証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

男性の不倫は当たり前?なぜ男性は不倫する方が多いのか理由4つ

夫婦どちらにも可能性がある不倫。ただ、離婚した夫婦の理由や各社が行うアンケートなど、さまざまな統計データから見ると男性の不倫の方が多いという結果が残っています。また、男性の不倫が話題にのぼると「男性の不倫は当たり前」という声も。なぜ、男性は不倫をする方が多いのでしょうか。
今回は夫の不倫に悩む妻に向けて、男性の不倫が多い理由と男性の不倫の見抜き方をご紹介します。

なぜ男性の不倫は当たり前?男性が不倫する理由とは

なぜ男性の不倫は当たり前と言われるほど、男性には不倫のイメージが強いのでしょうか。確かに芸能人のニュースを見てみても、女性が不倫をする報道よりも男性が不倫でトラブルになるケースが目立ちます。
実際には男女それぞれ不倫する要因はあり、人によることは確かです。ただ、男性の不倫が多い理由を考えるために、男性が不倫する理由を今一度考えてみましょう。

会社に勤めている夫がほとんど。出会いが多い

夫と妻の暮らし方を見てみると、会社に勤めている夫がほとんどです。会社の規模や男女比にもよりますが、自宅にいるよりも勤めている方が出会いの場は多いはず。社内で不倫相手と巡り会うこともあれば、会社の関係者や通勤途中での出会いも可能性はあります。
一方で妻側は、専業主婦だと1日のうち顔を合わせる人も限られており、不倫する機会そのものがない点も違いです。

生活スタイルが安定している

結婚すると仕事を変えたり仕事をやめたりする女性は多いですが、男性が職を離れることはあまりありません。また、出産を機に育休を取る方も仕事を一度離れる方も少ないですし、夫側は生活スタイルが安定しています。
女性は生活スタイルが結婚後目まぐるしく変わることが多いですが、子供が生まれても変わらず会社と家の往復をしている男性にとっては、不倫をする余裕もあることでしょう。一概には言えませんが、生活スタイルが安定しているからこそ不倫に走る人もいます。

妻が妊娠・出産直後は性交渉できない

夫婦の間に子供ができると、妻の妊娠中と出産直後は性交渉ができません。また、出産によって性欲減退が起こることもあるため、この時期をきっかけにセックスレスになることも多いようです。
一方的な見方ではありますが、夫は子供ができても体に何の変化もなく、性欲も変わりません。にもかかわらず性交渉ができない時期があり、その後も性交渉をパートナーに断られることが多くなると、妻以外の異性に魅力を感じてしまうのも頷けるでしょう。

気持ちがなくても性交渉できる

男性と女性では、性交渉に対する考え方が異なります。女性は性交渉によってより深い結びつきを求めており、相手が好きかどうかは重要なポイントです。しかし、男性は割り切った関係でも「セックスさえできればよい」と考えることも多く、不倫に対して軽い気持ちを抱く方は多いのです。
ちょっと遊びのつもりで、と不倫に手を出してしまうことが目立つため、男性の不倫は当たり前と言われるのかもしれません。生物学的に男性は「複数の女性と性交渉し遺伝子を残そうとする」とも言われていますが、これは根拠がないことと証明されています。

男性の不倫を見抜く方法とは

男性の不倫する理由から、不倫を見抜く方法を考えてみましょう。夫の不倫を怪しんでいる方は当てはまることがないか、チェックしてみてください。

単純に家を留守にする機会がないかをチェックする

不倫していると会社と家以外に生活の中で不倫相手と会う時間を設けなくてはいけません。イレギュラーな用事が少ない男性だからこそ、何か理由をつけて留守にする必要があります。
不倫に夢中になっている間は、外出の機会も多く、さらに時間を追うごとに不倫の回数は増える傾向です。「最初のうちは残業だと思っていたけれど、さすがに怪しい…」と思うようになったら要注意です。

プレゼントなどご機嫌取りが増えていないか

不倫に対して軽い気持ちを抱いていたり、「性欲の解消」と理由が分かっていたりする場合は、不倫の罪悪感を覚える方は多いです。自分の身勝手で家族を不幸にしていて、それを言い出せない状況に自覚があるパターンです。
不倫する男性はその罪悪感を埋めるために、何もない日に花や菓子などのプレゼントを家族に贈ることがあります。不自然に夫からサプライズを受けたり、プレゼントもらったりしたことに心覚えはないでしょうか?他の様子と合わせて、不倫の可能性がないかどうかを考えてみてください。

格好が若々しくなった

女性でも交際相手の趣味に合わせてファッションを変えたり、相手へのアプローチのために身なりを整えたりしますが、男性も同じことが言えます。妻以外の異性との新しい恋愛では、服装を若々しく変えたり身だしなみを整えたりすることが増えるでしょう。
不倫の証拠をうまく隠しているつもりでも、格好や態度は意外と本人の無自覚で行われます。これまで興味がなかったのに服を購入するようになり、鏡に向かうことも多くなった…。「なんだか怪しいな」と思ってもすぐに指摘するのではなく、一度様子を見てから不倫の証拠を探るようにしましょう。敢えて言いださず、相手のボロが出るまで泳がせておくのもひとつの手段です。

スマホを操作する時間が増えた

不倫相手とはスマホでやり取りをおこなうことがほとんどです。LINEでのメッセージに始まり、通話することも当然あるでしょう。また、連絡の着信は家族に気付かれてはならないため、すぐに受け取る必要があります。すると、自然とスマホを手にする時間は増えるのです。
不倫している夫が実際に取った行動として次の3つが挙げられます。

  • 食事のあとはずっとスマホを操作している
  • 通話がかかってきたら席を立ち、部屋の外に出るようになった
  • 子供がスマホを触るとひどく叱るようになった

いずれかに心当たりがあれば、不倫を疑っても良いかもしれません。スマホの中身をチェックするだけでなく、スマホの扱い方からでも分かることはあるのでぜひ今一度確認してみてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn