証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

悩ましいストーカー被害。探偵調査で問題解決する方法

見知らぬ人物に追いかけられ、時には自宅や職場に嫌がらせをされてどうしていいのかわからない…。ストーカー行為は見て見ぬふりはできない卑劣な行動です。

しかし、ストーカー被害を受けていながらも泣き寝入りする方は多いでしょう。なぜなら、警察に届けても「犯人がだれか分からない」ため問題は解決せず、事件性が低いと判断されると捜査が始まらないからです。

今回はそんなストーカーを探偵の調査で問題解決する方法をご紹介します。

探偵の「ストーカー調査」とは?

探偵や興信所の調査項目の中に「ストーカー調査」があります。これがストーカー問題を解決に導く探偵の調査ですが、この調査を依頼すると何が分かるのでしょうか。

ストーカー調査は、ストーカー被害の現場を写真や映像で残し、ストーカー犯を特定するものです。直接ストーカー犯を逮捕する権限は探偵にはありませんが、調査によって得た証拠を警察に提出することで犯人が捕まる可能性が高まります。

ストーカーは警察に届けても、なかなか捜査が始まらないことがありますよね。実は、警察は犯人が誰か分からず事件が起きていない段階だと、捜査の優先度が低くなり動くまでに時間がかかるのです。探偵であれば相談後すぐに調査開始できることもあるため、警察に行ってもストーカー被害が収まらない場合に利用すると良いでしょう。

ストーカーにあったら?まずは何をする?

「もしかしてストーカー?」と被害に気付いたら、まずはどんな行動をとれば良いのでしょうか。ここからは順を追って説明します。

まずは警察に相談する

ストーカー被害にあったら、まずは警察に届け出ましょう。警察に相談し、周囲のパトロールを強化してもらう、トラブルに巻き込まれないための知識を得るなど、現実的な対処法を知っておくと安心できます。

捜査が始まらないからといって警察に言わず、被害を泣き寝入りするのはおすすめできません。ストーカーの行動は全く予測できず、今日被害がなかったからといってストーカー行為が止むとは断言できないからです。また、付けられているだけだからと被害を過小評価する方もいますが、被害が自分だけでなく家族や周りの友人にも及ぶ可能性を考えておかなくてはなりません。

ストーカー本人と接触を避ける

ストーカーは何を目的に行っているのでしょうか。恋愛感情のゆがみが原因である場合が多いですが、妬み・恨みなどを根拠にストーカーする場合もあるでしょう。ストーカー行為に悩んだからと言って、また早く辞めて欲しいからと言って本人に直談判するのは絶対にやめておきましょう。ストーカー行為が過激になったりストーカー犯が逆上して危険な目にあったりするかもしれません。

また、ストーカー行為に怒り狂ったり、大声を出して威嚇したりといった過剰な反応も控えた方が良いです。さらなるトラブルを招きかねません。

一人行動をできる限りなくす

ストーカーがいてもいなくても、被害にあったら一人で行動するのは避けましょう。帰宅中などでどうしても一人になるシーンはあるかもしれませんが、明るい道を選んだり近距離でもタクシーを使ったりと、ストーカーと一対一になる場面を避けておくのが大切です。

「怖いな」と思ったら友人など周りの力に頼るのも一つの手段です。送迎をお願いしたり、一緒にいてもらったりして自分の身を守ってください。危険を感じたら店舗に入る、帰宅途中でも会社に戻るなど、対策をいくつか考えておくといざという時でも慌てず行動できるでしょう。

探偵に依頼するのはどんな時?

ストーカーは怖いけれど、でも「探偵に依頼するまでもないかも」と躊躇している方も多いです。探偵調査はそう頻繁に利用するものではないため、よく分からないと後回しにする気持ちもあるかもしれません。

そこで、探偵に依頼するのが好ましいシーンを集めました。チェックしていきましょう。

警察には届けたものの、ストーカーの身元が分からない

警察と探偵の違いはよく混同されがちではありますが、警察は実況証拠をもとに迷惑行為をやめさせたり逮捕したりできます。しかし、身元が分からないストーカー犯へは探し出してアプローチできません。

警察に届けるのはどんな時でも最初に行いたいものですが、ストーカーの身元が分からない時は、捜査しようがありません。その場合は探偵の調査によって、ストーカーを尾行したり張り込みで現場を押さえたりして、ストーカーの身元を突き止めるのが良いでしょう。

ストーカー犯の心当たりがない

ストーカー被害を受けても、誰がやっているのか分からない。全く心当たりがなく、どうしようもない時は当然警察も動けません。こんなシーンこそ、探偵の調査が役立てられるのです。

探偵の調査は個人では調べられないものをプロの力によって明かすもの。被害に悩む本人の人間関係やストーカーの現場を調べることで、ストーカー犯に近づいていきます。探偵調査の結果犯人が分かれば、証拠として警察に提出もできます。

探偵ではできないストーカー対策は?

繰り返しになりますが、探偵と警察には明確な違いがあり探偵は警察のように

・ストーカー犯に直接ストーカー行為をやめるよう指導する

・ストーカー犯を逮捕する

といった対策はできません。危険な目に合わないように依頼人の自宅周辺をパトロールして欲しいという対策も探偵はできますが、ストーカー犯を見つけてもその場でどうにかは出来ないのです。

あくまで探偵は「警察に届けるためのサポート」。警察に届けたけれど解決できないトラブルであれば、探偵のストーカー調査を効果的に使ってみると良いかもしれません。

まとめ

黙って見過ごせないストーカー。時期がくればストーカー行為もおさまるだろうと軽く考えていると、大きなトラブルに巻き込まれかねません。ご自身や周囲の方に影響が及ぶ前に、適切な対策をして被害を防ぐのがおすすめです。

まずは警察に届けた上で、ストーカー犯が誰か分からない場合やストーカー被害の証拠が欲しい時は探偵の力に頼りましょう。「自分だけで解決できる」と思わずに、専門家の意見を参考に慎重に行動することが大切です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn