証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

これならアリ!?プラトニックな恋愛で「不倫」とはあり得るのか

いつの時代もなくならない不倫。夫婦の間の永遠のテーマともいえる問題ですが、不倫は明確に言うと「肉体関係」が生じれば不貞行為・不倫になります。では、プラトニックな関係で純粋な恋愛を続けていれば不倫にはならないのでしょうか?
今回はプラトニックな恋愛とは何か、男女別に性交渉の伴わない関係は可能なのかどうか、解説していきます。

まずはプラトニックな恋愛とは何か解説

プラトニックとは難しい言葉ですが、直訳すると「純粋な愛」を指します。一般的には肉体関係を持たず、精神的なつながりを重視し互いに愛情を抱く関係を言います。端的に言うと「好き合った男女だがセックスはしない」関係ですが、これは果たして不倫・浮気になるのでしょうか?

法的見解では不貞行為にならない?!

プラトニックな恋愛で、スキンシップも限られ、性交渉に及ばない場合、いくら仲良くしていても不貞行為とは言われない場合があります。写真や映像で証拠があったとしても、「普通の男女以上の仲である」のは明白と思われても、性交渉を伴わない場合、不貞行為とは言い切れないのです。
「なら、プラトニックな関係なら不倫したい放題ではないか?」と思うかもしれませんが、これは少し違います。ラブホテルや宿泊施設など、「明らかに性交渉があったと推測できる行動」をとれば不貞行為とみなされます。もしプラトニックな恋愛だと言い張っても、二人でホテルに行き宿泊すれば限りなく不貞行為です。また、性交渉の範囲も「疑似的な性交渉を含む」ため、過度なスキンシップが確認されれば例えプラトニックと言っても不貞行為になる可能性は高いでしょう。

離婚事由にはならない?

では、プラトニックな恋愛では離婚事由にならないのでしょうか。これは状況次第と言えますが、例えば夫が妻以外の異性とプラトニックな恋愛関係にあり、再三妻が「やめて欲しい」と訴えているにもかかわらず交際を続けたとしましょう。妻にとっては精神的な苦痛を伴い、また何度も訴えているのに聞き入れてくれない実績もあり、「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」となることもあるのです。
自分自身で考えてみるとよく分かるのですが、配偶者が自分以外の異性と仲睦まじくしており、キスや手をつなぐこともあって、良い気分になるでしょうか。結婚している限り、夫婦は相互扶助をし、円満な家庭を築くのが通常です。相手の嫌がることを長年にわたってやめなければ当然離婚の原因になることもあります。

【男女別に】プラトニックな恋愛はあり?

厳密に言うとプラトニックな恋愛は不貞行為とは扱われません。ならば不倫でも恋愛を成就できる方法となるのでしょうか?次は男女別にプラトニックな恋愛は可能かどうかチェックしていきましょう。

男性は半数以上が「ありえない」と回答

2015年大手メディアのアンケートによると、男性に「プラトニックな恋愛はあり?なし?」と聞いたところ全体の55%がありえないと回答しました。
これは男女の関係が交際の意思確認から始まるものだけでなく、体の関係から始まるものもあること、相手への好意は体の相性も含めて考えている方もいることから、この結果になったようです。
もし二人の考えが大人ならばプラトニックな恋愛もあるかもしれませんが、その場合は「第一に家庭ありき」と考える不倫であるはず。「相手を大切にしているからこそ体のつながりを持たないのに、結局一番は家庭なの?」と考えるとやや矛盾が出ます。その結果がアンケートにも反映されているのかもしれません。

女性は半数以上が「ありえる」と回答

一方で女性は男性と比べて、半数以上の61%が「プラトニックな恋愛はありえる」と答えています。少し驚きの結果かもしれません。女性は恋愛に「精神的な安定」を求めます。もしかすると体の関係は夫とだけ、心の繋がりは憧れの異性に、と割り切れる方は多いのかもしれません。
また、愛情を確かめる方法は性交渉だけでないと言い切る方も多くいました。家庭に入ると職場をかえたり育児をしたりで孤独を感じやすい女性。もしかすると、心の繋がりだけでも十分満たされるのかもしれませんね。
ただ、女性にとっても性交渉を恋愛の重要なポイントとして見る意見もあります。好きになったら最終的に関係を持ってしまう、性交渉がないと愛されている自覚がないといった意見は、男性と女性共通するもののようです。

プラトニックな恋愛でも。パートナーの不倫はどう見破る?

例えプラトニックな恋愛だとしても、好き合った男女は結果的に性交渉に至る可能性は十分に高いと言えます。その時に相手の不倫をどう見破るのか、家庭でできるチェック方法を見ていきましょう。

スマホを肌身離さず持っていないか?

まずはスマホの扱い方です。不倫相手からの連絡を待つために、不倫する方は肌身離さずスマホを携帯します。家族に見られたくないためにロックを設置するかもしれませんし、トイレや浴室まで持ち込む姿も珍しくありません。
「最近スマホばっかりいじっているな」と変化があれば、それはいつからの出来事なのかメモしておきましょう。この段階では不倫を問いただすことなく、冷静に立ち回るのがポイントです。

最近家を留守にしがちではないか?

仕事や残業などで家を留守にすることはないでしょうか。飲み会や友人との会合で休日にいないのも、少し怪しいと言えます。不倫相手と会うためには家族に言い訳をし、時間を作る必要があるでしょう。不倫関係が盛り上がってくると大胆に家を空けることがあるため、注意が必要です。

格好や態度に変化があった

次に格好や態度に変化があった場合。若い不倫相手と付き合っていると、服装や格好は若ぶりになります。女性だと下着を新調したりメイクに凝り始めたり、男性も新しい服を購入することもあるかもしれません。
こうした態度の変化は目ざとく見つけておきましょう。最終的に「絶対に怪しい」と思ったら、不倫が発覚したらどう行動したいのかを考え、探偵や興信所など調査機関に依頼する事をおすすめします。ここではあくまで不倫を見破る一例を挙げました。決して「無理やりスマホロックを解除する」といった危険な手段は選ばず、自分でできる範囲で不倫の証拠を集めてみましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn