証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵に調査依頼したい!正しい選び方を徹底解説

個人で解決できないトラブルを、調査によって解決のお手伝いをしてくれる探偵。探偵や興信所は各地に存在しますが、これまで「依頼したことがある」方は少ないでしょう。

いざ探偵調査を依頼する時に、どの会社にすればよいのか迷うケースは多いです。そこで今回は、正しい探偵の選び方をご紹介します。探偵調査を依頼しようか検討している方は、ぜひ参考にしてください。

探偵の選び方その1「探偵業法」を守っている探偵を選ぶ

探偵に調査依頼する前に、依頼側も知っておきたいのが「探偵業法」です。2007年に制定されたこの法律は、探偵がどう営業するのか、調査方法や調査の目的などを定めています。

探偵業法に違反している探偵・興信所は選ぶべきではありません。

「探偵業届出証明書」を確認

探偵業法によって、すべての探偵・興信所など調査機関は営業開始する際に公安委員会(警察)に届け出を行うことが義務付けられています。届け出すれば「探偵業届出証明書」が発行されますが、これは事務所の分かりやすい場所に掲示、サイトに番号を公開しているので確かめられるはずです。

届出証明書がない場合は、探偵業法違反が疑われます。依頼する前に必ずチェックしておきましょう。

見積もりや調査の報告は的確かどうか

依頼前に料金に見積もりをしますが、料金の見積もりに不安な点はないでしょうか。明朗会計も探偵業法で定められていることであり、あまりにも安い料金で見積もって実際には高額な請求が来る、といった事態を防げるようにしてあります。

探偵調査は最後に調査報告書を受け取り終了ですが、調査報告書のサンプルも可能なら見せてもらいましょう。調査したものの報告がずさんだと、結局役に立たない場合も考えられるからです。

探偵の選び方その2営業場所で選ぶ

次は探偵の所在地で選ぶ方法をご紹介します。調査内容によって異なるので、自分の目的に合った探偵を選ぶようにしましょう。

自宅近くの通いやすいところを選ぶ

一度契約すると、事前相談と打ち合わせ、契約と報告書の受け取りなど何度か事務所に通うこととなります。直接面談や打ち合わせの可能性が高い素行調査や人探し調査の場合は、自身の通いやすさで選ぶのも一つの手段です。

調査対象エリアにある探偵を選ぶ

ただ、自宅近くのエリアで選ばない方が良いケースもあります。それが、「パートナーの単身赴任先で起こる浮気を調べたい」や「遠く離れた家族の素行を調べたい」といった調査です。

遠方での調査に経験があったり支店から調査員を派遣できるところだと良いのですが、探偵は土地勘がとても重要。調査の精度にもかかわるため、調査対象となるエリアに詳しい探偵を選べるとベストですね。打ち合わせはリモートで行うなどすると良いでしょう。

探偵の選び方その3料金で選ぶ

探偵に依頼する際に気になるのが料金ではないでしょうか。「安ければ安いほど良い」わけではありませんが、調査に支払える予算を設定し予算内で収まる料金設定の探偵を選ぶのがポイントです。

探偵調査料金の仕組みを知る

探偵調査の料金設定は、各営業所に采配がゆだねられています。そのため、探偵によって料金はさまざま。しかし料金の仕組みはある程度決まっているので、調査内容と照らし合わせて選びましょう。

例えば成果ができるかどうかわからず、どのくらい期間がかかるか分からない調査は「成功報酬型」を選ぶのがおすすめです。短期間で成果が出そうなら、「時給型」の料金プランだとお得に感じるでしょう。

見積もりは複数社とる

相場額は一概に言えませんが、ある程度業界で調査料金の相場は決まっています。しかし、その料金感が分かるのは1社だけに見積もりするのではなく、複数社に見積もりを取って比較するのが重要なのです。

料金の見積もりは1社だけでなく、2~3社見積もりを取り比較検討するのがおすすめです。2社を比べてみることで、選ぶ会社が安いか高いかどうかを判断できるでしょう。

探偵の選び方その4雰囲気や相性で選ぶ

探偵を選ぶのに調査力は当然として、料金や立地で決める方は多いです。しかし、もう一つ大事にして欲しいのが探偵とあなたとの相性です。気持ちよく調査を依頼できたら、調査の満足度を上げられますよね。何度か調査員や相談員とは対話するため、あなたにとって「悪い印象を与える探偵」は選ぶべきではありません。

親身に話を聞いてくれるかどうか

最初の決めては親身に話を聞いてくれるかどうか。無料で相談をすることができますが、どの程度時間や内容を打ち明けられるかは探偵によって異なります。繁忙期だとしても、あまり話を聞いてくれず事務的な対応を受けたら選ぶべきではありません。忙しいことは、依頼主の対応を雑にしてよい理由にはならないからです。

調査前にはさまざまな疑問がありますよね。それを一つずつ丁寧に聞いてくれ、質問に答えてくれる探偵を選びましょう。自分にとって「感じが良いな」と思えば相性も良い証拠と言えます。

事務所の雰囲気は明るく感じの良いところかどうか

事務所に直接出向くことがあれば、雰囲気が明るく感じの良いところかどうかをチェックしましょう。もちろん古い探偵だと良くないわけではありませんが、乱雑な印象を受け散らかった場所だと、調査内容にも疑心的になります。

最近では「探偵事務所」という怪しくて暗く、ひっそりとしたイメージをあえて払拭する内装のオフィスが増えています。まずは実際に相談に行ってみて、「ここに頼みたいな」と思ったら選ぶと良いでしょう。

口コミで探偵を選ぶ場合は注意!

今回は「口コミでの選び方」をおすすめしませんでした。ネット上には口コミサイトやまとめサイトがあり、中には探偵や興信所の評判が閲覧できます。当然悪い評判の場所は避けた方が無難ですが、悪い点が一つもなく褒めてばかりの口コミは、もしかするとサクラの可能性もあります。

口コミを基準に選んでも良いのですが、一度考えたいのは例え口コミや周囲から評判の良いところでも、ご自身と合うかどうかは分からないのです。どうしても周りの意見や口コミを信じたい場合は、やはり最初は相談から始めて検討すると良いでしょう。ネット上の口コミの真偽と、自分の目的や相性と合うかどうか、この2つをしっかり考えて探偵を選んでみてくださいね。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn