証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

風俗通いは「浮気」?離婚事由になるパターンなどをご紹介

夫婦間の浮気・不倫。どんなに長い間一緒にいても、「浮気をされたらどうしよう」と悩みは尽きないのではないでしょうか。浮気にも人それぞれさまざまな状況が考えられますが、その中でも「風俗通い」は浮気に値するのかは悩ましいところです。

今回はパートナーが風俗に行ったら、浮気になるの?風俗を理由に離婚できる?といった疑問を解説します。風俗通いに悩んでいる方や、風俗通いをやめて欲しいと思っている方は参考にしてください。

風俗は浮気になる?不貞行為になるパターンとは

パートナーが風俗に通っていて、良い気分になる方は稀です。ほとんどの方が不快な思いをし、中には「不倫になるんじゃないの?」と疑う方もいるでしょう。まずは、風俗が不倫=不貞行為になるのかどうか考えてみましょう。

性行為もしくは疑似行為が含まれていれば「不貞行為」になる

風俗店のサービスはさまざまです。同席して一緒に飲食をするものから、性的な接触を含むものまでありますが、この中でも性行為もしくは性行為を匂わせる疑似行為が含まれれば、不貞行為に該当します。

不貞行為の定義を見てみると、「肉体的接触」(民法第770条より)が挙げられるでしょう。文面のみを読み取ると、そこに恋愛感情や私的感情があるかどうかは考えられていません。

つまり、例えお店のサービスだとしても性行為もしくは疑似的な行為を含む接待があれば、風俗は不貞行為だと考えられます。

キャバクラなどサービスレベルだと「不貞行為」にはならない

ソープやデリバリーヘルスなど、性行為やそれに似た行為のサービスが不貞行為ではありますが、すべての風俗が不貞行為に当たるとは限りません。例えばカウンター越しにおしゃべりを楽しみながら飲食をするガールズバー、ホステス、キャバクラ嬢などの風俗では、不貞行為ではないのです。

店内でどんなに親密で、手を握っていたりキスをしていたりしても、不貞行為に該当しません。ただし、店外で会いホテルに行き性行為をしたとすれば、不貞になるでしょう。

一度きりの風俗利用も認められにくい

性行為や疑似行為が含まれているお店を利用したとしても、たった一度きりであれば不貞行為と認められにくい点にも注意が必要です。不貞行為=不倫とは、継続的な肉体関係を伴う付き合いを差します。会社の人に誘われて一度だけ利用し、その行為は十分に反省しているといった態度であれば、例え風俗通いを不貞だと訴えても、考えが棄却される可能性はあります。

風俗通いを理由に離婚できる?

では、パートナーの風俗通いを理由に離婚できるのでしょうか。離婚するためには「離婚事由」が必要であり、両者の同意があれば成立します。ここからは風俗通いは離婚事由になるのかどうかをチェックしていきましょう。

不貞行為があれば離婚できる

先ほども説明しましたが、例えキャバクラやガールズバーなど、性的サービスのない風俗を利用していたとしても、店の外で合流し性行為に及んだとすれば不貞行為です。そこに金銭的なやり取りが発生していようとも、肉体関係があれば不倫とみなされます。

不貞行為は離婚事由の一つであるため、当然離婚はできます。相手が離婚に同意していなくても、離婚訴訟を起こせば主張は認められやすいでしょう。

協議の結果、相手の合意があれば離婚できる

例え不貞行為ではない風俗通いでも、良い気分になる方は少ないです。風俗店は決して安価なものではなく、さらに自分以外の異性との接触を快く思わない方は多いでしょう。夫婦関係が維持できず、離婚したいのであれば、協議(話し合い)をして今後の関係を決めるのが望ましいです。

相手も離婚に合意すれば、当然離婚できます。しかし、離婚したくないあまり「風俗には通っていない」と言い張ったり、風俗通いを隠したりする方も多いです。また、不貞行為ではないと主張して離婚を認めない方もいるでしょう。その場合には、次にご紹介する風俗通いの証拠を用意し、事実をもとに夫婦で冷静に話し合うことを推奨します。

風俗通いの証拠を集めるには?

風俗通いを隠されている、どうしても認めてくれない。そんな時は相手にとって言い逃れできない風俗通いの証拠を集めておきましょう。

ここでは誰でもできる3つの方法をご紹介します。

持ち物をチェックする

まずは持ち物のチェックです。風俗に通っていると、従業員から名刺やショップカードをもらうはずです。大抵の場合財布に入れたままになっていたり、自家用車のダッシュボードに入れたりと、処分されずに残っているでしょう。可能性の高い場所を探して、どんな店に通っているのかをチェックしてみるのも一つの手段です。

風俗通いをしているかどうかだけが知りたいのなら、このようなカード・名刺類をチェックするだけでOKです。

スマホをチェックする

風俗店員とやり取りする際、LINEなどのメッセージアプリを利用することがほとんどです。スマホのロックを解除して全部をチェックするのはリスクが高いですが、スマホを肌身離さず持っている、ずっと誰かとやり取りしているといった変化があれば注意しておきましょう。

慎重な方だとスマホチェックをしても、証拠を残していない場合もあります。にもかかわらず無理にスマホの中身を改めるのは相手にバレる可能性が高いので、無理なくスマホの様子のみを観察することをおすすめします。

探偵・興信所に相談する

最後は探偵や興信所に相談する方法。風俗通いの証拠であれば、パートナーの素性調査や浮気調査で揃えられるでしょう。「風俗通いの証拠が欲しい」のか、「風俗嬢との不貞行為を疑っている」のかは事前にはっきりさせておき、懸念点を相談すると調査で解決してくれることがあります。

探偵や興信所では最初から調査の契約ありきでは進めないため、一度無料の相談を何社かでやってみることをおすすめします。ニーズに合った調査会社が見つかれば、一度配偶者の本当のところを調べて、夫婦トラブルの解決に役立ててみましょう。

決して一人で解決しようとせず、専門家の意見を参考に、慎重に行動するのがポイントです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn