証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所の身元調査はどこまで分かる?「探偵業法」を基準に解説

興信所・探偵で依頼できる身元調査。調査対象者の住所や名前といった基本的なプロフィールだけでなく、素性や周囲からの評判など、個人では分かりえない部分まで調べてもらえます。

結婚相手を調べたり、ビジネスにかかわる仕事関係者や親族を調べたりするのに使う身元調査ですが、果たしてどこまで分かるのでしょうか。今回は身元調査で分かること、分からないことを解説します。

身元調査はどんな時に利用するの?

まずは身元調査の実例をご紹介しましょう。

結婚相手に不審感が。結婚してもよいかどうかを確かめる

相手からプロポーズを受け、結婚を決めたカップル。しかし、婚約したもののなかなか話が進まなかったり相手の親族を紹介してもらえなかったり、本人に面と向かっては伝えられないけれど「なんだか引っ掛かる…」と悩んだら身元調査で問題を解決できるケースがあります。

婚約者が、普段会わない時は何をしているのか、異性遍歴や浮気癖・浪費癖を身元調査でチェックします。婚約者に対して行われる調査は「結婚調査」「婚前調査」と名前がついていて、専門的に行っている興信所もあるようです。

浮気相手に慰謝料請求したいから

配偶者の不倫が発覚して慰謝料請求をしたい、となった時、配偶者にはもちろん浮気相手にも支払い義務が生じることがあります。しかし、浮気の事実は分かっても浮気相手の名前や住所、勤務先を知らない方は多いです。慰謝料請求のためには内容証明郵便を送付しなければならないので、浮気相手の名前と居所を知っておくことが前提となります。

そこで、身元調査で浮気相手の素性を調べることも。一般的には「浮気調査」の名前で知られていますが、浮気調査も身元調査のひとつです。

子供の親権や養育費問題を解決したいから

子供の親権を巡って争っているとき、「相手に親権を得る資格がない」という情報はなかなか集めにくいです。そこで親権を取れるための証拠を身元調査で揃える方もいます。

もう一点は養育費の問題。支払いが滞り相手と連絡を取ろうとしても、住所は変わって勤務先も変わっていれば「相手がどこにいるのか分からない」となりますよね。身元調査で元婚約者の情報を得て、養育費の支払いを請求する方も多いです。

従業員に黒い噂が。事実を確認したいから

従業員が勤務を放棄して遊んでいる、休業申請や労災休暇を取得中だが「偽っている」と噂がある。放置していると企業全体のイメージダウンや運営にまでかかわってくることなので、早く問題解決をしたいと考える方は多いでしょう。

しかし、社員の調査は相当なリソースが必要です。通常業務をこなしながら行うのは現実的ではないため、代わりに興信所が身元調査でリサーチすることもあります。

身元調査で分かることとは?

以上の例を見ると分かるように、身元調査ではターゲットの詳しい部分まで調べることができます。具体的に何が分かるのかをまとめました。一緒にチェックしていきましょう。

・周囲からどういった評判をされているのか

・ターゲットの異性関係や交友関係

・勤務先と勤務態度など

・離婚歴など

・家族関係は良好かどうか

・浪費癖や浮気癖など、素行に問題はないかどうか

・借金している様子はないか

調査目的に合わせて調査内容は変わってきますが、以上のようなことが身元調査で分かります。

身元調査でも分からないこととは?

反対にいくら興信所の身元調査でも、分からないことや調べることを禁止されているものもあります。

・対象者の国籍、出生地

・具体的な借金の金額

・貯金残高

・信用情報(前科など)

これらはすべて「探偵業法」と呼ばれる探偵や興信所が守るべき法律に則って決められています。

身元調査にかかわらず、すべての興信所・探偵の調査は「犯罪」「差別」にかかわるものは調べられません。出生地や国籍は差別に関連することとして扱われているので、調べられないのは理解できますよね。このほかにも、例えば「別れた結婚相手の住所が知りたい」という場合は、もしかすると依頼人のDVが原因で離婚し相手が故意に隠れているにもかかわらず、興信所を利用している可能性があるかもしれません。そういった犯罪につながる調査は依頼できません。事前に審査を行ったりやり取りで不審な点があったりすると、断られることもあります。

身元調査の料金とは、安く済ませる方法も

調査の料金は業界全体で一律として決まっているわけではなく、各営業所が設定します。そのため確実に「○万円かかる」とは言い切れません。

ただ、どの調査にも言えるのは

・調査が長引く

・調査が難しく機材や調査員が多数必要

となれば高額になるでしょう。興信所・探偵にもよりますが、しっかり長期的に調べた場合100万円以上の料金になることも考えられます。

以上を踏まえて、どうしたら安くなるのかを考えてみましょう。

調査に使える情報をできる限り用意しておく

身元調査だとターゲットの普段の生活ぶりや行動パターン、勤務地やよく訪れる場所など知っている限りの情報があると、調査がスムーズに進みます。必ずしも調査が短縮できるとは限りませんが、知っている情報は分かりやすく整理しておき、興信所に伝えるようにしましょう。

調査する期間を絞る

闇雲に調査をしたところで、情報が得られないこともあります。例えば従業員に対する身元調査なら、「外回り営業中」「就業時間のみ」と限定して調査することで無駄を防げるでしょう。結婚調査であれば、相手と会わない日を指定すると素性が分かりますよね。

もちろんしっかり調べたい場合は調査期間を絞ることで成果が得られない可能性もあります。自分では判断付かない場合は探偵・興信所に聞いてみて、調査する日を一緒に決めるとよいでしょう。

まとめ

身元調査では想像以上に深いところまで相手を知ることができます。ですが、身元調査では何もかもが分かるわけではなく調べられないことや探偵業法によって禁止されている点もあるので十分注意しましょう。また、もし違法な調査を行っている興信所があれば、避けて依頼を検討するのもおすすめです。

自分にあった興信所・探偵を見つけて、自分だけでは解決できないトラブルを解消していきましょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

⇒素行調査の詳細ページはこちら

⇒結婚調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn