証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

探偵は知っているけれど…。興信所とは?探偵と興信所の違い

配偶者の浮気を知りたい、家出をした家族の居所を調べたい、嫌がらせやストーカーの証拠を掴みたい…。自分だけではどうしても調べきれず、また警察の捜査が始まる決定的な事実もない場合に利用できるのが探偵です。

ただ、探偵は知っているけれど「興信所」って何?と疑問に思った方はいないでしょうか。今回は探偵と興信所の違い、両社に依頼できることなどを詳しく解説します。

探偵と興信所の違いとは?

探偵調査を調べてみると、出てくるのは「探偵」「興信所」の文字。みなさんはどちらを選べばいいのか、悩んだことはありませんか?

探偵と興信所は名前は異なるものの、どちらも調査機関で間違いがありません。どなたでも探偵と興信所を利用することができます。

では、なぜ探偵と興信所は名前が違うのでしょうか。これは、かつて興信所は企業相手を中心に営業を行っていました。企業調査などをするのが興信所であり、対して探偵は個人を相手に調査をしている過去があります。その名残のまま現在に至っているわけですが、今では両社に違いはありません。

単純に名前が異なるだけなので、興信所だから「企業調査が得意」というわけでもなく、また探偵だから「個人が依頼しやすい」というわけでもありません。単なる名前の違いだと認識しておきましょう。

探偵・興信所に依頼できる調査

探偵や興信所に依頼できる調査を、ここからは見ていきましょう。どちらも個人・企業単位で依頼できます。

浮気調査

まずは浮気調査です。探偵や興信所に届く依頼の中で、最も多いとも言われています。浮気調査は主に配偶者の不倫を調べるために行われるもので、浮気の有無だけでなく確固たる証拠や浮気相手の情報も同時に調べられるのが特徴です。

浮気調査の結果をどう利用するかは依頼人によってさまざまですが、裁判で浮気の有無を争う際に証拠として扱えます。

結婚調査

結婚調査は婚約者に対して、事前に聞いていたプロフィールと相違ないかどうか、仕事はしているのかなどを確かめるために利用されます。結婚を決めるような相手だからこそ、知らないことはないのでは?と思う方もいるかもしれません。ですが、最近ではSNSやマッチングアプリで知り合うカップルも多く、婚約者でも知らないこと・知っておきたいのに教えてもらえないことも増えています。

一度結婚すると、双方の同意なくして離婚はできません。また離婚は戸籍にも残る重大な決定です。結婚後の生活をよりよくするため、または親族・家族からの信頼を得るために結婚調査を行う方もいます。

素行調査

素行調査とは調査対象者の人間関係や、普段の行動など素行を調べるものです。企業がきちんと業務にあたっているか従業員を調べることもありますし、遠方に住んでいる家族の素行を調べることもあります。素行調査はあらかじめ行動パターンや居所が分かっている人物を対象にするので、比較的難易度が低く短期間で済む調査と言えるでしょう。

人探し調査

文字通り人探しをする調査です。家出した家族・親族や行方不明になった方を調査しますが、まずは対象者がどこに住んでいてどんな行動をしているのかから調べる必要があるので、人探し調査は長期間にわたることが多いでしょう。

また人探し調査の場合、ストーカー犯やDVを理由に別れた相手を探し出す手段として悪用するケースも見受けられるので、探偵・興信所では人探し調査の目的を詳しくヒアリングしてから行われます。

嫌がらせ・ストーカー調査

嫌がらせやストーカー調査も、興信所・探偵では依頼できます。ストーカー行為に悩んだら警察へまずは相談に行きますが、必ずしも捜査がすぐ開始されないことを頭に入れておきましょう。そのため、ストーカー調査ではストーカー行為の証拠を調べておさえます。

ストーカー犯が誰かが特定できれば、犯人の素性調査も行えるでしょう。探偵・興信所にはストーカー本人を逮捕・補導する権限はありませんが、問題の解消に向けて証拠を集め手伝うことはできます。

信用調査

大きな取引を企業が行うときや、情報の少ない企業と一緒に仕事をする場合、相手方の企業の実態が気になることがあります。このとき、探偵や興信所では経営状態や本当に実在するのかどうかを調べる信用調査が依頼できるのです。

信用調査は先ほどもお伝えしたように、昔は興信所が主に引き受けていました。現在では探偵と名前の付く調査機関でも信用調査は可能なので、間違いのないよう目当ての調査会社を選んでみましょう。

盗聴器や盗撮機探し

盗聴器や盗撮機は、企業や店舗に仕掛けられているイメージが強いかもしれません。ですが、現在では一般家庭や一人暮らしの部屋にも盗聴器被害は広がっています。市販品で盗聴・盗撮を調べられるツールも入手できますが、探偵・興信所では本格的な機材できちんと調査できます。

また、探偵や興信所ならではの経験で盗聴器がある場所を推測できるので、個人では見つけられなかった盗聴器・盗撮機を発見したケースも。引っ越しや会社移転の際に利用する方が多いです。

探偵と興信所はどちらを選ぶべきか

最後に探偵と興信所、どちらを選ぶべきか考えてみましょう。前述の通り、二つの違いは名前が異なる点のみとなるため

・自宅から近いところや調査範囲エリアにある探偵、興信所を選ぶ

・予算に合う料金のところを選ぶ

・実績や目的にあった調査を行うところを選ぶ

などで決めるのがおすすめです。興信所と探偵は料金にも違いがなく、興信所だから高い、探偵だから安いというわけでもありません。また、どちらも無料で相談・見積もりができるところがほとんどなので、まずは訪れてみて雰囲気を確かめるとよいでしょう。

まとめ

興信所とは何か、探偵との違いをご紹介しました。名前が異なるだけで、二つの会社の調査できることや料金、特徴は同じです。どちらに依頼するかで悩んでいる方は、「探偵だから依頼する」のではなく自身の目的・金額や会社の雰囲気相性などで決めてください。相談は無料でできるので、まずは問い合わせから始めてみるのもおすすめです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn