証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

パートナーの不倫が許せない!「不倫の仕方」から読み解く不倫の証拠集め方

みなさんは配偶者、パートナーが不倫をしていないと言い切れますか?どんなに仲の良い夫婦でも、一度は相手のことを疑った経験はあるのではないでしょうか。今回はそんな夫婦の不倫を、「不倫の仕方」から読み解き解決に導きます。
不倫する方には特徴・習慣があり、知っておくと不倫の証拠集めで役立つことも。不倫をする方に見られるやりがちな行動をチェックしていきましょう。

不倫の仕方その1:相手とはどこで出会うのか

不倫は一人でするわけではありません。不倫相手が必要で、不倫相手も「どちらかに家族がいる不倫の関係」と割り切っていることが前提になります。中には自分が既婚者だと相手に伝えず不倫相手との恋愛を楽しむ方もいますが、今回は不倫として成り立つ「どちらも不倫カップルだと自覚のある場合」で説明します。
話を戻し、不倫相手とはどこで出会うのでしょうか。不倫経験者から不倫の仕方を探ってみましょう。

職場で出会う

最も多いのが職場で出会うパターンです。4月になると新入社員が加入し、異動ともなれば職場の人間関係では出会いは多いです。また家庭を持ち働いている方だと、1週間のほとんどが「家庭と職場の往復」という場合も多く、職場は家庭に次ぐ第二の居場所とも言えます。
職場の関係者には結婚している事実は当然知らせることになりますが、すると異性関係を持つのなら不倫として、と割り切った関係になります。仕事では上司部下の関係だと同じチームを組んで同じ仕事に取り組むこともあり、共同意識が芽生えそれが恋愛感情に発展することもあるでしょう。

出会い系アプリやSNSで出会う

外出自粛やリモートワークが進む今、職場だけで不倫関係が成り立つ方も以前と比べると減りました。出会いの場が特に限られてきた最近ですが、その分ネット上で知り合いを作る機会が増えているといいます。
不倫相手もそれは同じ。ツイッターではハッシュタグ検索で不倫相手を募集するツイートや、一晩だけの相手を探すものも見つかります。出会い系アプリやマッチングアプリでも同じで、既婚であることを隠さず不倫相手・割り切った関係の異性を探す方も多いようです。

元同窓生・元交際相手など

同窓会や地元への帰省後に始まることが多い、元々の知り合いとの不倫。よく知った仲であることが前提なので関係が進みやすく、本気になりやすいのもこうした元交際相手や元同窓生などとの不倫です。
この場合はきっかけとなる同窓会や飲み会などがあるはずなので、パートナーが出かける前には一度確認しておきたいですね。こっそり地元の知り合いと会い続けているといった事態にならないよう、夫婦間のコミュニケーションはしっかり行いましょう。

不倫の仕方その2:どこで不倫をするのか

次は不倫する場所です。周囲にバレたらいけない関係なので、自宅付近や職場関係者の目が届かない場所で行われることがほとんど。特に不倫を知りたい側としては、不倫現場をどう選んでいるかは気になるところでしょう。早速、見ていきましょう。

ラブホテルのみ

感染症予防によって、飲食店は早めの閉店が推奨されています。以前であれば食事をしてショッピングをして最後にホテルへ、とデートコースがあった不倫カップルですが、最近ではホテルに直行しそのあとで解散と単純化されているようです。
ホテルは室内に入ればだれの目にもつかず、周囲の人間にもバレにくいもの。またリモートワークの一環でホテルを借りる方も増えているため、不倫しやすい状況が作りやすいのは確かです。
パートナーは泊りがけの予定を入れてないでしょうか。今一度考えてみてください。

出張先、旅行先

出張が入っていないのに、不倫相手との旅行の口実として出張だと言う「カラ出張」と呼ばれるものがあります。また、本当に出張があったとして、最終日は不倫相手を呼び出す方も多いです。
こうした旅行先や出張先は、当然家族にバレることなく、また周囲を気にする必要もないので不倫カップルにとって適した環境です。この場面を押さえると一気に不倫の確証を得ることができますが、本当に出張先で不倫が行われているかどうかの確認も大切と言えるでしょう。

反対に行かないスポットとは?

どこで不倫するのかをチェックすると分かりますが、反対に不倫場所に選ばれにくいスポットとは

  • ショッピングモール
  • レジャースポット
  • テーマパーク など

です。いずれも利用客が多く家族連れも多いため、不倫相手と行くと周囲にバレる可能性が高まります。これらの場所には行くとは思えないため、家族で訪れた際に「浮気相手にお土産を買う」かもしれないのでよく注意しておくと良いでしょう。
このお土産を渡すために不倫相手と会うかもしれませんし、会えなかった埋め合わせとして使うかもしれません。パートナーの浮気を疑っている方は、旅先やお出かけ先で「不倫相手にプレゼントを購入していないか」もチェックしておくと良さそうです。

不倫の仕方から見る不倫の見破り方とは?

以上をまとめて考えてみると、不倫が怪しいと思ったら、まずはパートナーの職場関係者に不倫相手がいるかもしれない、と予想立ててみても良いかもしれません。一概にすべての不倫がそうとは言えませんが、不倫するきっかけは必ずあるはずです。
パートナーが働いていない、職場通いをしていないのなら、そのほかに出会いがあったかもしれません。最近、同窓会や昔の友人と会うなど機会はなかったでしょうか。
また、不倫相手とデートするのなら必ず口実が必要です。泊りがけの外出やそもそも休日になると留守にすることが多いなど、怪しい行動があればすべてチェックしておきましょう。大切なのは「これ不倫かも?」と勘付いたらその時間と日付、相手の様子をメモに残しておくことです。そのメモだけでは不倫の証拠にはなりませんが、いざ不倫を調べようと思ったとき、役立つことがあります。

まとめ

不倫の仕方を読み解くと、不倫を調べるためのヒントがたくさん見つかります。不倫はやってはいけないこと。そう知ってはいるものの、不倫がなくなる時代はありません。またいつかは不倫相手との関係にほころびが出てくるので、そのチャンスを逃さずしっかり不倫の証拠を掴みましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn