証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

ダブル不倫の時慰謝料はどうなるの?慰謝料請求のポイントとは

配偶者に不倫をされると、相手に慰謝料請求ができます。離婚を要求する方もいますが、不倫が原因で離婚する場合は「不倫した側」には離婚を拒否したり、反対に離婚したいと要求したりするのは原則的に難しいこととなっています。
しかし、不倫をした男女どちらにも家庭があり「ダブル不倫」だった場合はどうなるのでしょうか。今回はダブル不倫の場合の慰謝料について、詳しく解説します。

不倫されると相手に慰謝料を請求できる

前提として、不倫が発覚すると不倫をした側に不倫をされた配偶者は慰謝料請求できます。慰謝料請求できるのは、

  • 不倫した配偶者
  • 不倫相手

の二人です。ただ不倫相手が誰か分からない場合や話し合いによって配偶者のみ、不倫相手のみに請求することになれば、どちらか一方が支払います。また、よく誤認されがちですが「二人に慰謝料請求」したいからといって、どちらにもきっちり200万円ずつ請求するのは不可能な場合もあるようです。不倫の慰謝料は不倫相手と不倫した配偶者二人の共同責任であるため、この場合は400万円の慰謝料を請求し、不倫相手・配偶者の双方で合わせて400万円を支払うのが一般的とされています。場合によって不倫相手は1円も払わないこともありますし、反対に配偶者は支払わずすべて不倫相手が負担することもあります。

W不倫の場合慰謝料はどうなる?

では、ダブル不倫の場合はどうなるのでしょうか。先ほど、慰謝料は不倫相手と不倫した配偶者に請求できることを説明しました。実は、ダブル不倫の場合は慰謝料請求は慎重に行う必要があります。詳しく解説していきましょう。

W不倫とは

そもそもダブル不倫とは、「既婚者同士の不倫」を指します。ダブル不倫という言葉自体は一般的な言い方であり、専門用語ではありません。ダブル不倫だと「結婚して夫のいる妻」と「結婚して妻のいる夫」同士の不貞行為なので、慰謝料請求をすると「どちらにも支払う義務があり、また請求できる」こととなります。少し複雑なので、掘り下げて考えてみましょう。

W不倫時慰謝料請求の関係性

ダブル不倫の場合、「慰謝料請求を行ったが、相手からも請求が起き結局金銭の交換になった」という事態に陥りやすいようです。すべての場合で金額が同等になるわけではないため、こちらの請求する慰謝料額が相手よりも上回っていた場合請求するメリットはあります。ただ、慰謝料の決め方はさまざまでほとんどの場合で示談によって金額を決めますが、意見が合わないと調停や裁判で第三者に決めてもらう場合もあります。
「裁判を起こしてまで慰謝料額を算出したが、結局慰謝料の交換になりプラスにもマイナスにもならない」場合だと、訴訟費用や弁護士費用など諸費用だけがかさみ、そもそも無意味だから慰謝料請求しない方もいるでしょう。よって、ダブル不倫の場合は慰謝料請求は慎重に行わなければなりません。
しかし、例外もあります。もしダブル不倫状態だとしても、不倫相手の家族が不倫に気付いていない場合、自身のパートナーに慰謝料請求が発生しないこともあります。ダブル不倫だと慰謝料請求できる「被害者」が二人いるのですが、どちらかが家族に話さず対応すると被害者は一人です。この場合は慰謝料が相殺される可能性は低いでしょう。

不倫の慰謝料はどうやったら高くなる?

ダブル不倫だとしても「どう考えてもこちらの方が不倫による影響を受けている。慰謝料額は高いはずだ」と悩む方は多いはずです。そこで、不倫の慰謝料はどうやったら高くなるのか条件を確認しておきましょう。さまざまな要素によって慰謝料額は変わってくるため、一例をご紹介します。

不倫の期間・回数

まずは不倫の期間・回数です。当然ですが不倫していた期間は長ければ長いほど慰謝料額は増え、短期間でも頻繁に不貞行為を行っていれば慰謝料が増額される場合もあります。

婚姻期間が長い

夫婦の婚姻期間も慰謝料額に影響します。結婚直後の不倫は配偶者に対して精神的苦痛も少ないとみなされますが、30年以上の婚姻期間だと慰謝料額も増えます。

夫婦に未成年の子供がいる

夫婦に子供がいる場合、いない場合と比べると慰謝料額は増えます。また子供が未成年だと慰謝料は増える傾向にあり、ダブル不倫の場合だと双方の子供の年齢も慰謝料額に影響すると考えておきましょう。

不倫によって相手が妊娠・出産している

不倫の結果、不倫相手との間に子供ができ妊娠した、出産したという事実がわかれば慰謝料額は増えます。ただ、この場合は双方の不倫された配偶者の精神的苦痛が強いと考えられるため、「どちらの慰謝料額も増える」ことは頭に入れておきましょう。

慰謝料請求を正しく行うには

以上の慰謝料額が高くなる条件を見ると分かるように、不倫による慰謝料請求を正しく行うにはポイントがあります。ダブル不倫だとしても大切なことなので、ここからは不倫の慰謝料をきちんと請求するためにやっておきたいことをご紹介します。

不倫の状況をしっかりつかむ

不倫の事実や不倫相手、不倫はどのような状況で行われたかなど、不倫の状況はしっかりつかんでおく必要があります。不倫相手と不倫をした配偶者は、当然家族には不倫の事実を隠します。「スマホのLINEを見た」「知人から聞いた」といったあやふやな状況ではなく、二人が確実に不貞行為をし、その行為はどのような頻度で、どのくらいの期間続いていたのかを調べておきましょう。

探偵や興信所に不倫調査を依頼する

不倫の状況をしっかりつかまないといけない、と分かってはいても個人の調査では限界がありますよね。そもそも、不倫自体見抜けない・不倫しているか聞いたがはぐらかされたという方も多いでしょう。
慰謝料請求を考えていたり、ダブル不倫で慰謝料請求がややこしい状況であったりしたら、まず探偵や興信所の不倫調査を利用しましょう。事実が明らかになるだけでなく、不倫を証明したい場面で、探偵や興信所の調査結果は有効に使えます。自分で調べるよりも効率よく証拠を揃えられるので、まずは相談から始めてみるのもひとつの手段です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn