証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

離婚したい…。どう動けばいい?パターン別に探偵・興信所ができること解説

将来を誓い合って結婚を決めたのに、その後ずっと添い遂げることはできない…と決める離婚。結婚・離婚はよく言われるように、結婚は簡単ですが離婚は難しいとされています。
双方の合意なくして離婚はできないため、離婚したいと思ったら相手にも事情を認めてもらわなくてはなりません。今回は離婚したいと悩む方に向けて、パターン別に探偵・興信所ができることを解説します。

不倫が原因で離婚したい場合

まずは不倫が原因で離婚したい場合です。相手の不倫がわかってはいるけれどはぐらかされたり隠されたりすると、離婚を求めても慰謝料請求できない・離婚に合意してくれないといった問題が生じます。

不倫の証拠を揃え、離婚を要求する

離婚を考えている場合は、不倫の証拠を揃えてまずは相手に不倫を認めさせましょう。大抵の場合、証拠もないうちから離婚を切り出すと「不倫はしていない。証拠もないから認められない」とはぐらかす結果となります。自分に非があると認識している方は、どうしても罪を認めたくないものです。
不倫の証拠があれば離婚の要求もスムーズです。離婚をすぐしたいのであれば証拠がなくても可能かもしれませんが、本来不倫は慰謝料請求ができるもの。離婚後の生活のためにも養育費の取り決めや慰謝料額を決めておきたいという方は、確実な証拠を揃えておくと良いでしょう。

【探偵や興信所ができること】不倫調査で証拠を揃える

探偵や興信所では、不倫調査によって証拠を揃えることができます。不倫調査は確実な証拠を入手できるほか、不倫相手の情報や不倫の状況も把握できるのが特徴。例えば慰謝料額は不倫期間や不貞行為の回数によって増減されますが、これも不倫調査でチェックできます。
個人で調べるよりも素早くスムーズなのもメリットで、相手に隠されている不倫や言い逃れされている場合は利用を検討しても良いかもしれません。

DVが原因で離婚したい場合

次にDVが原因で離婚したい場合です。DVの場合は相手からの復讐や報復を恐れて離婚がなかなか切り出せず、自分だけでなく子供や家族にも影響が及ぶものです。

DVの証拠を揃えて公的機関に相談する、離れた場所で離婚の準備を整える

DVを常習的に行う人は、「やめて」と制止する言葉でDVを簡単にはやめません。離婚する・しないの前に自分の命と家族の安全を第一に考え、場合によっては警察に相談するなど臨機応変に対応しましょう。公的な機関ではDVを受けている本人が通報できる窓口や、周りでDVを目撃した方からの報告を受ける窓口も設置されています。相手が逆上することも考えられるので、離婚を切り出す場合は第三者を交えて、離れた場所で整えるのがおすすめです。

【探偵や興信所ができること】DVの現場を押さえるサポートをする

探偵や興信所は家庭内に侵入して調査は行えません。しかし、何かを調べるエキスパートではあるため、DV被害を証明する現場を押さえるサポートは可能です。今DVを受けている方は、誰にも相談できず身体的にも精神的にもボロボロで、「何をしてよいのか分からない」状態かもしれません。そんな時に探偵や興信所では、DVの現場を押さえるサポートができたり張り込みや聞き込みによってDVの証拠を揃えたりすることも、場合によっては可能です。
各探偵でサポート内容は異なるため、最初に依頼ありきではなく相談から始めてみましょう。DVの相談窓口を良く知らない方も、探偵や興信所がアドバイスしてくれることもあります。基本的には自分で動くこととなりますが、調査の専門家がサポートしてくれると事態はスムーズに解決できるでしょう。DVで悩む方にとって、大きなメリットです。

モラハラが原因で離婚したい場合

最後はモラハラが原因で離婚したい場合です。身体的な暴力を伴うDVでは、体に傷跡や痣ができるなど証拠が比較的残りやすいもの。しかし、モラハラは証拠が残りにくく自分が受けたダメージがあるにもかかわらず「普通に生活が送れているから」と見逃されやすいものでもあります。
さらにモラハラは「する側」の自覚がないことも。自分自身も「私が変わればモラハラはなくなる」と洗脳されている場合が多いので、慎重に動く必要があります。

モラハラの記録・事実を認めさせて離婚を要求する

モラハラが原因で離婚したい場合、精神的な嫌がらせを行う配偶者は離婚要求をはねのけるかもしれません。もしくは離婚に応じたとしても「そっちが悪いのだから高額な慰謝料を請求する」「親権は絶対に渡さない。子供にも二度と会わせない」と無茶な条件を付けてくるかもしれません。
まずは、モラハラの事実を押さえて相手にモラハラがあったことを認めさせなければなりません。難しいことかもしれませんが、録音や写真、日記などで日々のモラハラを記録し、証拠にしましょう。また、DVと違って肉体的な傷等の被害は起こりにくいかもしれませんが、モラハラが続いたことにより精神的に損害が生じれば、モラハラがあったことの証明になります。周りに相談し、証言を得ても効果的です。自分だけで解決せず、周囲を巻き込み弁護士や警察にも相談するなど専門家の力を頼りましょう。

【探偵や興信所ができること】モラハラの証拠を調査で揃える、記録のサポートをする

探偵や興信所ができることのひとつに、モラハラ調査も含まれます。先ほどのDVと同じように、証拠を揃えたくても相手が怖くて行動に移せない、精神的に余裕がなくうまく証拠が集められない点も出てくるでしょう。探偵では、そんな場合に周囲への聞き込みや張り込みによってモラハラの証拠を集めることができます。
また、モラハラ問題を何度も解決した方はいません。みなさん初めての問題に直面し、どう対応して良いか分からない方がほとんどです。記録が大切なモラハラですが、その際に「何を記録しておくと効果的なのか」もアドバイスしてくれる探偵もいます。

まとめ

離婚したいと思う方、その原因は何でしょうか。まずは離婚したい理由を考え、その問題を解決していきましょう。探偵や興信所では、他者とのトラブルや不倫問題を解決するイメージが強いです。しかし、意外にも家庭内でしか知りえないトラブルにも利用できるケースもあるため、まずは相談から始めてみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn