証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気と不倫の違いが知りたい!浮気でも慰謝料請求はできる?

夫婦間のトラブルはいつの時代もなくなりませんが、その中でも浮気・不倫は大きな問題です。浮気が原因で相手と離婚、慰謝料をめぐって訴訟に起こるケースもあり、解決までに時間がかかることも。

ですが、この浮気と不倫の違いをみなさんはご存じですか?ニュースでもしばしば聞かれる二つのワード、その違いや定義を今回はご紹介します。

浮気と不倫、その違いとは?

前提として、浮気と不倫には明確な違いや定義がありません。法律的な区分があるわけでもなく、日本語の種類として「なんとなく」使い分けられています。今回は一般的な考えから見た二つの違いをご紹介しましょう。

浮気とは

浮気は

・結婚していない交際期間中に他の異性と恋愛関係に陥るもの

・性交渉が伴ったり伴わなかったりする

といった意味合いで使われることが多いです。後ほど不倫をご紹介しますが、浮気は不倫と比べると「気持ちの移り変わり」「ほか異性への浮ついた感情」といったように気持ちの問題が大きく関係しています。

ただ、浮気はしばしば不倫と同じ意味合いで使われます。既婚者が配偶者以外に気持ちが移ったり関係を持ったりすることも「浮気」と呼ばれている点は注意しておきましょう。

浮気や不倫を本格的に調査し、訴訟や示談の際に役立てる探偵や興信所の浮気調査も、実際には不倫調査と変わりません。もちろん未婚の方が浮気調査を依頼することもできますが、不倫には引き起こすと大きなペナルティが生じます。未婚だとそうしたペナルティがなく、二人の関係解消のみにとどまるため、利用しない方が多いのです。

不倫とは

では、不倫とは何を差すのでしょうか。以下に特徴をまとめました。

・既婚者が配偶者以外の異性と恋愛関係を持つもの

・性交渉が伴う

この2点が満たされれば不倫です。ですが、配偶者以外との恋愛でも性交渉がなければ「浮気」と呼ばれるケースが多いです。

また、結婚している既婚者には相手に対して貞操義務があります。これは「結婚相手以外の人と性交渉はしません」という約束です。貞操義務を破る不倫は当然相手に対する大きな裏切りで、民法上の不法行為とされます。

浮気と不倫。どちらも当事者にとっては「一時の気の迷い」「遊びの関係」かもしれません。もしくは「本気で相手と一緒になりたい」と覚悟を決めて浮気・不倫をする方もいます。ですが、浮気よりも不倫の方が発覚すると目に見えるペナルティを償わなければならず、大きな問題になるのです。

次は不倫するとどうなるのか、チェックしていきましょう。

不倫するとどうなるの?

では、不倫するとどうなるのでしょうか。不倫は民法上の不法行為です。発覚すれば、その賠償や対応をしなくてはなりません。

離婚が検討される

夫婦が離婚を選択する場合、その理由が必要です。互いに了承が取れていれば離婚できますが、離婚事由と呼ばれる5つの条件のうち一つが当てはまっていれば、それを理由に相手に離婚を要求できるのです。

離婚事由の中には不貞行為=不倫も含まれます。不倫が発覚すると、された側は離婚するかどうかの決定権があり、不倫をした側は「有責配偶者」となり自ら「離婚するのか、しないのか」を要求しても認められない傾向にあります。

よく「不倫しているから別れて欲しい」と離婚を切り出す方もいますが、この発言は矛盾しており言い出した方からは決められないことを知っておきましょう。

慰謝料請求される

慰謝料を請求されるのも、不倫の賠償のひとつです。不倫は夫婦の社会的立場を脅かすもので、された側にとって精神的苦痛を伴うものです。この苦痛に対して金銭で賠償するのが慰謝料。慰謝料はケースによって金額が異なりますが、夫婦が不倫で離婚した場合だと100~300万円の慰謝料がかかることが多いです。

ただ、慰謝料だけがすべてではありません。慰謝料の他に示談金と言って、話し合いで金額を決めて償うケースもあります。この場合は離婚の有無にかかわらず、不倫相手と夫婦で金額が決まるため場合によっては慰謝料よりも多くなったり、反対に「払わない」と合意できたりする場合もあります。

浮気でも慰謝料請求される?

前述の「浮気」では慰謝料請求できるのでしょうか。まず、既婚者の浮気について考えてみます。

既婚者の浮気とは性交渉は伴わないけれど、配偶者以外の異性と恋愛関係がある、という状況ですが、不貞行為ではない限り慰謝料の請求はできません。しかし、度々浮気をやめて欲しいと訴えているにもかかわらず改善が見られなければ「夫婦として生活を続けられない」と関係の破綻を理由に離婚となる場合はあるでしょう。また、浮気によって心を病み、精神病などにかかれば慰謝料請求の対象にはなるかもしれません。

では、未婚状態のカップルの浮気は慰謝料請求の対象になるかというと、婚姻関係にないため請求できてもごく少額にとどまると考えられます。二人の交際を終えるかどうかは当人同士の自由です。しかし、気を付けたいのが例え交際中でも「結婚を前提とした関係」だった場合です。例えば挙式の費用を相手に渡していたのに浮気によって破綻したり、長い間「結婚する」と交際を長引かせていたのに結局浮気によって関係が終わったりすると、慰謝料請求で問題解決する時もあります。

これは結婚する前に浮気を知る必要があり、場合によってはこちらに生じた損害を償ってもらわないといけないため、事前に相手を調査することもあります。婚約者といっても個人で調べるには限界があるので、探偵や興信所で「結婚調査」を依頼する方は多いです。

まとめ

浮気と不倫、どちらもあってはならないことですが両者には明確な違いはありません。同じ意味合いで使われることもありますが、浮気・不倫の状況によっては慰謝料請求の対象になったり夫婦の離婚が争われたりします。

いずれにせよ、「浮気なのか不倫なのか」は性交渉があるかないかがポイントです。もしパートナーが不倫しているかも…と思ったら、相手との交際に性的関係がないかどうかを調べておきましょう。自分だけでは分からない時は、探偵や興信所の不倫調査がおすすめです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn