証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

どこからが不倫?「不貞行為」の定義とは詳しく解説!

配偶者の不倫や浮気。不倫は民法上の不法行為となり、発覚すると不倫相手や不倫した配偶者に慰謝料請求・離婚を要求できます。有名人のニュースでも「不倫」の言葉はよく聞かれますが、そもそもどこからが不倫なのかご存じですか?
今回は不倫とはどこからなのか、不貞行為の定義を詳しく解説します。また、相手の不倫が分かった時に揃えたい証拠もまとめたので、今不倫で悩んでいる方は参考にしてください。

不倫・不貞行為とは?

基本的なことですが、不倫や不貞行為とは「婚姻関係にある夫と妻どちらかが、夫・妻以外の異性と関係を持つこと」を指します。婚姻関係にないカップルの間では「浮気」と呼ばれることが多く、浮気は双方の話し合いで解決可能です。
しかし、結婚している場合は不倫・不貞行為と呼ばれ、一度でも発覚すると婚姻生活や夫婦の子供に影響が及びます。慰謝料を請求したり、場合によっては離婚を検討したりと金銭的な問題にも発展するため、不倫・不貞行為はやってはならないと決まっているのです。

不貞行為の定義とは?

では、不倫・不貞行為の定義とはどのようなものなのでしょうか。これは簡単で、「不倫する二人の双方が合意のもと、肉体関係を結ぶ」と不貞行為と呼ばれます。ポイントは「合意があったかどうか」また「肉体関係があったかどうか」です。例を挙げて不貞行為の基準を考えてみましょう。

相手が既婚者であることを知らずに不貞行為に及んだ

まずは、相手が既婚者であることを知らなかった場合です。例えば不倫相手が独身女性で、夫が不倫をしたとしましょう。夫側は既婚者であることを隠し、独身女性は「交際相手」として肉体関係を結んだとしても、これは慰謝料請求できません。なぜなら、不倫相手は不倫をしたと自覚がないからです。
しかし、不貞行為の事実が認められれば夫には妻から慰謝料請求できます。不倫相手には過失がないため慰謝料請求は対象外です。また、同じ会社に勤めていて知る由は十分にあった、話に出ないだけで結婚指輪をしていた、結婚式に参列していたなど明らかに不倫相手が既婚者だと「知っているだろう状況」であれば慰謝料は請求可能となる場合があります。

まるで夫婦のようにデートしていた、手をつなぎキスをしていた

こちらも不貞行為の定義からみると、厳密には不倫ではありません。夫婦のように不倫相手と親しくしていても、二人で食事に行きキスをしたとしても、「普通の男女以上の関係がありそう」と予測できるだけで不貞行為そのものは確認されないからです。

既婚者だと知ってはいたが、無理やり関係を迫られた

既婚者であることを知ってはいるものの、無理やり関係を迫られ不貞行為に及んだり強姦されたりした場合は不倫ではありません。先ほど説明したように「双方の合意」がないため不倫の慰謝料請求はできないです。

相手が既婚者だと知っているが、恋愛感情のもと不貞行為に及んだ

上記はすべて不倫とは言い難い状況ですが、この例は当然不倫です。相手が既婚者だと知っていた=不倫を自分の意思で行っており、また肉体関係もあるのなら不倫だと言い逃れはできません。

不貞行為を明らかにするための証拠とは?

不貞行為の定義について理解できたら、次は「じゃあどうやって証明するの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。不倫相手と配偶者が性行為をしているその場に居合わせたり、映像や写真に残したりしないと証拠にはならないのでは?と考えると、そのハードルは相当高く思えます。
ここからは不貞行為を明らかにするための証拠について、チェックしていきましょう。

ラブホテルなど宿泊施設に出入りしている写真

性行為中の写真や映像は、どうやっても入手しにくいものです。その場に居合わせるのはまず不可能で、盗撮や盗聴で証拠を掴むにしても法律に触れる可能性が高いでしょう。そのため、ラブホテルや宿泊施設に二人で出入りしている写真があれば、一般的には「不貞行為がある」とみなされます。
「ホテルに宿泊したけれど、不貞行為には及ばなかった」と言い訳もできるかもしれません。しかしラブホテルは性行為を目的とした宿泊施設であり、その他も不倫相手の家や自宅に二人きりで何度も居合わせるのは不貞行為を強く匂わせるものです。

不貞行為を匂わせるLINEやメールでのやりとり

LINEやメールで連絡を取るだけなら、不貞行為とは認められません。しかしその内容が

  • 明らかに不貞行為を思わせるもの
  • 次の約束を取り付けているなど継続的な関係が疑われるもの

であれば不倫の証拠になる可能性も高いです。中には性行為中に写真や動画を撮り、それを送り合うこともあるかもしれません。この場合は明らかな不貞行為なので、証拠として扱えるでしょう。(但し、入手するのに違法行為を行ってはいけませんので注意が必要です!)

不倫を告白する音声データ

配偶者や不倫相手が不倫を自白した場合、これを録音すれば不倫を認めさせる証拠になる場合があります。もし自白を録音できる段階であるのなら、相手が不倫を認める気持ちが高まっている状況が想像できますよね。音声データに残すのも大切ですが、書面に書き起こして不倫誓約書などを作成してもらうのも一つの手段です。

探偵や興信所の不倫調査報告書

最後は探偵や興信所の不倫調査報告書です。ラブホテルに出入りする写真やLINE・メールでのやりとりなど、ご紹介できる不貞行為を明らかにする証拠はすべて入手が難しいのがネックポイントです。自分だけでも調査は不可能ではありません。しかし、日常生活を維持しながら相手にバレず振る舞い、確実な証拠を手に入れるのは非常に難しいものです。
そこで、探偵や興信所では個人に代わって調査を行います。不倫相手と配偶者がいつデートするのかを行動調査でチェックし、ラブホテルなど不貞行為を思わせる施設に入ったならその場面を写真や動画で残します。
調査には料金がかかりますが、合法であり自分にとってリスクが少なく済みます。個人で行うより時間がかからないため、悩んでいる方は不倫調査の利用も検討してみましょう。不倫調査報告書は示談だけでなく、裁判や調停でも証拠として提出できるので不倫を理由に慰謝料請求を考えている方や離婚を考えている方にもおすすめです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn