、プロに頼る」方は多いのですが、遠方の浮気調査では気を付けることがいくつかあります。一緒に見ていきましょう。

現地に詳しい探偵を選ぶ

遠方で浮気調査を依頼する場合、自宅近くの「自分にとって通いやすい探偵」を選ぶのは少し考えなおした方がよいでしょう。たしかに調査中は探偵と連携する必要があり、打ち合わせが何回かあり探偵とのやり取りは必須です。しかし、その探偵や興信所が「単身赴任先」の土地勘がないかもしれません。

浮気調査の手段は法律で決められており、

・尾行

・聞き込み

・張り込み

この3つが活用されます。どれも土地勘があればあるほど調べやすいので、単身赴任先で調査する場合は現地の探偵を選ぶか、そのエリアに支店を持つ調査会社、出張経験が豊富な探偵を選ぶのがおすすめです。また、出張調査は不可能ではありませんが、調査料金に加えて出張費がかかる場合もあります。料金の明細なども含めて、総合的に探偵は慎重に選ぶと良いでしょう。

調査する日はできる限り絞る

浮気をしている可能性が高い場合、単身赴任先だと相手の浮気は簡単に調査結果に反映することもあります。できる限り相手の様子をチェックし、「この日に浮気する可能性が高い」という日にちを見定めておきましょう。

探偵の調査は確かに予約や調査員が確保できればいつでも可能なのですが、調査は料金がかかるのであてずっぽうに調査を依頼すると果てしなく料金がかかってしまいます。調査する日は可能な限り絞って、的確に依頼することで調査に対する満足度も上げられるでしょう。

探偵を依頼していることを悟られないように平然と装う

最後のポイントは、探偵に一度依頼したら単身赴任先の配偶者に悟られないようにすることです。「探偵をこの日に依頼した」と思うと、相手は浮気相手と会っているのか、どんな浮気の状況なのか、成果は出るのかどうかが気になって仕方がない方は多いです。その気分の変調を配偶者が読み取り、浮気を隠してしまうことも十分考えられます。

一度調査会社に依頼したら、その後は毅然とした態度を貫きましょう。普段と変わらないように過ごし、探偵と連携してやり取りすることで、調査をスムーズに進めることができます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn