証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不倫相手と別れたい…。不倫が引き起こすリスクと正しい別れ方を解説!

秘密の恋愛である不倫。誰しも不倫をする可能性はゼロではありませんが、一度ハマると抜け出せないのが不倫とも言われています。特に悩みの声を上げるのは、既婚者男性と交際している独身女性です。今回は不倫が引き起こすリスクとともに、不倫相手との正しい別れ方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

不倫が引き起こすリスクとは?

不倫相手との秘密の関係は、誰にも話せないスリリングさがあり、二人の関係が盛り上がるとも言われます。しかし、不倫は「楽しい」だけでは続けられないもの。不倫が起こすリスク、あなたへの危険をまずはチェックしていきましょう。

慰謝料請求される可能性がある

まずは慰謝料請求される可能性です。不倫は民法上の不法行為となり、不倫相手の家族から慰謝料請求されます。もし不倫をする方が独身だとすれば被害者は不倫相手の妻であり、妻は配偶者と不倫相手両方に慰謝料を支払ってもらえるのです。
慰謝料は簡単に支払えるものではありません。平均で100~300万円と言われており、ある日突然内容証明郵便で届きます。不倫相手との秘密の恋愛に燃え上がる前に、金銭的な損害が生じる点は必ず意識したいものです。

周囲にバレると孤立することも

慰謝料請求されても、周りや職場にバレるわけではありません。むしろ不倫を知った不倫相手の家族などが周囲に知らせるのは民法上の名誉棄損に該当する恐れがあります。しかし、周囲が完全に不倫を知らないとは限らないでしょう。
もしかすると不倫の事実は見てみぬふりをされているだけで、職場では噂になっているかもしれません。相談した友人の中にも、不倫を良く思わない方は多いでしょう。一つの家庭を壊した事実がわかれば、人間関係は崩れて孤立する可能性も十分あり得ます。

婚期を逃す、その後の恋愛に影響する

自分が独身であり相手が既婚者であれば、その不倫恋愛は成就する可能性は限りなく低いです。中には「略奪不倫」といって家族と離婚し、再婚相手と一緒になる方もいます。ですが、不倫相手に結婚の意思がなければ不倫の時間はまったくの無駄といっても過言ではありません。
その間に婚期を逃すかもしれません。不倫相手に夢中になるあまり、「この人しか一緒になれる人はいない」と思い込んで次の新しい恋愛がスタートできないなど、不倫は自分の恋愛観にも悪い影響を及ぼします。

家族がいれば離婚の可能性も

反対に独身の不倫相手がおり、あなたが家族を持つ既婚者だとしましょう。家族にバレると慰謝料を請求されるのはもちろん、どんなに謝っても離婚されるかもしれません。不倫した配偶者は「有責配偶者」となり、特別な事情がない限りこちらから「離婚したい」「離婚したくない」は決定できません。訴えても認められないことがほとんどです。
離婚しても良い覚悟がある方だけが不倫するのかもしれませんが、不倫相手にも結婚の意思はあるのでしょうか。また、多額の慰謝料という借金を背負ってでも一緒になりたい相手なのかどうか、離婚すると配偶者だけでなく親族関係も変わります。子供に会えなくなる可能性もゼロではありません。以上のリスクを背負ってでも不倫は魅力的とは、到底言えないでしょう。

不毛な不倫と別れを告げるには?

不倫が引き起こすリスクを見てみると、「不倫相手と一緒にいる意味はないのかもしれない」と思い返すかもしれませんね。では、不倫相手と別れるためにはどうすればいいのでしょうか。

別れの決意を固める

基本的なことですが、不倫相手と別れる意思は固まっていますか?不倫相手がまだ二人の関係に夢中なら、「別れよう」と言っても聞き入れてくれないことがほとんどです。優しくしたりプレゼントをしたり、あなたの喜ぶことを何度でも繰り返すでしょう。「妻とは別れる。離婚の話もしているんだ」とあなたにとって魅力的なことを話すかもしれません。
それでも、別れる意思があるのなら甘い言葉に誘われない強い心を持ちましょう。そもそも、不倫相手には配偶者がおり、「あなただけの恋人」ではありません。さらに言えば「家族を裏切った経験のある人」です。本当に相手の家族とは離婚し、あなたと一緒になったとしても不倫を繰り返さない確証はないのです。

連絡を絶つ

何度連絡があったとしても、必ずあなたからは連絡しないようにしましょう。ただし、これは「別れたい」という意思表示をしてからがおすすめです。なぜなら何も言わずに不倫相手に連絡しないと、相手は不安に思ってかえってしつこく連絡を求めるようになるからです。
「自分の意思は固いのだ」という誇示にもなります。また、連絡がきてもすぐに反応してはいけません。意外と連絡を絶つと、相手からのアクションが少なくなるかもしれません。不倫とは家族に言い訳をして嘘をつきながら続ける必要があるため、気付かないうちに当事者も不倫に疲れているパターンもあるからです。

新しく恋人を作る

もしあなたが既婚者であれば、家庭を優先して元の生活に戻りましょう。不倫相手には「やっぱり家族が一番だった」と伝えれば簡単に別れられます。この時あなたの意思で家庭に戻ったことを強調し、間違っても「家族にバレたかもしれないから、別れたい」とは言わないでおきましょう。嘘はすぐにバレてしまいますし、あなたに嫌われてはいないと相手が好意的に受け取るかもしれません。
あなたが独身であれば新しい恋愛を始めるのも一つの手段です。「好きな人ができた」「彼氏ができた」と伝えるだけでもOK。そのあと連絡を絶ち、別れたい意思を伝え続ければ不倫関係は解消できます。今一度、不倫のリスクを考えてみましょう。不倫では得られるものは何もなく、ただ失うだけです。その事実に気付けたなら、今一度関係性を見つめなおしても良いのかもしれません。

まとめ

不倫相手との別れは、一時的には辛く悲しいものかもしれません。確かに不倫相手との恋愛に夢中になったのは事実。ですが、本当に良い恋愛というのは周りに祝福され、自分にとってもポジティブな効果が発揮されるものです。今、不倫相手との関係に疑問を持てた方は、早急にリスクの高い不倫を清算しましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn