証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

女性の不倫は「寂しい」が原因?女性の不倫の特徴・心理とは

見破るのが難しいと言われている女性の不倫。「我が家の妻が不倫するわけがない」と思う方は多いかもしれませんが、妻側からの不倫が原因で問題になるケースも多いです。今回は女性の不倫の特徴・心理を「女性目線」でご紹介します。同時に見破る方法もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

不倫とは?その定義をおさらい

不倫とはそもそもどういったものを指すのでしょうか。夫婦間の浮気=不倫は明確な基準が決まっており、配偶者以外の者との関係に性交渉が伴えば不倫と呼ばれます。極端に言えば、性交渉のない関係だといくら仲が良くても、街中で堂々と手をつないでデートをしていたとしても、不倫とは認められない場合もあります。

そのため、ご家庭で「不倫だ」「不倫ではない」と問題になったときは、相手側の性交渉の有無をまず確かめましょう。夫婦間の不倫が発覚すると、これを原因として離婚を要求でき、不倫相手と配偶者に慰謝料請求ができます。妻の不倫の場合、不倫が子供の養育環境に大きく影響しているとみなされれば、通常なら母親側が得るはずの親権が父親になるケースも多いです。

不倫する女性の特徴

では、不倫する女性の特徴を見ていきましょう。女性の不倫と男性の不倫は微妙に異なり、なおかつ女性の不倫は周囲にバレにくいのが特徴です。不倫する心理と一緒に考えて、妻の不倫を防ぐようにしましょう。

常に「寂しい」と感じている

不倫する女性は寂しさを感じやすく、夫婦のすれ違いに敏感なケースが多いです。例えば妊娠を機に会社を退職し、家では一人で家事・育児を担う毎日。そんな中で夫の繁忙が重なると、自分が取り残されたように感じて家庭外の関係を求めたくなるかもしれません。

こうした女性は寂しい気持ちを紛らわすために不倫を始めることがほとんどで、最初のうちはあまり不倫相手に本気ではありません。ですが、次第に関係が長引くと情が移りやすいのも女性の特徴であり、気付いたときには不倫に夢中になっているケースも珍しくありません。

夫婦仲が悪い

夫に対して不満がたくさんあると、当然不倫相手のことが魅力的に思えます。相手と会うたびに夫とは違う部分が好きになり、不倫に夢中になっていくでしょう。

どんなに仲の良い夫婦でも不倫の危機があり、それが

・妻が妊娠中

・夫婦喧嘩しているとき

・出張中など物理的に離れているとき

です。夫婦仲がそもそも良い場合は、不倫をしようとも思わないはず。今仮面夫婦寸前だったり夫婦生活が長くマンネリを感じている場合は、二人の関係性を見直してみてもよいかもしれません。

セックスレスが続いている

セックスレスは男女どちらが原因と言えませんが、妻が求めているにもかかわらず拒んでいる場合、性欲の関係から不倫を始める場合も珍しくありません。致し方ないことではありますが、女性の性欲は30代から高まる傾向にあり、対して男性は20代がピークで徐々になくなっていくと、男女の性欲には差があります。

セックスレスの夫婦は多いとはいえ、実際に起こっている場合は不倫にも気を付けたいもの。お互いが了承の上で営みがないのなら問題はありませんが、夫婦の大切なスキンシップなので話しあった上で落としどころを見つけておくのも大切です。

押しに弱く恋愛経験が少ない

不倫をする女性というのは、恋愛経験豊富なイメージが強いかもしれません。婚前に恋人が常にいて、時には二股を経験したような恋多き女性だと、意外と不倫をする方は少ないでしょう。

そうではなく、交際相手が少ないまま結婚生活がスタートし、刺激が足りない女性ほど不倫に走りやすいもの。結婚後は女性は子供を出産することが多いために、「遊び足りない」と感じる方も多いです。その後、育児がひと段落して時間ができたときに、魅力的な異性に強く迫られると不倫関係が始まってしまうかもしれません。

恋愛気質であり依存が強い

恋愛気質で依存が強い方は、前述した寂しさを感じやすいでしょう。誰かと常につながっていたい願望が強いので、夫婦で少しすれ違いが起きただけで、「誰かと話したい、女性として見られたい」と不倫する傾向にあります。

恋愛気質で夫に依存しているうちは、その方がよいのかもしれません。ですが、人生の中でいくら結婚していようと夫と四六時中一緒にはいられないはず。ここからも寂しさや孤独を感じて、不倫相手でその欲を満たそうと思うかもしれません。

女性の不倫の特徴とは

女性の不倫の特徴を今一度見てみましょう。女性の不倫はわかりにくいとは言われていますが、特徴を押さえると分かることがあるかもしれません。

不倫に対して夢中になりやすい

女性は恋愛に対して夢中になりやすいもの。特に不倫のような「やってはならない恋愛」「誰にも言えない秘密の関係」に没頭するケースも多いでしょう。不倫を題材としたドラマが、特に女性人気があったことからも分かるかもしれません。

夢中になるために、不倫で起こったことを家庭に持ち込みがちです。夢中になっている間は不倫を隠すこともおろそかになるため、調べるチャンスとも言えるでしょう。

不倫を隠すのがうまい

次に不倫を隠すのがうまいこと。女性は勘が強く小さなことにも気が付きやすいので、「もし夫が不倫を疑ったら、何を探るのか」まで計算することもあります。不倫相手と会うときの口実は完璧なものにするでしょうし、徹底的に証拠を隠します。

だからこそ、気付かない女性の不倫なので、調べる時は「一筋縄ではいかない」と覚悟して取り掛かってもよいかもしれません。また、臨機応変に嘘をつけるのも女性の特徴なので、話し合って不倫を聞き出すというのは難しいと思っておきましょう。

感情が揺さぶられやすい、情緒不安定になることも

感情が揺さぶられやすく、情緒不安定になりやすい女性の不倫。不倫に夢中になり、不倫相手の挙動で一喜一憂する方も多いので、この点を観察していると様子がおかしいことに気付くかもしれません。

何でもないことで泣き出したり落ち込んだり、一方で機嫌が良かったりと「普段とは違うな」と思ったら一度メモを残しておくと良いかもしれません。必ずしも情緒不安定なことが不倫の表れとは言えませんが、ひとつのヒントとして頭に入れておくのもおすすめです。

特徴から見る女性の不倫チェック

特徴から考えて、女性の不倫をチェックしてみましょう。女性は勘が鋭いために深入りして調べるのはおすすめできません。今、妻の不倫を不安に思っている場合は、以下の項目に心当たりがないかチェックしてみてください。

洋服や下着を新調していないか

新しくできた恋人と会う場合は、これまで以上に身なりを気にするようになります。洋服や下着を新調していないか、一度チェックしてみるとよいでしょう。普段から洋服を買うようなタイプではないのに、最近よく買い物している様子がある。見たことのない下着がしまわれていたなど、少し気になった点は覚えておきます。これだけでは不倫の証拠とは言えませんが、いつから様子がおかしくなったのかなどを記録しておくと、不倫相手と出会った時期や相手のめどがつくかもしれません。

最近イメージチェンジをした

ヘアスタイルを変えたりがらっと洋服の好みが変わったり。こうしたイメージチェンジは恋愛を始めたての女性によくみられます。不倫相手の好みに合わせていることも考えられますし、もしくは新しい恋愛に対して自分を良く見せたい気持ちの表れかもしれません。

ただ、この点も必ずしも不倫とは言い切れず、夫婦仲を取り戻すために努力しているケースも考えられます。そのため、不倫をしているのかと詰め寄ることなく、一度様子を見ておくことも大切です。

スマホを操作する時間が長い、子供に触らせなくなった

不倫相手とはスマホでやり取りすることがほとんどです。スマホをずっと持ち歩き、操作する時間が長いのは不倫相手とLINEなどで連絡を取り合っているのかもしれません。SNSやアプリなどで不倫相手を募集している場合も考えられます。

また、妻としてはチェックしておきたいのは、これまで子供にはスマホを触らせていたのに突然触らせなくなってガードが固くなるのは怪しいと言えるでしょう。何かスマホに隠している証拠かもしれません。

予定をよく聞くようになった

不倫相手と会う時間を作るために、まずは夫のスケジュールを把握しておかなくてはなりません。妻の不倫だと子供を預ける必要も出てくるため、家族がどう動くのかをよく尋ねるようになります。

最近、「仕事の終わりは何時になるのか」「何時ごろ帰宅するのか」と予定を聞かれてはいないでしょうか。一人になれるタイミングが知りたいために、予定を聞いているのかもしれません。こういった細かなところからでも浮気の特徴があるので、ぜひ日々の会話や様子を細かくチェックしておきたいものです。

性交渉に対して積極的になった

不倫相手と性交渉をしているのなら、夫とは触れ合いを拒否しそうな気もします。ですが、中には不倫相手との恋愛で開放的になり、夫婦の営みが再びあるようになったというケースも珍しくありません。これも人によりますが、「セックスレスが解消した」と安心として捉えるか、不倫があるのかもしれないと捉えるのかは慎重に見極めたいものです。

女性の不倫は調査がおすすめ。その理由とは?

ではこうした女性の不倫の特徴が妻によくみられるときは、どうすればよいのでしょうか。結論からいうと、夫が妻の不倫を見破るのはとても難しいもの。また不倫の証拠はその後夫婦関係を再構築するためにも、離婚をするためにも重要なものとなります。

そこで、確実な方法として不倫調査の利用をおすすめします。不倫調査とは探偵や興信所で依頼でき、調査料金はかかりますが「不倫の実態」を詳しく調べてくれるもの。慰謝料請求や不倫相手との話し合いに役立つこともあるので、結果として調査料金を支払ってもその分が補えるほどの効果がある場合も多いです。

勘の良い女性の不倫は調べにくいから

なぜ不倫調査をおすすめするのかというと、女性の不倫は調べにくいからです。夫側が調べるとなると、仕事をしながら限られた時間で探る必要があり、日中家にいて自由に動ける専業主婦と比べるとはるかに調査は困難です。また、家にある不倫の証拠を集めようとしても、基本的に妻側が「どこに何がしまわれているか」「家族の動向」などを把握していることが多いのではないでしょうか。これでは夫側が探ったところで、「夫は不倫に気付いている」とすぐばれてしまいます。

こうして不倫を疑っていることが分かってしまうと、さらに女性は不倫を隠すでしょう。中には不倫相手と結託して、より巧みに関係をごまかす場合もあります。こうなってからでは探偵や興信所の調査もやりにくくなるため、早い段階で専門的な調査を入れた方がメリットが大きいのです。

不倫をした・していないの水掛け論を回避できるから

不倫をした、していないの水掛け論は夫婦の不倫問題でよく見られることです。当然やってはならない不倫であり、不倫相手に本気になっているほど女性は「将来のこと」「慰謝料のこと」を考えて不倫を隠します。

証拠がなければ不倫とは断定できない。これは女性としてはとっくに調べているはずです。こうした話し合いで不倫問題は長引きやすいので、確実な証拠である調査報告書を入手するために、探偵や興信所を頼ってもよいかもしれませんね。

不倫問題を解消しやすいから

以上のように、探偵調査では

・個人で調べる以上の調査ができる

・不倫がわかれば決定的な証拠となるため、話し合いにも交渉にも活用できる

・素早く効率的に調査できる

といったメリットがあります。女性はより勘が鋭いので、数少ないチャンスをものにするためにも、確実な不倫調査を選んだ方がよいかもしれません。探偵や興信所ではすぐに契約ではなく、まずは無料の相談ができるところも多いです。今一度状況を整理して、調査料金を支払ってもメリットが大きいようなら依頼の検討も視野に入れてもよいでしょう。

不倫の問題は放っておくと長引き、事態は悪化します。自分の心労を軽くするためにも、短時間で解消できる方法を試してみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn