証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫相手に復讐したい!不倫の復讐劇体験談できること・できないことを解説

パートナーの不倫が分かると、パートナー自身を許せない気持ち、また不倫相手に復讐したい気持ちでいっぱいになるかもしれません。不倫相手に復讐したいという怒りは十分に理解できますが、果たして復讐は可能なのでしょうか。
今回は不倫相手に復讐したい方に向けて、実際に起きた不倫の復讐劇体験談を集めました。法的にできること、やってはいけないことも解説します。

不倫の復讐でできること

まずは不倫の復讐でできることをご紹介します。

慰謝料を請求する

不倫は離婚する理由である「離婚事由」に当てはまります。そのため、不倫で受けた精神的苦痛を償ってもらうために慰謝料請求できます。慰謝料の相場は100~300万円ですが、不倫相手と配偶者の合意が得られれば、相場額以上の支払いも可能。当事者同士で話し合い折り合いをつける必要がありますが、不倫相手の居所さえわかれば内容証明郵便で請求書を送付できるでしょう。
これまで不倫相手はあなたのことを欺き、配偶者は裏切ってきました。その二人が突然金銭的な負担を強いられるのは、考え得る復讐の中でも重要なものです。ただし、いくら憎いからといって法外な値段を要求するのはやめましょう。話し合いが長引けば、その分自分の心労も溜まります。

離婚せず配偶者を家庭に戻す

不倫相手の目的は略奪婚かもしれません。それなら復讐として、「絶対に離婚に同意しない」のもありです。配偶者の気持ちを家族に戻し、夫婦の関係を取り戻すと不倫相手には何も残りません。また、離婚しなくても慰謝料請求はできるため「離婚はしないけれど話し合いで不倫相手だけに慰謝料請求をする」のも可能ではあります。
後ほど紹介しますが、不倫の復讐を遂げた方の中には、離婚せず家庭内別居を選び、絶対に不倫相手を許さない方もいました。離婚するかどうかはもちろんあなたの気持ちで選択するべきですが、復讐心から離婚を選ばないのも手段の一つです。

不倫誓約書を交わす

不倫誓約書を交わし、不倫相手との接近禁止を約束することもできます。不倫誓約書はさまざまありますが、

  • 不倫を認めること
  • 慰謝料の金額、支払い方法、請求先
  • 不倫にまつわる約束

などを書き残します。もし不倫相手が落ち着いたら配偶者とやり直そうとしているのなら、その不倫を防ぐことができます。ただし、例えば配偶者と離婚したにもかかわらず「不倫相手と会わないようにする」といった約束はできかねるので可能な範囲で条件を作りましょう。

不倫の復讐でできないこと

反対に不倫の復讐でできないことを見ていきましょう。感情としては理解できますが、安易な行動はかえってあなたの立場を弱くします。本来要求できる権利を活かすために、できないことも知っておいてください。

不倫の事実を不倫相手の友人にバラす、職場に通告する

不倫相手が分かったら、「人の家庭を壊しておいて、何不自由なく生活するなんて許せない」と不倫の事実を吹聴してしまう方がいます。悪意を持って不倫の事実をバラすと、名誉棄損などで訴えられることもあるのです。
例えば不倫相手の職場関係者に不倫をしていることを話し、そのために転職せざるを得ない状況になったり、仕事を辞めて欲しいからといって「不倫の事実を話す」と不倫相手を恐喝したりするのはできません。場合によっては相手から訴えられることにもなる上、慰謝料請求の際に「不倫相手は十分社会的制裁を受けた」と減額されることもあるため注意しておきましょう。

不倫相手に直接嫌がらせをする

不倫相手に暴力をふるったり、怒鳴ったり恐喝したり、相手の自宅に嫌がらせをしたりするのは立派な犯罪です。例え不倫が許せなくても、やるべきではありません。そもそも不倫相手と直接話すには、冷静さと感情のコントロールが必要不可欠です。自身がない方は信用できる親族や両親、弁護士などを介して絶対に二人きりにならないようにするのがおすすめです。

不倫相手の家族に悪意をもって不倫をバラす

不倫相手の家族に、悪意を持って不倫をバラすのはあまりおすすめできない復讐です。そもそも慰謝料請求をした時点で知っている事実であり、その後さまざまな取り決めをしていく中でバレてしまうことではあります。にもかかわらず、わざわざ家族に話しに出向くのはトラブルの元になりがちです。
また、ネット上には「不倫相手の子供に不倫の事実を知らせたかった。我が子だけ不倫で傷つくのは許せない」と体験談も残っています。今一度考えたいのが、不倫は大人の問題であって子供は関係ありません。復讐をする手段はいくつもあります。正当な方法を選ぶようにしましょう。

実際に起きた不倫の復讐劇とは?

ここからは実際に起きた不倫復讐劇体験談をご紹介します。

家庭内別居状態で絶対に離婚しない

不倫に気付いたAさんはすぐに探偵の不倫調査を依頼。配偶者は不倫相手に相当入れ込んでおり、さらに不倫相手も楽しそうに振舞っている調査結果報告を受けました。そのため、Aさんは離婚を選ばず絶対に婚姻生活を続けると決意したそうです。
実際には家庭内別居状態ですが、不倫相手と配偶者には慰謝料を請求。これから貯金をためて、子供が成人してからは熟年離婚も視野に入れているといいます。

慰謝料請求して離婚。のちに再婚した

慰謝料請求をしてから、離婚したBさん。妻が不倫相手とホテルに入る瞬間を目撃したことで、不倫を知りました。夫婦には子供もいましたが、妻は何度も「やり直したい、ごめんなさい」と謝ったそうです。また、離婚には同意しましたが「子供には定期的に会って欲しい」と要望されていました。しかし、Bさんは「俺の子かどうかわからないからもう会いたくない。お前がやったのは、そういうことだ」と妻に復讐したそうです。今は慰謝料の返済のためにパートタイマーになり、日々働いてBさんにお金を返す日々を妻は送っています。

まとめ

不倫の正しい復讐方法をご紹介しました。中にはやってはならない復讐もあるため、慎重に行動することが求められます。その中でも慰謝料請求は復讐のために重要なポイント。きちんと請求できるように、探偵や興信所など不倫調査を利用して、不倫の状況を把握するのがおすすめです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn