証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

夫・妻は大丈夫?不倫にはまる人の特徴4つと対策法

パートナーが不倫をしている、もしくは不倫しそうな気がする…。そんな悩みを抱える人は少なくありません。夫婦間の不倫問題はいつの時代でもなくならず、一度発覚すると家族の今後に大きく影響します。
ただ、不倫をする人には男女共通して特徴があるのをご存じですか?不倫にはまる人の特徴を今回は詳しく解説し、その特徴から読み解く不倫の防止策をご紹介します。
不倫に悩んでいる方、また将来パートナーの不倫が心配という方はぜひチェックしてください。

不倫にはまる人の特徴4つ

早速、不倫にはまる人・はまりやすい人の特徴を見ていきましょう。細かくたくさんありますが、今回は大きく4つに分けています。

不倫にはまる人の特徴①刺激的な恋愛が好き

夫婦間の不倫は当然やってはいけないことです。発覚すると離婚を要求される可能性もあり、慰謝料請求の対象になります。不倫相手にも家族がいればなおさら問題は大きくなりますが、この「いけない恋愛」を刺激と捉える方もいます。
周囲には話せない内緒の関係、不倫という罪悪感で恋愛感情が盛り上がることも。刺激的な恋愛が好きで、好んでリスクを負いたがる方もいることを頭に入れておきましょう。

不倫にはまる人の特徴②寂しがりや、孤独感が強く依存体質

夫婦の仲があまりよくなく、会話も少ない場合は不倫に陥りやすいです。もともとの性格が寂しがりやで恋愛体質だと、より生活のすれ違いによって不倫相手に夢中になることも。
結婚前に相手は少しのことで嫉妬したり束縛したりしなかったでしょうか。孤独感が人より強く、恋愛に依存するタイプは不倫にもはまりやすいです。

不倫にはまる人の特徴③人のものが魅力的に見える

男女ともによく見られる恋愛の性質ですが、「人の交際相手が魅力的に見える」「略奪愛が好き」という方もいます。この場合は不倫相手も既婚者であることが多いですが、既婚者とはその時点で誰かに選ばれ結婚している人です。「誰かが好んだ人」というのは相応に魅力があるので、人のものを奪いたくなる心理が働いています。
また、誰かのものである既婚者を自分が奪い、不倫関係を成立させることに喜びを覚えている方も。一人だけでは満足できず、たくさんの異性と繋がりたい欲がある方は不倫にもはまりやすいでしょう。

不倫にはまる人の特徴④性欲が強い

結婚して子供ができると、妊娠中や出産直後は性交渉できません。性欲がもともと強い方だと、この性交渉ができない時期に他の異性に気持ちが移ることもあります。また、国内の夫婦約半数がセックスレスという調査結果も残っていますが、セックスレスの夫婦はその分不倫する確率は高くなります。
夫婦の営みは考え方がさまざまですが、決して話題にのぼることをタブー視せず、夫婦にとってより良い関係を築いていきたいものです。

不倫にはまる人の特徴から見る対策法

ここまで不倫にはまる人の特徴を4つお伝えしましたが、この特徴から対策法を読み解いてみましょう。相手の不倫をやめさせて、不倫を予防することも可能です。

「毎日同じ繰り返し」を避ける

不倫に走るのは「夫・妻以外の異性との新しい恋愛を楽しみたい」という新鮮味に対する欲望の結果です。夫婦は長く一緒にいると「出かける先もいつもと一緒」「同じ会話の繰り返し」とマンネリが起こります。
毎日同じ繰り返しを避けて、たまには相手も自分も雰囲気の違う洋服を買ってみる、一度も訪れたことのないレストランで食事する、夫婦で旅行するといったイレギュラーなイベントを用意すると楽しくなるかもしれません。刺激的な恋愛が好きなタイプはサプライズも好む傾向にあるので、記念日などに驚かせる出来事を用意するのもおすすめです。

こまめに連絡を取る、夫婦共有のアプリを使う

寂しがりで依存体質な性格の方には、連絡を絶ってひとりに慣れてもらうのではなく、敢えて連絡をまめに取ってコミュニケーションを増やしましょう。夫婦で長く暮らしていると、交際中には頻繁にメッセージのやり取りをしていたのに、今では「最後にメールしたのが数か月前」ということも珍しくありません。
毎日メッセージをやり取りするのが望ましいですが、それだと仕事中は難しい、話題がなくなるということも。夫婦共用の日記アプリなどを使って、今日あったことをシェアするのがおすすめです。
寂しがりの方は何か新しく更新されるものをチェックする傾向にあります。ツイッターやインスタグラムなどSNSでも構いません。夫婦で情報を交換し合うことで、直接話さなくてもコミュニケーションを増やすことができます。

他の異性からのアプローチを隠さず話す

人のものが羨ましく見えるタイプには、「自分も他者からアプローチされることもある」と素直に伝えると効果的です。異性の社員からお土産をもらったら、隠すことなくもらったと話しましょう。バレンタインのプレゼントでも構いません。
「自分はモテるアピール」をするわけではありませんが「自分でも他者にとっては魅力的な存在」だと相手に分かってもらうのです。他人のものが魅力的に見えるという方の心理は、「自分も魅力的な“他人のもの”を手に入れている」ことに気付いていません。さりげなくアプローチしてみてください。

夫婦のスキンシップを増やす

セックスレスをすぐ解消するのはとても難しいですが、それ以前に夫婦の会話やスキンシップ自体が不足していることが多いです。不倫が発覚しやすい夫婦とは、仲が悪く互いに興味を持っておらず、関係構築を諦めていることがほとんど。その関係を直したいのなら、夫婦のスキンシップを少しずつ増やしましょう。
初めは二人でいる時間を長くするだけで構いません。会話を少しずつで良いので増やし、二人きりで出かけましょう。子供がいて時間が取れなければ、外部委託で預けても構いません。

まとめ

不倫にはまる人の特徴、さらに不倫を防ぐ方法をご紹介しました。不倫は発覚すると慰謝料請求や離婚を要求する理由になります。隠されているうちはどうしても問題解決ができないので、一人では無理だと感じたら、探偵や興信所の不倫調査を利用してみましょう。周りの方や専門家の意見を参考に行動することをおすすめします。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn