証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所で依頼できる「身辺調査」。かかる料金や依頼する際のポイントとは?

興信所・探偵ではさまざまな調査が依頼できます。その中でも私たちにとって身近な存在が「身辺調査」です。名前だけは聞いたことがあるけれど、身辺調査は一体何をするものなのか、どの程度料金がかかるのか分からない方も多いかもしれません。

そこで今回は、身辺調査とは何か、料金や依頼する際のポイントについて解説します。意外と実生活でも役立てられる調査なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

興信所の身辺調査とは?

興信所の身辺調査。聞いたことがある方もいるかもしれませんが、実際にはどのような調査なのかはご存じですか?身辺調査は調査対象者の生活の様子や就業先、人間関係や周囲からの評判を調べることができます。

特定の人物が「どこで・何をしているのか」が分かる調査と言えばわかりやすいかもしれません。例えば以下の3つのように身辺調査は利用されます。

ビジネス・法的目的の身辺調査

ビジネスや法的目的で身辺調査が行われることがあります。例えば「従業員が外回り営業に行くと言ってサボっているらしい。証拠がなく指導できない」といったニーズがあれば、担当に代わって興信所の調査員が該当社員を調査します。会社採用前にプロフィールと相違ないかどうかをチェックしたり、休業や労災保険利用者の実態調査として使われたりすることもあるでしょう。

プライベート関係の身辺調査

家族のトラブルや離れて暮らす子供の様子など、近しい相手だからこそ調べられない点を興信所が調査します。家族・親族に限らず婚約者を調べる「婚前調査」もプライベート関連の身辺調査と言えるでしょう。

この身辺調査では調査する目的を明確にすることが大切です。「結婚相手が嘘をついていないかどうか確かめたい」「親権を取得したいが、証拠を収集したい」などの目的で利用されます。

金銭トラブルの身辺調査

お金を貸したきり姿を消した相手を調べて欲しい、金銭支払い能力が本当にないのかどうか調べて欲しいというニーズも、身辺調査には含まれています。また、企業や個人間で仕事上の契約を結ぶ時、相手が本当に信頼できるのかどうか経営状態などを調べるためにも身辺調査が利用されます。

身辺調査はどんな手段で行われる?

身辺調査を実際に依頼しようと思ったとき、その手法が気になることもありますよね。ここからは身辺調査のやり方の一例をご紹介します。

行動調査

ターゲットを尾行し、生活パターンやどんな店に出入りしているかを調査します。ここで勤務地や実際の住所などが分かるため、ターゲットがどのような人物かが予測できるのです。

例えば事前プロフィールと職場が異なっていたり、消費者金融に頻繁に出入りしていたり、パチンコや競馬などの趣味が分かるケースもあります。

公開情報の精査

ターゲットがSNSをやっていて、その投稿内容などが閲覧できると興信所がこれをチェックすることもあります。中には非常にプライベートな投稿をする方もいるため、浮気の有無や異性関係が発覚することも。婚約者が実は既婚だったというケースも、公開情報をチェックすると分かることがあります。

カモフラージュした上で取材する

興信所の調査員だと分からないようにカモフラージュし、電話や実地、直接的に取材して情報を収集します。このとき、調査員は「実在する人物、会社の社員だとなりすましてはいけない」こととなっています。

ターゲットに感づかれないように仮のプロフィールを作成して取材は行われますが、大抵の場合ターゲット本人やごく近しい相手への接触はありません。あったとしても慎重に行うので、調査自体がバレることはごく稀です。

身辺調査でかかる料金とは

身辺調査ではどの程度料金がかかるのでしょうか。調査料金は各探偵・興信所それぞれで設定されるため、一概に「○万円以上かかる」とは言えません。

インターネットで調べてみたところ、1日40,000円~で行うこともあればある程度の期間まとめて調査をし、100万円とすることもありました。調査期間が長引き、調査の難易度が上がるごとに高額となるため、料金の目安にしてみてください。

身辺調査を依頼する際のポイント

身辺調査を依頼するときに、知っておきたいポイントがあります。ここからは依頼前に確認すべき項目をご紹介しましょう。

ターゲットの行動範囲にある興信所を選ぶ

目星をつけた興信所は、ターゲットの行動範囲内にあるでしょうか。調査依頼する興信所は自分が通いやすいところがおすすめではありますが、調査において土地勘は非常に大切です。

もしターゲットの行動範囲が他県など離れている場合は、現地に詳しい興信所がおすすめです。例え依頼できたとしても、出張費や交通費が発生する場合もあるので事前に確認しておきましょう。

事前にターゲットの情報をまとめておく

先ほどもお伝えしたように、調査料金は「調査難易度が高い」「時間がかかる」と高額になります。スムーズに調査をするためには、事前にターゲットの情報を知り得る限りでよいのでまとめておきましょう。

行動パターンやどの点が怪しいと思うのか、またプロフィールや顔写真があるとベストです。

自分が興信所を利用していることはしっかり隠す

最後に大切なのは、「ターゲットに興信所を利用していることを隠す」です。調査を行う上で調査員のミスや行動からターゲットに利用がバレる可能性もありますが、それよりも自宅で興信所のパンフレットや名刺を見た、パソコンで検索している痕跡があった、と自宅でバレる可能性の方が高いでしょう。

興信所を利用する際は、関連する書類や名刺、検索履歴はしっかり管理しておきます。興信所に出入りするのを見られないように、訪れる際は時間帯を調節するのもおすすめです。

まとめ

興信所の身辺調査は、知ると「自分の悩みも解決できるかも」と思えるほど身近な存在です。確かに調査料金はかかりますが、どれも自分で何とかするよりもはるかにリスクがなく、問題解決までがスムーズになります。

調査はすぐ契約するのではなく、まずは相談と料金の見積もりから始まります。気になる方は、ぜひ興信所に問い合わせてみてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn