証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵の浮気調査の費用はどのくらい必要?料金の仕組みを徹底解説

パートナーの浮気が許せない、どうしても事実を突き止めたい!そんな思いを実現し、相手に慰謝料や離婚を要求するために役立つのが浮気調査です。浮気調査は探偵で依頼できますが、これまで探偵を利用したことのある方は少ないでしょう。

そこで、今回は浮気調査の依頼を迷っている方に向けて気になる費用・料金の仕組みをご紹介します。どの程度費用が必要になるのか、この記事を参考にしてみてください。

探偵の浮気調査にかかる費用とは

早速、探偵の浮気調査にかかる費用を見ていきましょう。

10万~100万円以上と費用には幅がある

「どのくらい用意すればよいのかな?」と悩む方もいるかもしれませんが、探偵の浮気調査料金は一概に「この程度」とは言い切れません。なぜなら、安いものだと10万円程度、高いと100万円をこえることもあります。費用には幅が大きいことを頭に入れておきましょう。

なぜここまで費用に幅が出るのかというと、浮気調査の難易度や期間によって料金が変わるからです。また、料金の設定は業界で相場が決まっているわけではなく、各社が決めています。例えば同じ調査期間で難易度も同等だったとしても、A社だと80万円、B社だと60万円と異なることもあるのです。大きな差を出して例えましたが、数十万円ほどの違いはよくあるパターンです。

後ほど説明しますが、料金の仕組みである体系も各社で異なります。浮気調査と一口に言っても料金・費用でここまで差が出ることは依頼前に知っておきたいですね。

H3平均でどのくらいかかるのか

各社で異なる浮気調査の費用。だからと言って見積もりするまで料金が予測できないわけではありません。各社で差はありますが業界の「常識的な範囲」は定まっているので、ご自身の予算を立てる際に役立ててみましょう。日本探偵業協会では、探偵や興信所にアンケートを行い素行調査・浮気調査の1時間あたりにかかる料金平均を算出しています。以下をご覧ください。

 【調査員2名の場合】*諸経費別 
2.0万円以上~2.5万円未満36%
1,5万円以上~2.0万円未満28%
1.0万円以上~1.5万円未満24%

引用元:https://www.jda-tokyo.jp/14729225827125

結果を見ると、ほとんどの探偵・興信所は1時間あたりの調査で1万円以上かかると答えています。

水準が1時間1万円以上と考えておけば、実際に探偵の見積もりで料金を提示されたときに「水準よりも安いか低いか」が分かるでしょう。安ければ良いわけではなく、また高ければ丁寧に詳しく調べてもらえるとは限りませんが、費用で悩んだときは参考にしてみてください。

浮気調査の費用内訳

浮気調査の費用には何が含まれているのか、ここからは解説します。

人件費

まずは人件費です。浮気調査には調査員が稼働するので、この調査員を動かすための費用が必要です。調査員はほとんどの場合単独で動くことなくチームを組みます。2~3名体制で行うことが多いので、参考にしてみましょう。

1日あたりで人件費が決まっているのか、それとも時給換算なのか、一つの調査で人件費はすべて一律なのかは各社で異なります。浮気調査の費用の中で多くを占めているのが、この人件費です。

経費

移動した時の交通費や出張調査した時の宿泊費など、調査にかかった経費も内訳に含まれます。浮気調査だと「出張先を調べて欲しい」「単身赴任先で調査を行いたい」場合があるかと思いますが、遠方調査だと特に交通費・宿泊費がかかるでしょう。

また、調査手段にもよりますが探偵が所有している機材を使えば、機材の使用費が発生することもあります。経費はケースバイケースなので、一度見積もりを取った際に疑問があれば詳しく聞いておくようにしましょう。

手数料

手数料とは、調査を終了した際にその経緯や結果をまとめた「調査報告書」を作るための料金です。調査報告書は探偵調査を依頼する上でとても重要な書類で、調査の結果浮気が発覚すれば報告書そのものが浮気の証拠になります。示談はもちろん調停や裁判でも活用でき、調査報告書によって浮気が証明された判例も残されているほど。

手数料は各社で差がない料金です。この他に料金がかかることももちろんありますが、大きく分けると浮気調査の費用はこの3つに分類できます。

浮気調査の費用を抑えるには?

同じ調査を行うのなら、A社とB社で料金に差がある場合もちろん安い方を選びたいですよね。ここでは浮気調査の費用はどうすれば安くなるのか、説明します。

適した料金体系の探偵を選ぶ

浮気調査の料金は

・時給、日給型プラン

・パック型プラン

・成功報酬型プラン

と大きく3つの料金体系に分かれます。

もしピンポイントで「この日だけ調べて欲しい」のであれば、時給や日給型プランの探偵を選ぶと安くなるでしょう。パック型や成功報酬型だと、長い目で見れば1日あたりの費用は抑えられるかもしれませんが割高に感じやすいです。

反対に、どのくらい時間がかかるか分からない、予測できない場合は時給や日給で費用が決まる料金体系は高くつきます。成功報酬型のように成果が出たら料金を支払うものや、ある程度の日数をまとめて調査してくれるパック型の方がお得です。

事前に情報を集めておく

どの料金体系の探偵を選ぶにしろ、安く抑えるなら

・期間は短く

・調査はすぐに証拠が集まるような簡単なもの

この2点が大切です。

調査がスムーズに進むよう、事前にパートナーが浮気しそうな日や、浮気相手の情報など知っていることをまとめて探偵に渡しておきましょう。

証拠があるからといって、確実に安くなるわけではありません。ですが、成果はあった方がもちろん良いですし、早く調査結果が出た方が良いに決まっています。自分で深追いして調べるのは危険ですが、探偵の調査がやりやすくなるように情報をまとめておくのは大切です。

何社か見積もりをとり比較検討する

例えA社が「うちは安いですよ」と言っても、A社以外の調査料金を知らなければ比較検討できません。探偵に調査依頼する経験はそうないため、料金が水準よりも高くても「そういうものなのか」と納得してしまう方は稀にいます。

防ぐためには何社かの見積もりを取り、その中で比較検討しましょう。目的や先ほど説明した料金体系、探偵の対応などを見て自分に合ったところを選びたいですね。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn