証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

フェイスブックから浮気を見破るには?FBの使い方やチェック方法

人気のあるSNSであるフェイスブック。みなさんはアカウントを持っているでしょうか。登録者は世界中にいるため、多くの方が一度は経験したことがある・実際に今フェイスブックは使っていると答えるかもしれません。

このフェイスブックでは、浮気相手を探す方も旧友に会って浮気に発展する方もいます。今回はフェイスブックから浮気を見破るための方法をご紹介します。

フェイスブックは浮気に活用できる?

SNSの一つであるフェイスブック。実名登録が基本で、最近では企業アカウントの進出も多くみられます。日記や写真を登録でき、誰かと一緒に出掛けると「タグ付け」で周囲の方に「どこに行ったのか、誰と行ったのか」を発信できます。

このフェイスブックは浮気に活用できるのでしょうか。フェイスブックを使った浮気チェックの前に、どのように浮気に利用されるのか考えていきましょう。

元交際相手や元同窓生と知り合い浮気に発展する

フェイスブックには本名の他、既婚・未婚、卒業した学校や住んでいた地域、勤務経験のある会社などを登録できます。この機能は「よりリアルな知り合い」を見つけるために必要なもの。例えばフェイスブックを通じて、元交際相手や元同窓生と知り合うことも可能でしょう。

元々関係のあった異性は、浮気相手になる可能性の高い人物ですよね。同窓会がなくてもフェイスブックでは繋がっていたという方もおり、SNS上だけでなくリアルで会うようになると注意が必要です。

さらにフェイスブックは、元はSNSの中でも「出会い」を中心にしたものでした。今では使用する年齢層も幅広く一般的になったSNSではありますが、昔の知り合いと出会って浮気相手になる可能性があることも頭に入れておかなくてはなりません。

メッセージ機能を使ってやり取りできる

フェイスブックではメッセージ機能を使って、誰にも見られず1対1や複数人でメッセージのやり取りもできます。リアルタイムでログインしていることも表示できるので、チャットや通話も可能です。

ただ、元々フェイスブックの機能でしたがメッセージだけは「メッセンジャー」という別の機能を使ってやり取りは行われます。フェイスブックアカウントを見つけたからといってメッセージ機能を使用しているかどうかまでは分からない上、フェイスブックログイン画面を見てもメッセンジャーでのやり取りはチェックできない点を頭に入れておきましょう。

フェイスブックから浮気を見破るには?

意外と浮気が始まるきっかけとなりやすいフェイスブック。次は、フェイスブックから浮気を見破る方法を解説します。

相手のフェイスブックアカウントを見つける

まず、パートナーがフェイスブックをしているかどうかを確認しましょう。もしアカウントを持っていなければ、そもそもSNSから浮気をする可能性は低く、浮気相手とSNSでのつながりを持っているとは考えにくいです。

フェイスブックアカウントは本名で登録するのがほとんどなので、そのまま名前で探してみましょう。旧姓で登録している方もいるため、両方検索してみるのがおすすめです。

友人や今でもやり取りのある方のアカウントを見つける

もし本人のフェイスブックアカウントが見つからなかったり、友達申請をしない限りプロフィールを閲覧できない「非公開アカウント」であったりすると周りを調べてみるのも大切です。普段やり取りのある知り合いや友人のアカウントをチェックし、その友達欄やいいねをしているユーザーなどからパートナーのアカウントが見つからないかを見てみましょう。

本当にフェイスブックのアカウントが見つからなくても、友人の投稿からわかる事実もあります。例えば「日曜日に一緒に出掛けたはずの友人は、当日家族旅行に行っていた」といったパートナーの口実の矛盾が分かるかもしれません。飲み会には異性がいないと言っていたのに、写真には女性の姿もあった、など、チェックすべきポイントはたくさんあります。

投稿内容や日時をチェックする

先ほども少し紹介しましたが、投稿内容や日時をしっかりチェックしましょう。パートナーのアカウントが見つかったら、一定の人物とよく出かけていないかを見ると良いですし、パートナーのアカウントがなければ周辺の人間関係をチェックするのがおすすめです。

ただ、フェイスブックの投稿は少し注意が必要です。ツイッターのように気軽に投稿でき、リアルタイムで発信するSNSではないので、投稿したその日にイベントが行われたわけではないことを知っておきましょう。

友達をチェックする

フェイスブックは「友達」「友達の友達」まで横のつながりをチェックしやすいSNSです。もしかするとフェイスブックでは関係がバレるのを警戒し、浮気相手とパートナーはお互いをフォローし合っていないかもしれません。「同級生とはみんな繋がっているのに、なぜこの人だけ繋がっていないんだろう?」といった違和感を覚えたら、確実に浮気とは言えませんがメモに残しておいても良いかもしれません。

メッセンジャーをDLしているかどうかをチェックする

もし浮気相手とフェイスブックでやり取りしているのなら、1対1でメッセージ交換できる「メッセンジャー」が必要です。スマホでメッセンジャーを利用する場合はフェイスブックとは異なるアプリをインストールするため、さりげなくメッセンジャー自体を持っているかをチェックしてみましょう。

まとめ

SNSの代表格であるフェイスブックで浮気を見破る方法をご紹介しました。SNSは浮気チェックすると意外な手がかりも見つかるものですが、そもそもアカウントに閲覧制限を設定していたりSNSを使っていなかったりすると証拠は見つかりません。

自分では浮気を証明できないと思ったら、探偵や興信所で浮気調査を利用するのもおすすめです。相手の浮気を明らかにしたい方は、ぜひ一度相談から始めてみてはいかがでしょうか。専門家の意見も参考にしながら、夫婦間の浮気問題をスムーズに解決していきましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn