証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

「結婚調査」とは?どんな時に活用するのかについての解説

興信所・探偵の調査項目の中に「結婚調査」があります。これは婚前に結婚相手を調べるための調査であり、今一般の方からの依頼も増えているものです。とはいえ、「結婚相手を調べる必要はあるの?」「何が分かるの?」と疑問に思う方も多いですよね。

今回は気になる興信所の結婚調査を詳しく解説します。どんな時に活用するのか、何が分かるのかを一緒にチェックしていきましょう。

結婚調査とは?

結婚調査とは、結婚前に婚約者・交際相手を調べる調査です。結婚と言うと「長年交際して同棲するなど相手を熟知した上でするもの」といったイメージが強いでしょう。結婚調査を利用するのは家柄を気にする上流階級の人や、資産などを豊富に所有しており結婚相手を吟味する必要のある方だけと予想する方もいるかもしれません。

しかし、最近ではごく普通の結婚をする方にも結婚調査は利用されています。なぜなら、SNSやオンラインゲームなど、ネット上で知り合った男女が結婚することも多くなったからです。また、結婚が決まったものの「なんだか隠し事をされている」と感じても、面と向かって相手に疑問をぶつけることはできませんよね。「相手を疑って、婚約破棄になったらどうしよう」と思うからこそ、相手を疑うのにストップがかかるのです。

また、家族・親族が結婚に反対することもあるかもしれません。その時、信用してもらい結婚を祝福して欲しいからこそ結婚調査は役に立ちます。結婚は交際の延長線上ではなく、その後ずっと続く「家族と家族の結びつき」です。そのため、懸念点があれば結婚調査で相手に対して信頼や自信を付けた方が、その後の生活がより充実する場合もあるでしょう。

結婚調査は何がわかる?

結婚調査で分かることは、

・結婚相手の現状

・友人関係、異性関係

・問題のある素行がないかどうか

です。

結婚相手の現状

まずは結婚相手の現状です。現在どこに住んでいて、勤務先はどこなのか、周りからの評判などを調べることができます。住所や勤務先を偽りながら結婚までこぎつけるのは難しいことですが、稀に無職を偽っていたり教えていた住所には住んでいないケースもあるので調査が必要となる場合もあります。

嘘をつく理由は人さまざまです。しかし、「なぜ嘘つく必要があるのか」は知っておいた方が今後のためになるでしょう。

友人関係、異性関係

どんな知り合いがいるのか、休日や勤務後など自分の知らない相手の友人関係や異性関係も分かります。ここでチェックしたいのは、浮気相手がいるかどうか。婚約しているにもかかわらず他にも交際相手がいたり、そもそも既婚者であることが判明したりすることもまれにあります。相手には結婚相手がいるのなら、こちらは結婚できませんし「不倫」という他のトラブルに巻き込まれる可能性も出てきます。その前に、友人関係や異性関係を調査し、結婚しても良い相手かどうか見極めるのです。

問題のある素行がないかどうか

例えば消費者金融に出入りしていたり、パチンコや競馬などに頻繁に通ったりしていないかを確かめ、素行調査します。日中はオフィスで働いているけれど、夜間には風俗店で働いている…といったことも分かる時があります。

金遣いの荒さや普段どんなスポットに出入りしているのかどうか、気になる点を調べることで相手が「本来の自分をこちらに見せているか」を判断できます。

結婚調査でも調べられないこと

結婚調査では詳しく婚約者を調査しますが、調べられないこともあります。

・預金残高やローン残高など口座情報

・犯罪歴

・出生地、国籍など

資産はとても気になるかもしれませんが、相手の貯蓄の詳細な数字や預金残高、ローン残高などは分かりません。銀行に口座照会する必要がありますが、興信所は口座を見る権限がないからです。同様に犯罪歴も「噂程度」なら調査できますが、詳細は警察のデータベースにアクセスしなければならず、権限がないので不可能です。

出生地、国籍などは本人が変えようのないことで、これを理由に差別が行われる可能性があります。興信所・探偵では、例え結婚調査でも目的が差別・犯罪につながる恐れのある調査はできないため、調べられません。

結婚調査はどんな時に活用できる?

結婚調査が一部の方だけでなく、最近では広く普及しているとは言っても「どんな時に使うの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

今、結婚相手に少し疑問があるけれど「結婚調査するまでではない…」と悩んでいる方は以下の項目に心当たりがないかどうかをチェックしてみてください。

結婚相手側の親族・家族に紹介してくれない時

結婚する前は相手側の家族とこちらの家族が会い、顔見せや結納を行います。「一般的に」なのでもちろん顔合わせをしないケースもありますが、相手が頑なに自分側の親族や両親に会わせてくれない時は注意が必要です。

いずれ分かることですが、もしかすると隠したい何かがあるのかもしれません。例えば「相手は既婚者であり家族に婚約相手を隠しておきたい」「家族に問題があり会わせられない」などが考えられます。

結婚前にお金を貸している時

「うまくいかない結婚」や「結婚前にトラブルが起こる」のは多くの場合金銭が絡みます。結婚を理由に相手にお金を貸している時や、ローンを組んでいる時は婚約破棄になったり婚前にトラブルがあったりすると事態が大きくなりがちです。

相手に不審な点があれば、できる限り早めに結婚調査をして問題をクリアにしておくと良いでしょう。

結婚の予定があるものの挙式や結納など具体的な日取りが決まらない時

挙式や結納の日にちさえ決まらない状態だと、「本当に結婚する気があるの?」と気になりますよね。こちらも相手にとって「結婚できない何か」理由があるのかもしれません。

取るに足らない理由であれば良いのですが、中には結婚詐欺と呼べるほど相手をだまし、結婚の約束だけする方もいます。

そもそも結婚相手の情報が不足している時

「そもそも本名を知らない」「どこに勤めているのか分からない」など、基本情報が不足している時は当然結婚調査が役に立ちます。当人同士はそれで良くても、家族や親族が納得してくれないこともあるため、結婚調査は「周りを納得させるため」にも活用できるでしょう。

些細なことでも、結婚前は「これから結婚するのだから」と見逃されがちです。興信所の結婚調査では最初に相談から始まるので、まずは気になる点を洗い出してみることから始めても良いかもしれません。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒結婚調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn