証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所の「結婚調査」。何が分かる?結婚調査を依頼する際のポイントとは

興信所・探偵にある調査項目の中で「結婚調査」があります。これは、結婚を予定している相手と本当に入籍してよいのかどうか、相手の素性を調べるものです。

少し前までは富裕層や家柄を重んじる家庭で利用されているイメージが強かったのですが、最近では結婚調査は一般層にも広まっています。今回は意外と身近な存在である結婚調査を詳しく解説します。

結婚調査はなぜ必要?

婚約者の素性を調べる結婚調査。意外とニーズがあるとはいえ、「なぜ結婚相手なのに調査するんだろう?」と思う方もいるかもしれません。恋人であるために相手のことは詳しく知っているはずなのに、わざわざ興信所を使う理由が知りたいですよね。

まずは、結婚調査の必要性を考えてみます。

ネット上やアプリで知り合い、基本情報が分からないから

恋愛の形は人それぞれ。実際に知り合って交際を経て、結婚するという一般的な形のカップルもいれば、マッチングアプリやSNS、ネットゲームなどを通じて結婚相手と巡り合う方もいます。

ネット上やアプリで知り合うと、最初は本名も知らない状態からスタートしますよね。いざ結婚を考えたときに、こちらが知っている相手の情報が少なく判断に迷うケースも考えられるでしょう。結婚調査では、相手の本名や事前に聞いていたプロフィールと相違ないかどうかをチェックできます。

相手の言動や雰囲気に気がかりな点があるから

なんとなく相手のことを怪しく思っても、婚約している手前なかなか言い出せないこともあります。「もしかして二股をかけられている?」「実は結婚する気がない?」など、些細な点でも見逃すと取り返しのつかないケースもあるでしょう。離婚しているとは聞いているけれど、子供はいるのか養育費の支払いはあるのかどうか、今後の生活にも影響する相手の情報は事前に知っておいたほうがよいです。

相手に面と向かって確認できないことでも、結婚調査なら秘密裏に調べられます。結婚後、ミスマッチがあれば離婚できるものの、離婚は双方の同意がなければできません。トラブルに巻き込まれないよう、事前に調査しておくと安心でしょう。

家族や親戚が結婚を反対しているから

家族や親族が結婚を反対している場合、特に先ほどご紹介したネット上での出会いなどでは、家庭によっては理解がなかなか得られないときがあります。結婚とは他人同士だった人間が一緒に暮らし、その親族との結びつきも作るもの。周りから祝福されるために、結婚調査を利用する方もいるようです。

結婚調査で分かることとは?

結婚調査ではどんなことが分かるのでしょうか。まずは興信所の調査で判明することを解説します。

婚約者の生活ぶりや評判など

婚約者が休日に何をしているのか、また交友関係や周囲からの評判を調べます。生活スタイルなどを調べることで、ちゃんと仕事に就いているのかどうかが分かるでしょう。周囲からの評判は友人などに聞き込みを行うことで分かります。

聞き込みは結婚調査の基本的な調べ方のひとつですが、婚約者本人に興信所が直接聞き込むことは少ないです。確実な情報が掴める代わりにリスクが高く、婚約者に調査がバレることもあるため注意して調査を進めていきます。

婚約者の素性、既婚歴など

基本的なところですが、住んでいるところや勤務地も結婚調査では分かります。中には勤務先を偽っていたり、婚姻歴を隠していたりするケースもあるのでこの調査はとても大切。

特に既婚歴は人によっては隠したまま結婚することもあります。戸籍を見ると分かるのですが、その場合は「離婚原因はなんだったのか」「子供はいるのか」も合わせて知っておきたいですよね。このような素性を結婚調査では知ることができます。

婚約者の勤務先での態度や将来性など

勤務先での態度、将来出世するかどうかの可能性も、興信所の調査では分かるでしょう。もちろん結婚前の状態なので、調査の結果将来が確約されるわけではありません。ですが、結婚に対して心配している家族や親族を安心させる材料にもなるので、職場での評判や普段は見られない勤務態度をチェックしておくことをおすすめします。

異性関係や金銭トラブルなど

浮気や二股をかけていないか、また借金の可能性やギャンブルなどの趣味はないかどうかをチェックします。異性関係は婚約者の情報において特に重要視され、中には「既婚者であるのに結婚を予定していた」という場合もあるので注意が必要です。

このほか、事前プロフィールでは隠していた情報や、学歴などの詐称が結婚調査では分かります。結婚後の生活に影響が出ない嘘なら見過ごす方もいるかもしれませんが、そもそも「なぜ嘘をついていたのか」は確認しておいた方がよいです。結婚後のトラブルを避けるためにも結婚調査をうまく利用しましょう。

結婚調査で分からないこととは?

結婚調査では、分からないこともあります。

・婚約者の出生地や国籍

・預貯金残高や借入額

・犯罪歴など

まず出生地や国籍ですが、探偵や興信所では差別・犯罪につながる恐れのある調査は引き受けられません。出生地や国籍で差別をし、婚約破棄をする可能性もぬぐえないため、結婚調査では以上の情報は調べられない点を頭に入れておきましょう。

また、正確な資産や貯金残高は銀行などで照会しなければなりません。興信所にはその権限がないため、調べられないこととなっています。ただ、前述の通り「消費者金融を利用していることが分かった」「パチンコなどギャンブルに没頭している」「浪費癖がある」といった情報は得ることができます。

最後に犯罪歴は、警察署で前科を閲覧できますがこちらも探偵・興信所には権限がありません。結婚調査は詳しく婚約者のことが分かるものではありますが、調べられないものもあることは覚えておきましょう。

まとめ

婚約者を調べる結婚調査。最近では恋愛の形が自由になっているために、相手の情報が不足したまま結婚を考えるカップルもいます。本人に面と向かって聞けない不信感は、興信所の結婚調査を利用して不安を取り除きましょう。

気になる方はまずは結婚調査の相談から始めてみるのがおすすめです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒結婚調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn