証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

旦那の浮気が発覚…。離婚するかしないか、メリットデメリットで比較!

旦那の浮気が発覚したら、みなさんなら離婚をしますか?それとも関係再構築の道を選びますか?浮気で離婚する方は多いですが、いざという時自分ならどうするかを考える機会は、あまりありませんよね。

そこで今回は旦那の浮気が発覚した時、離婚するべきかしないべきか、メリットデメリットで比較してみました。夫婦の今後について悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

浮気するとどうなる?浮気によって請求できるもの

まずは浮気するとどうなるのでしょうか?簡単に、浮気が発覚すると請求・要求できることを知っておきましょう。

離婚を要求できる

浮気は貞操義務を破る行為なので、離婚事由になります。浮気を理由に相手に「離婚して欲しい」と訴えることは可能です。反対に「離婚したくない」と言うこともでき、相手はこれを拒否できません。

つまり離婚するかしないかは、すべて自分が決められる点を覚えておきましょう。

示談金や慰謝料請求ができる

浮気すると慰謝料や示談金を請求できます。浮気では相当な精神的苦痛を受けるので、これを金銭で賠償してもらえるのです。

浮気相手のことが分かっていれば、相手とパートナー両方に請求可能。慰謝料の相場は離婚する場合で100~300万円となり、示談金では話し合いの結果慰謝料よりも高額になることもあります。

ちなみに、慰謝料や示談金は離婚しなくても請求可能です。その後も浮気を許して家族として暮らす道を選んだ方でも、「けじめとして慰謝料は請求した」パターンはよく見られます。

浮気しても「離婚」しないメリット・デメリット

浮気しても離婚しない場合の、メリットデメリットを見ていきましょう。

離婚しないメリットとは

離婚で起こる面倒な手間が省ける

離婚するとなると、財産分与をどうするのか、家具や家電をどう分配するのか、様々なことを決めなければなりません。暮らす家を探すことも、住宅などのローンが残っていればどちらが返済していくのか、所有権はどちらにするのか、細かく話し合わないとならないでしょう。

離婚しないのであれば、これらの手間を省略できます。面倒に思わずすぐ日常に戻れるのが大きなメリットです。

自分が主導権を握って生活できる

浮気を許すことで、相手が深く反省していればその後の生活もあなたが主導権を握りやすいです。相手にはうしろめたさがあるので、強く主張するのも難しいでしょう。

夫婦関係が良好になる場合も

旦那がしっかりと反省して、家族との時間を大切にすると再認識できれば、浮気する前よりも絆が深まることもあります。ただ、「浮気を許せば旦那と仲良くなれる」わけではないので注意しておいてください。

離婚しないデメリットとは

精神的に苦しくなる、ストレスが溜まる

浮気した相手に対して、素直に許せるという方は稀です。何度も相手を恨み、怒りを抑えて話し合いをしなければなりません。離婚しない場合は毎日顔を合わせるので、精神的に苦しく辛い思いをする可能性が出てくるのがデメリットです。

一度浮気を「許す」ことになる

浮気を許し関係再構築をする夫婦は確かにいますが、互いの意思確認が重要です。実は見せかけだけの反省で、旦那が浮気を繰り返すこともあるでしょう。

例えその後浮気しなくても、常に相手の浮気を警戒してしまう…という方も多いようです。

その後「やっぱり離婚したい」という気持ちになることも

浮気を許したものの、やっぱり離婚したいという気持ちに数年経ってから思うこともあります。その際には一度浮気を容認しているため、浮気を理由に離婚は要求できません。

慰謝料請求には時効もあるので離婚しても当時よりも額が減ることも。自分の気持ちに偽りがないかどうか、しっかりと考えて行動したいものです。

浮気の結果「離婚」するメリット・デメリット

次は離婚するメリットデメリットをチェックしていきます。

離婚するメリットとは

再婚できる

自分も新しい人生を選びたい場合、離婚していると再婚が可能です。離婚しないうちはずっとパートナーと暮らさざるを得ませんが、その後再スタートを考えている時は離婚するべき、と言えるでしょう。

家族のためだけにお金を使える

浮気中は少なからず家族以外の浮気相手に対して、お金がかかっていたはずです。旦那と離婚できると、その無駄な出費がなくなり、家族のためだけにお金を使えるでしょう。

精神的に楽になれる

最大のメリットは精神的に楽になれることです。浮気されると相手に怒りを覚え、恨んでしまうのは当然のこと。ですが、離婚すれば自宅でもパートナーの顔を見ることもなく、精神的に安定します。

離婚するデメリットとは

父親がいなくなる

夫婦に子供がいた場合、旦那と別れることで子供から父親がいなくなります。養育費の支払いを取り決めていたとしても、一人で育児を担うことになるのは大変ですよね。

ただ、離婚しなくても夫婦仲が悪化し子供に影響を及ぼすときもあります。離婚は夫婦の問題ですが、子供のことを第一に考えて行動することも大切です。

経済的に苦しくなることも

これまで専業主婦だった方は、離婚することで仕事を探さなくてはなりません。子供がいれば養育費を旦那に請求できますが、自分の生活費は相手に要求できません。

慰謝料や示談金も視野に入れるとプラスになる場合もあるでしょう。離婚に踏み切る前に、「別れたらどのような生活になるか」はしっかりシミュレーションしておくことで、スムーズに新生活を始められます。

まとめ

浮気によって離婚するかどうかは、夫婦の数だけ選択肢があります。離婚しなくても別居を選ぶ方もいますし、離婚しても父親として旦那と今後も付き合う方もいるでしょう。

ただ、どちらを選ぶにしても「浮気の有無」「浮気の証拠」は大切です。事実をもとに二人で話し合うことで、より建設的にその後の話を進められます。

浮気の証拠を掴みたい方は、自分だけで揃えようとせず探偵や興信所に相談を。調査機関で得られた証拠だと、示談や調停・裁判の場でも活用できます。悩んでいる方は、まずは調査のプロに頼ってみてはいかがでしょうか。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn