証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気と不倫はどう違うの?その基準や不倫すると起こることを紹介

浮気と不倫。この二つの言葉はしばしば同じ意味合いで使われますが、みなさんはどう違うのかご存じですか?また、「浮気はしてはならない」とは言いますが「異性と二人きりで出かけたら浮気?」「手をつないだらNG?」とその基準も曖昧かもしれません。
今回は浮気と不倫はどう違うのか、その基準と不倫すると起こることをご紹介します。

浮気と不倫の違い

浮気と不倫、この二つは同じ意味で使われることも多いです。ですが、敢えて違いを挙げるとすると

  • 浮気……交際中のカップルに起こること、パートナー以外の異性と恋愛関係になること
  • 不倫……婚姻中の夫婦に起こること、パートナー以外の異性と性交渉に及ぶこと

このように分類できます。一つずつ詳しく見ていきましょう。

浮気とは?

浮気とは、カップルの間に起こるパートナー以外との恋愛関係を指します。交際は口約束であり、極端に言えば「誰かと付き合っていて、さらに他の方と恋愛をする」ことは法律で禁止されているわけではありません。浮気が発覚しても当人同士で話し合えばよいだけで、話し合いがまとまらなければ別れる選択もできます。
ただし、しばしば「夫婦の浮気」というように不倫のことを意味する場合があります。ポイントは「交際」しているのか「夫婦」なのかという点。結婚とは一種の契約であり「選んだ相手以外の異性と恋愛関係は結びません」と約束しているので、夫婦の浮気は大変な問題になるのです。

不倫とは?

では、不倫とは何を指すのでしょうか。これは浮気の場合は「交際相手」との不義理でしたが、不倫は夫婦間に起こる不貞行為です。また、浮気は基準が決まっていません。相手が少しでも「嫌だ!」と思えば浮気になります。
不倫の場合は定義があり「配偶者以外の異性との間に肉体関係を伴ったら」不倫です。では、キスしたり手をつないだり、二人きりで出かける分にはOKなのかというと、法律的には問題ないと言えるでしょう。
「でも結婚しているのに、他の子とキスするのはありえない」と思う方も多いでしょう。その通り、結婚している間は配偶者と助け合って互いを尊重し合い生活する必要があります。いくら性交渉がないからといって、「不倫ではないから」と開き直って浮気相手に夢中になっていると、これが離婚の原因になることもあります。

不倫するとどうなる?不倫の結末とは

先ほどの定義を当てはめてみると、カップルの浮気は法的な効力がありません。話し合いによって解決することがほとんどで、二人が今後を考えた時「一緒にいたくない」と思えば別れるだけです。
しかし、不倫の場合は異なります。不倫は「結婚」という一種の契約をした夫婦の間で起こるものなので、不貞行為をすると社会的に相手を陥れていることになります。慰謝料が発生したり、離婚要求できたりするので注意が必要です。

不倫慰謝料が発生する

不倫をすると、不倫された側は不倫相手と配偶者に対して慰謝料請求できます。ただし、不倫相手への慰謝料は相手の名前と住所が分かっていないと請求できません。
不倫の慰謝料は相場だと100~300万円。目安となるのは相場額ですが、場合によっては示談(話し合い)によって決まるためこれ以上の額になることもあります。中には1000万円を超える高額な請求が行われることもあり、軽い気持ちで始めた不倫が大きな借金となって返ってくる場合もあるのです。
また、不倫の状況や不倫の期間、不貞行為の回数によっても慰謝料は増減します。この辺りは詳しく不倫の状況を知っておかなくてはならないため、慰謝料請求をする際には探偵や興信所の不倫調査が利用されます。調査会社を介した調査だと、どんなに不倫を隠していても「いつどこで、どのくらいの時間、何をしたか」は筒抜けになる可能性が高いです。

離婚を要求されることも

不倫した側は「有責配偶者」となり、有責配偶者からの離婚要求は原則的に受け入れられません。例え「不倫相手と一緒になりたいから離婚して欲しい」と訴えても、相手に離婚の意思がなければ成立しないのです。反対に、「謝るから許して欲しい」と懇願しても離婚する意思が固ければ従わなければなりません。
このように離婚を要求されるケースも想定しておきましょう。不倫した方の中には「不倫がバレて不倫相手には逃げられた。最終的に配偶者にも離婚を言い渡され、一人になった」というケースもあります。離婚する場合には婚姻費用や財産を折半しますが、不倫があだとなって自分にとって悪い条件を飲まざるを得ない状況も考えられるでしょう。

周囲からの信用をなくし、孤立することも

不倫の事実が周囲に知らされることは、基本的にはありません。しかし、不倫に夢中になるあまり大胆な行動に出ていたり、友人に相談していたりするとそこから噂になることもあります。同じ職場の関係者と不倫していた場合には、家族にバレて慰謝料を請求され、さらに離婚したとなると周りが気付かない方が不自然です。
例え不倫であっても、他人が誹謗中傷して良い理由にはなりません。ですが、不倫を良く思わない人が大半なので周りからの信用をなくし、友人が減ったり親しくする人が減ったりと孤立するかもしれません。親族も同じです。不倫をして家庭を壊したと分かると、親から勘当されて居場所がなくなったという口コミも見つかりました。

まとめ

浮気と不倫の違い、また不倫するとどうなるのかをご紹介しました。二つの言葉は同じ意味でも使われることがあり、「カップルの不倫」とは言いませんが「夫婦の浮気」という使い方はされます。ポイントは浮気と不倫の違いは、慰謝料請求がされるかどうか、離婚に影響するかどうかです。不倫は結果として何も得るものはなく、失うばかりです。
もしパートナーの不倫に悩んだら、まずは証拠集めから始めましょう。正しい慰謝料額を算出でき、自分に有利に話し合いを進めることができます。一人では証拠を揃えられない方は、探偵や興信所の不倫調査を利用するのも一つの手段。不倫の問題は悩むだけで精神的な負担となるので、専門家の力も頼って早急に解決しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn