証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

どこからが浮気?浮気のボーダーラインを徹底解説!

芸能人夫婦でも報道される浮気。浮気の話は決して他人事ではなく、結婚している方であれば一度は相手の浮気を疑ったり不安に思ったりするかもしれません。また、結婚していない方でもパートナーの浮気は気になるところですよね。

では、浮気は「どこから」なのかはご存じですか?今回は浮気のボーダーラインを詳しく解説します。パートナーの浮気に悩んでいる方は参考にしてみてください。

どこからが浮気?浮気の定義は決まっていない

まずはどこからが浮気なのかを考えてみましょう。みなさんはどのようなイメージを持っていますか?二人きりで出かけたら、キスをしたら、手をつないだら。さまざまなボーダーラインが思い浮かびますが、どれも正解です。実は浮気の定義は決まっておらず、人それぞれ基準は異なるのです。

結婚していないカップル同士の浮気であれば、「異性としゃべっただけで浮気」と決め付けて関係に影響が出ることもあるでしょう。ただ、ひとつ気を付けておきたいのが交際から結婚へと進展したとき、もしくは長年世帯を共にしていて事実上の婚姻関係にある夫婦であった場合は、浮気の定義は決められています。この場合は浮気よりも「不倫」という言葉を使うことが多いです。また、男女によっても浮気の定義は異なると言われています。

女性が考える浮気のボーダーライン

女性の考える浮気のボーダーラインは割と低いと言われています。というのも、交際中は女性側が一途になり浮気する割合は少ないのですが、比較すると男性は浮気する方が多いのです。

そのため、「手をつなぐなどの肉体的接触は浮気」「二人きりで会ったら浮気」と厳しく考える方も多いのだそう。気持ちが移ったらそれは明確な浮気ではありますが、移ったことを示唆するような行動自体が浮気だと認識されることが多いです。

男性が考える浮気のボーダーライン

次は男性が考える浮気のボーダーラインを見ていきましょう。男性側にも考えはさまざまですが、「夜間に飲食目的以外で会うと浮気」といった意見が見られました。食事だけでは例え男女二人きりであっても浮気とは考えないそうですが、夜に男性と一対一で会うとなると、肉体関係に発展する可能性は高いです。すると、浮気と認識する方は多いみたいですね。

男女でも浮気に対する考え方は異なりますが、では夫婦の浮気はどういったボーダーラインが敷かれているのでしょうか。夫婦とは「社会的な立場」を与えられた関係であるため、浮気=不倫が発覚するとペナルティが生じます。次は、夫婦間の浮気のボーダーラインを見ていきましょう。

どこからが夫婦の浮気=不倫なの?

夫婦には互いに貞操義務があります。貞操義務とは、配偶者以外の異性とは関係を持たない、持った場合は民法上の不法行為に当たるという意味です。では、不倫の定義とはどのようなものなのでしょうか。チェックしていきましょう。

「性交渉があること」が前提

夫婦の浮気のボーダーラインは明確で、「肉体関係=性交渉を伴う男女の関係」であれば浮気となります。法律上で浮気は「不貞」と呼ばれ、不倫カップルが性交渉をする行為そのものを不貞行為と呼びます。

そのため、極端に言えば手をつないだり、夜間に浮気相手と二人きりで出かけたりしても、浮気にはなりません。ただ一つ、性交渉ならびに性交渉を匂わせる疑似行為があれば、不貞とみなされます。

当然ですが強姦などで無理やり性交渉した場合は不倫にはなりません。互いに夫婦間の浮気、不倫であるとの認識があり、二人の合意のもとで性交渉に及べば、不倫となります。

夫婦の浮気はなぜいけないの?

カップルの浮気の場合、何かペナルティが課せられるわけではありません。二人の関係に影響が出るだけで、例えば慰謝料の請求や「今後浮気を絶対にしない」と制約させられるわけではないのです。しかし、夫婦の浮気はこの限りではなく、発覚すると関係に大きな影響が及びます。

浮気すると慰謝料が発生する

「妻」「夫」という相手の社会的立場を脅かす行為なので、浮気は相手に精神的苦痛を与えるものと考えられています。これを理由に、浮気された側は慰謝料請求が可能です。

慰謝料は年収などの支払い能力や、浮気した期間や頻度、浮気によって妊娠したかどうかなどで額が大きく左右されますが、請求額の相場は100~300万円となっています。配偶者だけでなく浮気相手にも請求可能で、浮気した配偶者・浮気相手が連帯責任となって賠償しなくてはなりません。

浮気は離婚する理由になる

浮気をされても、離婚する時は「双方の合意がないとできない」のかというとこれは違います。浮気が発覚した時点で浮気した側は有責配偶者となり、有責配偶者からの離婚拒否や離婚請求は基本的に認められなくなるのです。また、夫婦の浮気は今後の関係を継続しがたい重要な出来事であるため、浮気を理由に離婚請求は可能です。

親権は基本的に母親につくことが多いですが、妻が浮気をして家庭をないがしろにして育児放棄をしている場合は、親権も浮気をされた側に認められる可能性も高くなるでしょう。このように、決められたものだけでも浮気のペナルティはさまざまあります。

このほか、浮気したことが周囲に知られてしまうと仕事をやりにくく感じたり、人間関係に影響が出たりすることもあるかもしれません。カップルの浮気と異なり、夫婦の浮気にはさまざまな制約と明確な基準が設けられていることに注意しておきましょう。

まとめ

夫婦とカップルのどこからが浮気なのか、そのボーダーラインをご紹介しました。意外と「浮気の範囲は自分で決めて良い」と考えていた方は多いのではないでしょうか?結婚すると浮気=不倫の範囲は明確に定められているため、注意しておきましょう。

また浮気が発覚すると慰謝料請求や離婚を切り出すなどが可能ですが、いずれも「浮気をしている確固たる証拠」がないと話は進みません。決して浮気を見過ごすことのないよう、証拠を揃えて自分が有利な立場で話し合いできるようにしましょう。

浮気の証拠は探偵や興信所で浮気調査を依頼することで揃えられます。気になる方は、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn