証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

妊娠中に浮気された!どう対応すればいい?時系列でご紹介

パートナーとの子供を授かり、幸せな日々を過ごす毎日。妊娠中は自身の体調トラブルやお腹の子供の準備などで、ママとなる方は心を休めなくてはなりません。ですが、残念なことに妊娠中の浮気は多いです。

今回はとっさの判断がしにくい妊娠中に、浮気が発覚したらどう対応すべきなのかを徹底解説します。時系列でご紹介するので、妊娠中の方はぜひ参考にしてください。

なぜ妊娠中の浮気は多いの?

妊娠は本来、家族が増える大切なタイミング。妊娠した妻側はこれまでにない体型の変化や体調不良もあり、サポートをより必要とするシーンですよね。しかし、妻が妊娠中の浮気は決して少ないとは言えません。むしろ、通常よりも不倫が増える傾向とも言えます。

なぜ妊娠中の浮気が多いのか、まずはその理由から解説していきましょう。

性交渉できないから

女性が妊娠すると妊娠初期・後期には性交渉ができなくなります。単純に性欲が溜まり、他の女性に気を惹かれてしまう場合もあるでしょう。

夫婦のスキンシップは妊娠中でも継続できるよう、お互いに気を配る必要がありますが、うまく夫婦関係を築けないと浮気に走る方もいるようです。

子供ができるという環境の変化

夫婦にとって初めての子供であれば、妊娠し自ら子供をお腹で育てる妻と比べて夫の環境変化は急激です。これまで普通にできていた外出や出勤が、育児や妻のサポートによって簡単にはできなくなります。この環境の変化についていけず、まるで独身のように他の方と浮気してしまうこともあるでしょう。

女性にとっては「なんて身勝手な」と思うことかもしれませんが、男性の父性や父親としての自覚は妊娠中には気づけない場合が多いです。

妊娠中の体調変化で夫婦関係が悪化することも

妊娠中はホルモンバランスの変化や体調不良などで、妻の機嫌が悪くなったりうまく夫と向き合えなかったりということも多いです。イライラしがちなので、些細なことでケンカに発展するケースも少なくないでしょう。

夫婦がケンカしていると互いに浮気心は芽生えやすいもの。関係はできるだけ良好に保っておきたいものです。

妊娠中に浮気発覚。どうすればいい?

では、妊娠中に浮気発覚したらどうすれば良いのでしょうか。時系列で対応法を解説します。

今後どうしたいのかを考える

浮気が分かったら、相手に対して憎しみ・怒り・悲しみが湧きます。当然その感情を否定するわけではありませんが、今後を考えると一度冷静になった方が良いでしょう。まず、浮気をすると夫婦にどのような影響が出るのかを知っておく必要があります。相手の浮気が分かると、

・離婚を要求できる

・慰謝料請求ができる

・浮気相手と示談できる

などが可能です。このうちどの手段を取るのか、子供が生まれる前に一人になれる時間があればしっかり考えておきましょう。産後即座に離婚するのも一つの手段ですが、乳児をパートナーの助けなく育てられるかは十分検討する必要があります。仕事はあるのか、収入の変化はあるのか。また、養育費についてもしっかり話し合い決めなければなりません。

急がずまずは出産し、育児がひと段落してから相手との関係性を見直す場合もあります。もしくは離婚しなくても、相手に浮気を認めてもらい浮気相手と話し合って示談し、慰謝料請求してもOKです。いずれにしても夫婦関係や相手の出方によって今後は変わってくるため、感情的なまま相手に「浮気しているでしょう!相手と別れて!」と決めかかって訴えるのはおすすめしません。

証拠を集める

次に証拠を集めます。「確実に相手のスマホでLINEを見た!」という場合でも、履歴を消去されたりごまかされたりするかもしれません。そのため、確実な証拠を揃えておく必要があるでしょう。

自分で調査する場合

自分で調査する場合、妊娠中だとできることが限られます。浮気はバレるといけないことなので、夫は隠す傾向にあります。妊娠中にアクティブに動き、夫を張り込み周辺に聞き込みし、持ち物を調べるなどする体力は果たしてあるでしょうか。一番に体調のこと、お腹の子供の安全を考えないといけません。

また、変に心配して気に病むのもおすすめできません。浮気に悩んだら、まずは一人で抱え込まずに親族や両親、頼れる友人に悩みを打ち明けましょう。もしかするとより良い手段を教えてもらえるかもしれません。

探偵に依頼する場合

妊娠中でも探偵に浮気調査は依頼できます。面談や見積もりはメールやリモートで行うところもあるため、体調に不安な方は出向かず依頼する方法を検討してみてください。

探偵調査は自分にとってリスクが低く、何より精神的な苦しさを早く解消してくれるメリットがあります。また、その後慰謝料請求や離婚を要求する、浮気相手と示談する場合にも探偵の調査報告書は有効活用できるでしょう。確実に浮気の問題を解決したいなら、プロの力もぜひ頼ってみてください。

夫婦で今後のことを話し合う

証拠が揃ったら、夫婦で今後を話し合います。離婚するのかしないのか、慰謝料請求の有無や額など詳しい点を話し合い浮気を解決していきましょう。

産前に話し合うメリット・デメリット

産前に、すぐ話し合って今後を決めたいという方もいます。産前は体調に気を配らなければなりませんが、育児が始まっていないので夫婦だけの話し合いがしやすいメリットがあります。

ただ、デメリットとして夫側が「産後に話そう」と引き延ばすケースが多い点が挙げられるでしょう。また、妊娠中に大切な話を決めると体調不良や気分の変調によって冷静になれないのもデメリットのひとつです。

産後に話し合うメリット・デメリット

産後は離婚する場合、すぐ行動に移せます。人にもよりますが、妊娠中のマイナートラブルがない状態だと、話し合いを建設的に進められるかもしれません。

デメリットはやはり乳児がいるため、思うように行動ができない点です。育児が大変で浮気問題まで手が回らなかったり、寝不足などでイライラし感情的にぶつかってしまったりする可能性も考えておきましょう。

話し合いはいつが良いかは、夫婦によって異なります。以上のメリット・デメリットを考えた上で、妊娠中の浮気問題を解決に進めていきましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn