証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所・探偵を依頼したい!料金はどのくらい?相場や料金体系など

個人では調べられないことを調査し、トラブル解消の手伝いをしてくれる興信所・探偵。探偵というと「事件解決のために動く機関」というイメージを持つかもしれませんが、現在の調査会社はほとんどが一般の方向けに調査プランを用意しています。

トラブル解消に役立つのは確かですが、気になるのがその料金かもしれません。今回は興信所・探偵を依頼したらかかる料金の相場や料金体系などをご紹介します。

興信所・探偵の料金はどのくらい?相場など

興信所・探偵の調査料金には決まり事がなく、それぞれの企業が価格設定を行います。料金は

・調査員を何人配置するか

・どのくらい時間がかかったか

・使用する機材や移動費など調査にかかるコスト

などで細かく変わってくるため、一概に相場が何円かは言えません。

とある業界団体が行った調査料金水準に関するアンケートでは、平均値として調査員一人につき1時間の調査で1万円がかかると結果が出ています。調査料金の内訳も各調査会社で異なるためさまざまですが、調査は基本的に2名以上のチームで行動するため1時間1万円以上がかかると思ってよさそうです。調査は数時間では終わらないので、

・1時間1.5~2万円×調査時間=調査料金

となる点を頭に入れておきましょう。数日の調査なら40~50万円で収まることもあれば、何週間にもわたる調査で100万円を超えることもあります。一つ言えるのは、調査料金とは決して安くない料金がかかり、この平均よりも下回る場合は「何かの理由」がある点を考えなくてはなりません。料金の安さで興信所・探偵を選ぶのももちろんひとつの手段ですが、あまりにも低価格に設定されている興信所に依頼する場合は「なぜ安いのか」を十分考慮したうえで選ぶようにしましょう。

興信所・探偵の料金体系をチェック

興信所・探偵では料金体系が分かれています。会社ごとにその形態に微妙な違いはありますが、主流は大きく分けて3つ。それぞれどのような料金体系なのか、チェックしていきましょう。

時給型プラン

まずは時給型プランです。時給型とは名前の通り調査した時間だけ料金が高くなる仕組みで、調査が長引くほど高くなる傾向にあります。また、時給換算ではなく日給として「1日あたり〇万円」とするところも多く、それぞれのメリット・デメリットを見極めながら自分にあう料金を提示する探偵を選ぶと良いでしょう。

時給型プランの特徴は、料金の内訳が分かりやすいことです。予算以内に収める場合に「〇日依頼すれば〇万円になる」と目安を立てることができるため、想像以上に料金が嵩むトラブルを防げます。ただし時間がかかる調査だったり、反対に「どのくらい調査時間がかかるのか分からない…」というケースだったりすると延々と調査が続いて、高額な料金となる点もあるため注意が必要です。

パック型プラン

パック型プランとは、ある程度の調査日程を含めて調査サービスをパックにしたものです。「浮気調査〇万円」「素性調査〇万円」とあらかじめ諸費用などをすべてまとめてくれているため、こちらもいくらかかるのか料金が分かりやすいのがポイント。さらに、時給型では調査依頼しにくい「どのくらい時間がかかるのか分からない」という調査でも、まずは依頼できるため利用しやすいのもメリットのひとつです。

ただし、時給型とは違って最初から調査数日がパックになっている場合が多い点には注意しておきましょう。調査内容によってはたった2日で成果があり、結果として時給型を選んだ方がお得だったという場合もあります。

また、すべての料金がパック型プランに含まれているとは限りません。追加で何か料金がかからないか、調査する中で追加費用が必要となった場合はすぐ連絡をもらえるのか、料金で不明な点があれば都度興信所・探偵と確認し合うことが大切です。

成功報酬型プラン

弁護士などを利用する場合に多い成功報酬型プラン。海外の興信所・探偵でもこのプランを用意する調査会社はたくさんあります。成功報酬型は名前の通りで、まず基本料金を支払い調査を開始し、成果があれば成功報酬として追加料金を払います。

メリットは他プランと比べて成功報酬型だと初期費用がぐっと安く抑えられる点です。まとまった資金をすぐに用意するのが難しいけれど、調査は即座にやった方が良いタイミングなど、成功報酬型プランだと気軽に利用できます。また、調査料金と同時に気になるのが「本当に調査して何か成果が得られるのか」かもしれませんが、このプランだと調査が失敗すればその分料金は安くなります。

ただし、成功報酬型プランは利用しやすい反面で注意したい点も。まず確定させたいのが、「何をもって成功というのか」です。興信所・探偵側と依頼人側で成功の基準が違っていれば、「使える成果はなかったのに成功報酬を支払わなければならない」といったトラブルが生じます。依頼する場合は双方の成功基準をすり合わせ、誤解がないようにしなければなりません。

追加で調査を行う方のためのプランも

例えばパック型プランを選び、もう少し追加して調査して欲しい場合などに使える、追加調査のプランを用意している興信所・探偵もあります。すべての興信所で追加調査が可能とは限りませんが、状況によっては「あと数回張り込みすると成果が出るかもしれない」と目安を教えてくれる場合もあるでしょう。

ここでチェックしておきたいのは、追加調査は必ず依頼人の承諾なしには実行されないという点です。調査には料金が必要となるため、かならず興信所・探偵は依頼人に伺いを立ててから追加調査します。いざ調査が終わってみて、当初の見積もりよりも大幅に高くなっていたというトラブルが起こらないよう、状況は都度確認して連絡をこまめにくれる興信所・探偵を選ぶと良いでしょう。

どんな調査だと料金が高くなる?

以上のように、調査料金の価格はさまざまです。また、調査の内容や難易度によっても料金が高くなるため注意しておきましょう。

一般的に調査料金が高くなる調査パターンというのも存在するので、先ほどご紹介した興信所の料金の仕組みと照らし合わせてチェックしてください。

調べる項目が多い調査

まずは調べる項目が多い調査です。人探しや素性調査の場合、まずは「調査対象者の名前や住所、どこに勤めていてどんな生活パターンで暮らしているのか」は基本情報として入手しなくてはなりません。事前に分かっている場合では、基本情報の調査は省けますがここからすでに知りたい要望があれば、調査日数はかさみ料金は高くなります。

興信所・探偵の調査で最も利用されているのは浮気調査。浮気調査も、

・浮気の有無

・浮気相手の名前

・浮気の回数

などさまざまな項目を調べて欲しい場合は、調査日数が必要なので料金は高くなるでしょう。反対に浮気しているかどうかだけが知りたい場合は、数日で終わることもあります。

調査対象者が警戒しているなど、難易度の高い調査

調査していることに感づかれている、性格的に警戒心が高い方を調べる場合など、調査に対して難易度が高いと調査料金は高くなります。というのも、あまりにも警戒していて成果が出ないと、その分日数がかかり人件費もかさむからです。

浮気調査で例えてみましょう。時給型プランを選んだとして、あらかじめ浮気の日をいくつか予想してピックアップしていたとしても、調査対象者は浮気相手と別行動して証拠となる写真や映像が撮れないこともあります。すると調査は後日改めて行うことになり、結果として料金が高くなってしまうのです。

調査はスムーズに行えるよう、興信所や探偵に依頼したことは隠しておきましょう。興信所・探偵側から調査対象者にばらすことは絶対にありませんが、自宅に置きっぱなしにしがちな興信所のパンフレットや名刺・資料などは厳重に管理しておくことをおすすめします。

事前情報が少ない・ほとんどない調査

事前情報がまったくなく、手掛かりから調査しなくてはならないものは当然高くなるでしょう。「調べる項目が多い調査」でお伝えしたように、調べるための日数が多くなるからです。

事前情報というのは、調査対象者のプロフィールや浮気の可能性など、たくさんの証拠が手掛かりとなります。興信所や探偵に依頼する場合は「できる限り」で構わないので情報を揃えるようにし、伝えやすいように整理しておきましょう。調査協力をすることで、調査がスムーズに進むだけでなく最低限の日数で成果が期待できるため、料金を妥当な金額に抑えることができます。

興信所・探偵の調査スキルが低い場合

最後は興信所・探偵の調査スキルが低い場合です。例え調査する日付を精査し、事前に情報を興信所・探偵に伝えていたとしても、

・尾行途中で見逃し、調査が無駄になった

・聞き込みする相手を見誤り、調査対象者に調査を気付かせてしまった

・成果がなかなか出ず、調査期間が長引く

といった調査スキルの影響で料金が高くなることもあります。

興信所や探偵は各地域に複数社見つかり、選ぶときも迷う方は多いです。料金で決めるのももちろん一つの手段ですが、「きちんとした調査をしてくれるかどうか」「調査目的を果たしてくれるところかどうか」もしっかり考えたうえで選ぶことをおすすめします。

料金を抑えたい!どうすればいい?

興信所・探偵の調査料金は出来る限り抑えたいものです。もちろん安いところには、その理由を考えるなど注意しないといけませんが、一方で「調査料金は高ければ信用できる」かというと、そうではありません。

同じ調査の質・サービスだったとしたら、比較して安い方を選ぶのがお得です。ここからは調査料金に無駄を生じさせない方法をご紹介します。

調査する日を確定させる

まずはあらかじめ調査の成果が出そうな日を確定させておきましょう。浮気調査などでは顕著ですが、そもそも浮気相手と会わない日に尾行を依頼しても成果は期待できません。もし浮気が起きない日であれば、浮気相手の職場や素性など別の視点から調査すると効率的です。

浮気調査の場合だと、

・長期休暇の次の週末や休日

・年末年始などまとまった休みの期間

・残業が続く頃など調査対象者に変化がある期間

に浮気をする方は多いです。このようなシーズンごとの見極めや、メールやLINEなどでのやり取りの中から「〇月〇日に浮気相手と会う」などの情報があれば、その日に調査を依頼するようにしましょう。繁忙期では即座に調査できないこともあるため、早めの調査依頼をおすすめします。

事前に情報をまとめるなど、調査に協力する

調査の協力も大切です。先ほどから繰り返しお伝えしている通り、事前の情報がないと「基本的なこと」から調査が始まります。結果として調査するための目的が果たせるまでの時間がかかり、調査料金も高くなります。

調査に協力しサポートすることで調査がスムーズにいくだけでなく、成果も望めるのが嬉しいポイント。ただし、無理のない範囲で行うことをおすすめします。興信所や探偵の中には「このようなやり方で手がかりが分かることがある」とアドバイスしてくれるところもあるので、もし事前情報が少なくて不安なら一度相談してみるのも良いかもしれません。

複数の興信所・探偵から1社を選ぶようにする

料金は興信所・探偵を選ぶ依頼人側で左右されるポイントもたくさんありますが、探偵側の調査スキルによっても左右されてしまいます。ほとんどの方は初めて依頼するために、「探偵とはこういうもの」と妥協して選んでしまうかもしれません。

興信所・探偵選びを失敗しないためには、まず複数の興信所・探偵で見積もりと相談を行うことです。料金体系はさまざまで、会社によってサービスの内容・どこまで調査をカバーしてくれるのか・アフターケアや対応の雰囲気なども異なります。自分にあった興信所・探偵はもちろん、信用できるところを選ぶのが最も大切です。

つい料金ばかりに目が行ってしまい、興信所・探偵のサイトだけを見て決める方も多いです。「提示料金が安いから」といって他社よりも安く済むという確証はなく、さらに提示料金の安さにはからくりがあるのかもしれません。複数社を一度相談し、その中で比較検討して選びましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn