証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気現場を目撃した!これって証拠になる?正しい浮気の証拠とは

夫・妻の浮気が発覚、さらに「浮気現場を目撃した」という経験がある方、意外にもいらっしゃるものです。例えば浮気相手とデートしている現場だったり、ホテルから二人で出てきたりするシーンかもしれません。

ただ、こんな決定的な場面ではありますが実は浮気現場の目撃だけでは証拠として扱えない、根拠に弱いのはご存じですか?今回は浮気の証拠とは何が通用するのか、反対に証拠として扱えないものについても解説します。

浮気現場を目撃したら、浮気の証拠になる?

浮気相手と一緒にいるところを見た、ホテルから二人が出てきた。そんな浮気現場の目撃は浮気の証拠になるのでしょうか。

結論から言うと、目撃の結果相手が「浮気をした」と認めればそのまま浮気の証拠になります。ですが、あとから「やっぱり浮気はしていない」「あの日偶然あの場所に二人で居合わせただけ。証拠にならない」と言い出せば、浮気の証拠にはならないのです。

まずは浮気の証拠になるもの、ならないものを考えていきましょう。

浮気の証拠になるもの

まずは浮気の証拠になるものです。この「証拠」というのは浮気の結果慰謝料請求や離婚をするかどうかが争点になった場合、原因が「浮気」であることを証明するものという意味を持ちます。

前述の「浮気現場の目撃」だと残念ながら記録に残っておらず、第三者に浮気があったことを認めてもらう分には足りません。もし目撃した事実を証拠として扱うなら、以下の浮気を裏付ける証拠を組み合わせて提出する必要があります。

・肉体関係があった、またはほのめかす連絡のやり取り

・ホテルなどに出入りしている写真や動画

・性行為中の写真や動画

・肉体関係があったと推測できるレシートや領収書(避妊具の購入や宿泊料金の支払いなど)

・探偵や興信所で作成した浮気調査報告書

また、重要となるのが「肉体関係」です。夫婦間の浮気は不貞と言い、肉体関係があって初めて不貞行為は成立します。つまり「浮気現場の目撃」だとしても二人が仲良く手をつなぎ、街を散策していたというレベルでは肉体関係の有無は証明できず、そもそも証拠にならない点を考えておきましょう。

浮気の証拠にならないもの

繰り返しになりますが、浮気の証拠にならないものとはまさに「浮気現場を目撃した」だけの事実です。このほかにも

・日常会話レベルの浮気相手とのメールややり取り

・肉体関係があったと推測できないレシートや領収書(食事・買い物など)

・通話履歴

・カーナビの履歴

などは証拠としては根拠に欠けるもの。ただ、この中の証拠のいずれかでももし相手が浮気を認めたなら、その時点で浮気の証拠は必要ありません。その後浮気に対して請求・要求が始まると意見をひっくり返すケースもあるため、もし妻・夫が浮気を認めたら、書面に残すか録音するなど、必ず記録しておきましょう。

浮気するとどうなるの?請求できるものとは

浮気の証拠の取り扱い方が分かったら、そもそも浮気するとどうなるのかを考えていきましょう。浮気は民法上の不法行為です。浮気相手にも故意・過失があれば相応の慰謝料や示談金を請求できます。

慰謝料請求

まずは慰謝料請求です。浮気をして傷ついたのは、配偶者であるあなた自身。妻・夫という社会からも認められた立場を脅かされたその精神的苦痛に対し、金銭を要求できます。

慰謝料請求はもし浮気が原因で夫婦が離婚したら、状況によって100~300万円ほどになります。もし浮気により子供ができたり浮気の期間が長かったり性交渉が頻繁に行われていたりすれば、その分慰謝料は高くなることを覚えておきましょう。

反対に夫婦が離婚せず、関係を再構築すると精神的苦痛は少なかったとみなされ、100万円以下になることもあります。夫婦関係が浮気より前に破綻している場合は、そもそも慰謝料請求自体できないので注意しておきましょう。

離婚を要求できる

浮気をされたら、浮気をした側は「有責配偶者」になります。文字通り浮気の責任がある方という意味で、有責配偶者から離婚を切り出したり反対に離婚の要求を拒んだりすることは、原則的に認められていません。もし離婚するかどうかの裁判を起こしたとしても、要求が通らないことがほとんどです。

つまり、浮気された側は離婚したければ離婚を要求できます。もちろん離婚しない選択肢もあるため、自分の思うよう話を進められることを覚えておきましょう。

示談・交渉

慰謝料請求の他に、浮気相手と配偶者双方と話し合って問題解決をする示談があります。示談でもやはり落としどころは示談金の有無、今後どうするかという点に絞られますが、裁判など第三者が一般的な目線で見て金額を決める慰謝料と異なり、示談だと金額の設定が比較的幅を持たせられます。月に〇万円、〇年間で合計〇万円支払うといった分割で示談金を解決することも可能です。

示談ではこのほかにも、浮気相手と配偶者が今後私的なやり取りをしない、浮気を繰り返さないと誓う「誓約書」を交わせます。これに署名すれば、もし次に浮気が分かった時に慰謝料〇万円を支払う、自宅の所有権を渡した上ですぐに離婚するなど、相手にペナルティを与えられるのです。このように、浮気が発覚したらさまざまな手段を講じて問題を解決できるため、浮気の証拠選び・証拠集めは重要です。

浮気の証拠はどうやって集める?

浮気の証拠はどうやって集めたら良いのでしょうか。考えられる

・自分で調べる

・第三者に調べてもらう

この2つの手段を詳しく解説します。

自分で調べる

まずは自分で調べる方法です。妻・夫とは一緒に暮らしているのだから、浮気の証拠集めは簡単と思うかもしれません。一度考えていただきたいのが、記事冒頭でお伝えした「浮気の証拠になるもの」には何が含まれていたかという点です。

肉体関係を証明する証拠は、時間と労力を十分にかけないと入手できませんよね。また、相手に浮気を疑っているのがバレて、証拠を隠される可能性もあります。自分で調べる場合は深入りせず、できる範囲で「可能性があるかどうか」を見極めるだけにとどめておきましょう。

探偵・興信所に浮気調査をお願いする

では、第三者に調べてもらう方法です。探偵や興信所では浮気を専門的に調査する「浮気調査」が用意されています。先ほど浮気の証拠になるものでご紹介した通り、探偵・興信所の浮気調査報告書はそのまま調停や裁判に提出できる証拠。実際に浮気を証明できた判例も残っています。

浮気調査は料金がかかるので、依頼するのに勇気がいる…と戸惑う方もいるかもしれません。まずは無料の相談から始めて、自分の中の疑問を解消しながらプロの意見を参考にしてみましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn