証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

何故結婚しているのに浮気するのか。浮気する人の心理を解説!

永遠を誓い合った夫婦でも、一度は「相手が浮気しているかも…」と不安になったことはあるのではないでしょうか。どの時代でもなくならない、夫婦間の浮気・不倫は発覚すると大きな問題になります。

「いけないこと」と分かっていても何故人は浮気するのか。今回はなぜ浮気をしてしまうのか、浮気する人の心理を解説します。

何故浮気するのか。理由は大きく分けて2つ

パートナーの浮気が分かったら、まず何を思いますか?「何で浮気したのか」「浮気の原因は自分にあるのか」「家族のことは考えなかったのか」さまざまありますが、最終的に「私のせいでは」と自分を責めることも少なくありません。

そこで、なぜ浮気するのかその理由を考えてみましょう。既婚者の浮気には大きく分けて2種類に分かれます。

興味本位や遊び心で浮気する

まずは「ほかの異性との関係も楽しみたい」「日常にスリルが欲しい」といった興味本位からの浮気です。この浮気は浮気する側にとっては遊びであり、浮気相手に本気になっているわけではありません。浮気相手側がどうとらえているのかは分かりませんが、いつかは終わる関係であり今の家庭を壊して浮気相手と一緒になることは、あまり考えていないでしょう。

そのため、家族には浮気に対するうしろめたさがあります。もし発覚すると浮気を後悔して認めて謝り、離婚を拒絶するパターンが多いです。浮気相手に対しては責任逃れな発言をしたりあっさりと関係を断ち切ったりします。

浮気相手に本気になって浮気する

二つ目は浮気相手のことが本気で好きになっているパターンです。最初から本気で浮気を始める方は少ないのですが、浮気を重ねるうちに相手に情が移り、今の家庭を捨ててでも相手と一緒になりたいと願う場合もあります。

この場合浮気に対するうしろめたさはなく、また浮気発覚前に「離婚したい」と言い出すケースも多いです。家庭には不満しかなく、家族に不快感をあらわにすることもあるでしょう。最終的に浮気がバレたら離婚する意思はあり、慰謝料を支払ってでも別れる方もいます。夫婦関係の再構築は、この場合は少し難しいことを頭に入れておきましょう。

浮気する人の心理とは?

浮気する人の心理を、もう少し掘り下げてみましょう。浮気をするには何事も「きっかけ」があります。

いつまでも恋愛の新鮮さを楽しみたい

夫婦生活が長くなるごとに、交際中の新鮮な感情や相手にドキドキする楽しみは薄れていきます。飽きっぽい性格の方だと「結婚生活に飽きた」と感じることもあるでしょう。

そのため、浮気相手に新鮮さや恋愛の楽しみを求めることがあります。恋愛を始めたては二人でやることすべてが新しく、恋愛に夢中になれるもの。浮気に対して「楽しさ」を求めるのも浮気する人の心理の一つです。

日常の寂しさやストレスを解消したい

パートナーが仕事で忙しく、自宅で毎日同じ家事・育児をするだけの方は毎日に寂しさやストレスを感じやすいです。配偶者とうまくコミュニケーション取れない方だと、寂しくて浮気相手でも良いので自分と会話して欲しいと思うかもしれませんよね。

日常的に寂しさやストレスを受けていると、浮気という非日常に惹かれやすいのも事実です。

性欲を解消したい

妻・夫どちらにも言えますが、夫婦間で性交渉がうまくいっていないとその性欲を浮気相手に向けることがあります。特に女性は妊娠や出産直後には性交渉が行えず、その間に夫が浮気相手を作ったケースはよく聞かれるものです。

セックスレス状態の夫婦にも同じことが言えるので、できるなら夫婦間のスキンシップは二人で考えて、関係を良好に保つ必要があります。

パートナーにかまって欲しい

例えば相手の浮気に気付いていて、「私も浮気し返してやる」といった復讐心から浮気する方もいます。結論としてパートナーにかまって欲しい、不満を持っていることを気付いて欲しいという態度の表れですが、この場合浮気が発覚しても「私は悪くない」と開きなおすことも多いです。

「異性」として意識されたい

こちらも夫婦生活が長くなると起こる「マンネリ」に対する浮気する心理です。家族として過ごすあまり、パートナーに異性として意識されることがなく、女性・男性としての喜びを感じなくなった方は新しい恋愛相手である浮気に走りやすいでしょう。

浮気は基本的に「一緒に暮らすためのルール」「家族として生活する義務」が二人の間に生じないため、気楽な関係です。浮気相手は異性としてこちらを意識してくれるため、つい浮気に流される方もいます。

何故浮気するのかを考えたときに見える浮気対策法

浮気する人の心理を踏まえた上で、浮気の対策法を考えてみましょう。

日常に「いつもと違うこと」を用意する

マンネリや繰り返しが理由になって浮気をする夫婦は多いもの。長い間一緒に暮らしていると、生活にも惰性を感じやすいのでたまには「いつもと違うこと」を用意しましょう。

家族旅行に行ったり、レジャーに出かけたりするのも非日常感を味わえます。今は外出自粛で家庭で過ごす時間が増えているため、意識的にマンネリを解消することも大切です。

夫婦二人きりの時間を作る

夫婦二人きりの時間をとにかく作りましょう。育児に追われて夫婦の会話がなくなったり、何の話題もないまま毎日を過ごしたりしていると、浮気相手の新鮮な印象に惹かれてしまいやすくなるからです。

たまには子供を預けて夫婦で出かけたり、食事したりするのは浮気の予防に適していると言えるでしょう。

イメージチェンジや模様替えをする

人間の心理的に、何か新しいことがあると気分が変わります。髪の毛を切ってイメージチェンジしたり、家具のレイアウトを変えて模様替えしたりするのはいかがでしょうか。気持ちを入れ替えることで、家庭や夫婦の間に新鮮さをプラスできます。

まとめ

人は何故浮気するのか、その理由はおのおので異なりますが基本的に「家庭・相手に満足している間」には、浮気は起こりません。浮気の気配を感じたら、その理由を考えるのも重要ですがまずは事実をはっきりとさせましょう。自分だけでは調べられない方は、興信所や探偵の浮気調査で証拠を集める方法もあります。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn