証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気を繰り返さないために。浮気防止アプリを正しく使う方法

パートナーの浮気が発覚。人によっては「即離婚」と今後を決める方も多いですが、子供が小さいうちは離婚できない、まだ相手に情があって関係再構築をしたい…と思う方もいますよね。

浮気防止方法や浮気を見破る方法は情報があふれていますが、では「浮気を繰り返さないために」できることはないのでしょうか。今回は浮気防止アプリの正しい使用法をご紹介します。

浮気が発覚。相手を許すことはできるの?

浮気が分かり、相手も認めている時。その浮気を理由に絶対離婚しなくてはならないのでしょうか。まずは、相手を許すことはできるのか考えてみましょう。

浮気が分かっても「離婚」は必須ではない

浮気=離婚と結びつくイメージが強いですが、浮気が分かっても離婚は必須ではありません。夫婦で話し合って関係再構築の道を歩むのなら、離婚しなくても良いのです。

また、浮気をした側には離婚するか・しないかの選択権は基本的にはないと考えておきましょう。相手は有責配偶者になり、有責配偶者の意思で離婚は決定できないからです。「浮気したから別れて欲しい」と相手が言い出しても、離婚するかどうかは浮気された側が自由に決定できます。

離婚しなくても慰謝料請求は可能

こちらも勘違いされがちですが、離婚しなくても慰謝料請求はできます。ただし、離婚時の慰謝料請求の相場が100~300万円であるのに対して、離婚しなければ100万円以下になる場合もあります。減額対象になる点は覚えておきたいですね。

浮気を繰り返さないために。やっておきたいこととは?

大切なのが浮気を許す際、「二度と浮気を繰り返さない」と決めることです。配偶者の浮気を経験した方ならわかりますが、相手に対して憎しみがこみ上げ、怒りたくなったり悲しくなったり、また話し合いにも時間を割くこととなるため浮気には相当な精神的負担がかかります。

そんな思いを二度と繰り返さないため、やっておきたいことをまとめました。

夫婦のルールを決める

まずは夫婦間でお互いが納得いくまで話し合い、これまでに感じた不満やこうした方がうまくいくといったことをまとめたルールを作りましょう。もし婚姻関係の誓約として残しておくなら、文面に書き起こして公正証書を作成します。

また、「必ず二人の時間を月に一度は作る」といった簡単な約束なら口約束でも構いません。関係再構築をするのなら、前向きで夫婦関係がよりよくなるようなポジティブなルールが望ましいと言えそうですね。

浮気相手と示談をし誓約書を交わす

浮気相手が誰なのか分かっていれば、浮気相手自身と話し合うことができます。夫婦と浮気相手と、できれば中立的な第三者を含めて示談を行い、

・今後配偶者と私的なやり取りをしない

・浮気を今後繰り返さない

など取り決めを行いましょう。示談では慰謝料の額も決めることができます。

こうして決まったことは誓約書として文面に残し、署名・捺印をして公正証書として残すのが一般的です。もし慰謝料の支払いが滞ったり、決めたルールである「私的なやり取りをしない」などを破ったら、配偶者と浮気相手に対してペナルティを課すことができます。

場合によっては慰謝料請求をする

離婚しなくても慰謝料請求は可能です。浮気を許すには勇気がいりますが、もし相手の本質を見抜きたい、けじめとして金銭でも償ってほしいと感じたら、慰謝料請求という手段もあります。

もし相手が本当に反省しているのなら、慰謝料請求されても支払う覚悟は決まっているでしょう。必ずしも慰謝料請求が再構築に必要とは言えませんが、こんな方法もあることは頭に入れておくとよいですね。

浮気防止アプリを導入する

次に浮気防止アプリを導入することです。まず浮気防止アプリの有名なものを

5つご紹介します。

・Zenly

・Life360

・Prey Anti Theft

・Track View

いずれも若い方から母親・父親世代まで、幅広い年齢層の方が利用しています。各アプリで機能は異なりますが、スマホが使用されている位置をマップ上で示したり、スマホがどのような使われ方をしているかをチェックできたりするものです。もともと盗難防止や子供の安全対策のため、従業員に渡す社内用スマホを管理する目的でできているため、「浮気を防止する目的で作られたアプリ」ではない点に注意しておきましょう。

浮気防止アプリを互いの了承の上で導入すれば、今どこにいてなにをしているのかの把握が簡単になります。「また浮気をしているのでは?」と不安になったときも、チェックすればよいので安心ですよね。

このように正しく使えば浮気防止アプリは夫婦の関係再構築、また文字通り浮気が起こる前に未然に防ぐことができるでしょう。

浮気防止アプリを使う時に気をつけたいこと

浮気防止アプリを使う際に気をつけたいのは、このアプリで「浮気を調べる」と法に触れる可能性が高くなる点です。どのアプリも調べたいスマホにインストールする必要がありますが、相手に断りなく勝手にアプリを導入すると「不正アクセス禁止法」違反です。

また、浮気防止アプリは確実な情報が得られない点にも注意しておきましょう。SNSでの口コミでは「夫がホテルにいると思って現場に向かったら、隣のビルで食事をしていた」という意見も見つかりました。

必ずしも確かな情報であるとは限らない上、ユーザーの設定次第では位置情報をあいまいにしたり隠したりできます。浮気防止アプリにすべてをゆだねるのではなく、浮気を繰り返さない努力も夫婦間の中で互いに必要です。

まとめ

浮気防止アプリの正しい使い方、また浮気が分かっても夫婦関係は再構築できるのかをご紹介しました。アプリは便利で機能的なものですが、使い方次第では法に触れる可能性もあるので十分注意しましょう。

確かな浮気の証拠を手に入れたいなら、自分でアプリを利用するのではなく探偵や興信所の調査がおすすめです。浮気調査は法律的に認められた範囲で行われるため、リスクがなく何より調査がスムーズです。浮気の問題で悩む時間は、長く感じられとても苦しいもの。一人で抱え込まず、専門家に一度相談してみてくださいね。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn