証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

不貞行為が許せない!慰謝料相場はどのくらい?高く・安くなる場合も解説

配偶者の浮気が分かると、慰謝料請求を考える方もいます。請求するかどうかを決める段階から気になるのが、「不貞行為の慰謝料ってどのくらいなの?」という値段ですよね。今回は不貞行為による慰謝料相場について、詳しく解説。またどんな状況なら慰謝料は高くなるのか、安くなるのかもあわせてチェックしていきましょう。

不貞行為の慰謝料相場とは?

早速、不貞行為によって引き起る慰謝料の相場を見ていきましょう。慰謝料は基本的に「夫婦が不倫によって離婚・別居した」場合は増え、「夫婦関係継続を望んだ」場合には減ります。

  • 離婚した場合……100~300万円
  • 離婚しなかった場合……~100万円

以上が相場だと言われています。(あくまで相場の一例です)
芸能人や有名人の不倫離婚問題で、億単位の慰謝料請求が行われることがありますよね。一概には言えませんが、収入が高いと慰謝料額も増え、子供の養育費なども加算した上で総額が億単位になると報じられることもある様ですが、一般的には慰謝料を判断するのには相場を基準に考えられる事が多い様なので、億単位の高額な慰謝料を請求できる事はまず難しいでしょう。
もちろん慰謝料額を夫婦間だけで話し合って決めることができず、裁判となって判断を下される場合の相場感と言う事になりますので、示談など当事者の話し合いで決めるのなら相場額よりも高くなったり、反対に慰謝料請求は行わず解決されたりする場合もあるので注意しておきましょう。

不貞行為の慰謝料が増減する状況とは?

不貞行為の慰謝料相場額をご紹介しましたが、100~300万円は相当差があると思います。なぜ数百万円の差が出るのか、ここからは不貞行為の慰謝料が増減する状況について解説していきましょう。話し合いによって自分たちで慰謝料額を決める場合も、参考にしてください。

夫婦の婚姻期間

まずは夫婦の婚姻期間です。夫婦の婚姻期間が長いほど不倫後に再スタートを切るのが難しい、夫婦の間に強い繋がりがあり裏切り行為は重たいと考えられ、慰謝料は増額される可能性が上がります。

浮気発覚以前の夫婦関係、夫婦生活の状況

浮気以前に夫婦関係がすでに破綻していたり、極端な話ですが離婚の話が出ていたりする場合、慰謝料は当然少なくなります。離婚前提の別居中である場合は、離婚の原因が不倫ではないため慰謝料請求できない場合もあるでしょう。

浮気に関与する自分の落ち度

例えば浮気以前に自分が配偶者に暴力やモラルハラスメントをしており、それを苦に相手が浮気をした場合は自分自身に落ち度が高く、慰謝料額が減る点に注意しておきましょう。過去に自分も浮気をしており、その証拠が残っている場合も慰謝料は減額される可能性があります。

浮気相手の認識

浮気相手が「浮気・不倫をしている」認識がなければ、浮気相手自身に慰謝料請求できないこともあります。例えば既婚者であることを隠され、浮気相手にとっては「独身者と交際している」のであれば浮気している認識はないからです。
反対に既婚者であることを知っており、自分から不倫を進んで行っている場合は「悪質」と判断されて慰謝料額は増えると予想できます。

浮気の期間や不貞行為の回数など

浮気の期間が長ければ長いほど、また短期間でも不貞行為(性行為)が頻回だと慰謝料が増額されたと言う事例もある様です。長期間にわたる浮気であればその分相手を裏切り続けていたため、悪質だと判断されやすいでしょう。

相手が否認を続ける状況

明らかに浮気している状況であるにもかかわらず、ずっと浮気を否定すると慰謝料額は上がるとも言われています。浮気された側はこの場合被害者になりますが、その心情を長期間にわたって踏みにじる行為だからと考えられます。

約束や誓約書に違反する浮気

一度浮気をしており、その時に浮気誓約書を作成し「二度としない」と約束したにもかかわらず浮気が発覚した場合です。作成した誓約書の通りにペナルティを支払う必要があり、そこに相場額以上の慰謝料が取り決めてあって、双方の合意があれば当然慰謝料額は相場よりも高くなります。また、誓約書の有無にかかわらず二度目の浮気は「悪質」と判断されやすいようです。

不倫によって妊娠したかどうか

不倫相手との間に子供ができると、多大なショックを配偶者は受けます。慰謝料は不倫に対する精神的苦痛を償うものなので、より悪質で精神的苦痛を伴うものとして妊娠は増額要素となる事でしょう。

夫婦間の子供の有無

夫婦の間に子供がいれば、慰謝料額は増えると考えられます。不倫によって離婚する場合は、婚姻関係破綻の影響が子供にも及び、その影響は大きいと考えられるからです。養育の負担なども考えると精神的苦痛も大きく、ほとんどの場合で増額となると考えられます。
また、子供が未成年だと慰謝料額は増える可能性もあります。年齢も関係してくる場合もあるため留意しておきましょう。

浮気による精神的苦痛

浮気を気に病んでうつ病を発症したなど、大きな精神的損害が起これば増額になる可能性があります。この場合は病気の診断書など裏付ける証拠が必要です。

浮気相手の状況

浮気相手が誠意をもって謝罪していたり、反省していたりすれば減額されることもあります。また、浮気によって職場を離れなければならない状況であったり、浮気相手の家族によってインターネットで噂を吹聴されたり、誹謗中傷に合ったなど社会的制裁を十分に受けていると判断された場合は減額の他に慰謝料請求できないことも考えられます。

まとめ

不貞行為による慰謝料の相場額、慰謝料が増減される状況についてご紹介しました。あくまで一例であり、話し合いや不倫の状況によってはさまざまな結果が考えられます。相場額を見ると分かるように、当事者にとっては「数百万円程度では心の整理はつかない」でしょう。正しく慰謝料請求をするためには、まず不倫の状況を把握して相手に不倫を認めてもらわなくてはなりません。
自分だけで不倫問題が解決できない時は、不倫・浮気をプロに調査してもらうのも一つの手段です。探偵や興信所の不倫調査では、不倫の証拠だけでなく不倫相手の情報も分かるので、離婚したい・慰謝料請求をしたい方はうまく利用してみてください。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn