証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の素行調査はどこまで分かる?調査の流れと探偵の選び方

探偵のホームページを見てみると、ほとんどの場合で「素行調査」を見つけることができます。素行調査は最も選ばれている調査であり、探偵の仕事のメインとも呼べるでしょう。

この素行調査ではどこまで調査対象者のことが分かるのでしょうか。今回は探偵の素行調査の範囲、依頼するとどういう流れになるのか、探偵の選び方をご紹介します。

そもそも素行調査とは

素行調査とは文字通り、調査対象者の素行を調べるものです。行動パターンや勤務先、交友関係や周囲からの評判、場合によっては不貞をしているかどうかも調査されます。

素行調査には種類があり、

・浮気調査

・結婚調査

・従業員などへの業務実態を調べる調査

・その他、トラブル解消へ向けての調査

に分かれます。上記2つは特に一般の方からの利用も多く、みなさんが気になっているところではないでしょうか。

では、これらの素行調査で何が分かるのかを解説していきましょう。

素行調査はどこまで分かる?

素行調査は極端な話ですが、調査範囲に明確な基準はありません。もちろん調べられないことや調べてはならないことも存在しますが、重要となるのは依頼側が「どこまで調べて欲しいか」です。目的に合わせて調査は進むため、最初になぜ調べて欲しいのかを明らかにしておくとスムーズでしょう。

浮気調査

浮気調査は夫婦の不貞を暴くための調査。単純に浮気の有無が知りたい方もいますが、もしパートナーが浮気をしている場合はその証拠があれば慰謝料請求、離婚の要求ができます。

そのため、浮気調査は浮気の有無に加えて「不貞行為」がある証拠、また浮気相手の素性まで調べるのが一般的です。

結婚調査

結婚調査とは婚約者の素性を調べるものです。結婚前に相手が何かを隠している気がする、結婚に踏み切れるほど情報が揃っていない、などの場合に結婚しても良いかどうかの判断のために調査されます。

相手の周囲からの評判や本名、住所や勤務先などが分かるでしょう。行動調査によって消費者金融への出入りが認められたり周りから「金遣いが荒い」などの噂が分かったりすると、借金の可能性まで分かることがあります。

その他素行調査

その他素行調査は目的に合わせて調べていきます。従業員が不正を働いているかもしれない場合は、素行調査でその証拠を掴むことができますし、お金を貸したはずの相手がなかなか返してくれない、なのに豪勢な私生活をしているのなら、証拠を掴んでトラブル解消できます。この場合どこまで調べられるのかは、目的に合わせて調査員が調節します。一度だけの証拠だと弱い場合は、複数回該当の行動が見られるまで粘ることもあるでしょう。

いずれにせよ、調査の目的に合わせてどこまで調べられるかは決まるので、一概には「素行調査の調査範囲」は言い切ることはできません。

素行調査で調べられないこと

何でも調べられるとは言いますが、素行調査では調べられないことがあります。

・ローン残高や預金残高

・犯罪歴

・出生地や国籍など

ローン残高などは銀行に照会して確認しなくてはなりませんが、探偵には他者の預金を勝手に開示できる権限はありません。犯罪歴も同様で、警察のデータベースにアクセスできないため不可能です。

出生地や国籍などは、調査の結果が差別につながる恐れがあります。犯罪や差別を目的とした素行調査は探偵業法によって禁止されているため、頭に入れておきましょう。

素行調査の流れ

素行調査を依頼する際、すぐに探偵事務所に向かって契約となるわけではありません。まずは流れを見ていきましょう。

相談・料金の見積もり

まずは何を調査したいのか、目的や希望の調査期間などを相談します。素行調査と言っても「こういった関係の人を調べたいが、可能かどうか」が気になる方は多いでしょう。探偵では犯罪に加担する調査はできないため、もし不可能ならその時点で答えてくれます。

この相談と見積もりは対面で行うこともありますが、リモート面談や電話・メールで受け付けてくれるところもあります。

契約・料金の支払い後、調査開始

相談後、契約することとなったら契約書を交わします。場合によっては料金が後払いになることもありますが、料金を支払うこともあるのでよく確認しておきましょう。

調査開始前後は打ち合わせが何回か発生することもあります。また調査の方向性が変わったり期間を増やしたりした方が良い場合は探偵・興信所の方から連絡が来ることもあるでしょう。

調査完了、調査報告書の受け取り

調査が終わり、成果が見られたらその調査内容をまとめた調査報告書を受け取ります。調査報告書は示談、裁判の際には重要な証拠となるため、大切に保管しましょう。また、「素行調査で得た証拠をもとに訴訟を起こす」場合は中身が重要です。受け取ったその場で確認して、間違いのないようにしてください。

素行調査の探偵の選び方

以上の流れを見ると、探偵事務所には何度か足を運ぶ必要があります。そのため、素行調査を利用する際は自分にとって通いやすいところや信頼できるところを選ぶのがおすすめです。

もちろん料金の兼ね合いや、知り合いから得た口コミなどで選ぶ方も多いです。どちらも大切な要素ではありますが、大切な個人情報を扱い、またそれなりの期間探偵とはやり取りすることを考えたら、何より「自分との相性」をチェックした方が良いでしょう。

その他、自宅から通いやすい場所以外にも場所選びが重要になることがあります。例えば出張先の浮気を調べて欲しい場合や、自宅エリアにいない遠方の対象者の場合は、その土地勘に強い探偵を選ぶと良いでしょう。

まとめ

探偵調査の中でも多くの方に選ばれている素行調査。さまざまな素行調査がある中で、まずは自分の目的をはっきりさせてその調査に特化した探偵を選びましょう。いくら探偵といっても、調査内容によっては調べられないものもあります。以上の点を把握したうえで、自分にとって合う探偵を選び、問題の解決に役立ててみてください。一見素行調査は「自分でもできそう」と思えるものです。しかし、探偵でなくては調べきれないシーンやつかめない証拠も出てきます。一人で悩みを抱えず、いざという時はプロの力に頼ってみてくださいね。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn