証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所・探偵の調査料金は「安く」なる?料金の仕組みをご紹介

興信所・探偵にはさまざまな調査が依頼できます。個人では解決できないことを調べられるため、気になっている方や実際に頼りたい方もいるのではないでしょうか。しかし、調査依頼する前に気になるのが「料金」です。

興信所・探偵の調査料金は決して安くありません。そこで今回は、調査料金は安くなるのか、料金の仕組みについてご紹介します。

興信所・探偵調査料金の相場とは

興信所や探偵の料金。気になるけれども「そもそもどのくらいお金がかかるのか分からない」という方も多いかもしれません。興信所や探偵を頻繁に利用する方は少ないため、必要になってからやっと調べることがほとんどでしょう。

調査料金は一律で決まっていません。興信所・探偵各社が独自に料金設定を行っています。少し調べただけでもA社の浮気調査は「50,000円~」でB社の浮気調査は「10,000万円~」と大きく差が出ていました。これには調査する期間や調査員の数などが異なるため、一概に「ならA社が安い」とは言い切れません。調査料金は基本的に

・調査が長引くほど高くなる

・調査が難しくなるほど高くなる

という特徴があります。

さて、そうはいってもある程度業界全体で調査料金の相場は決まっています。日本探偵業協会が行った料金水準のアンケートでは、以下のような結果になっています。

<1時間にかかる調査料金>

調査員2名の場合2.0万円以上~2.5万円未満36%諸経費別
1.5万円以上~2.0万円未満28%
1.0万円以上~1.5万円未満24%

引用:https://www.jda-tokyo.jp/14729225827125

1時間調査を行ったとして、料金が1万円以上となるケースがほとんどです。調査は始まってみないと全体でどの程度時間がかかるかは言い切れませんが、依頼するときは1時間1万円以上かかることを頭に留めておくとよいでしょう。

興信所・探偵調査の料金体系をチェック

各社で異なる料金。「どうしてこんなに差があるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。実は、各社が行う料金設定ですが業界全体で大きく3つのタイプに分けることができます。

料金体系が異なれば、掲示されている料金に差がでるのも納得できるでしょう。以下の3つの料金体系の特徴をチェックしてみてください。

時給型

まずは時給型の料金です。多くの興信所・探偵が採用している料金プランであり、1時間もしくは1日など、調査期間を区切って料金が設定されています。調査にかかった時間だけ、料金として請求される仕組みです。

時給型のメリットは、料金が明朗な点が挙げられます。不慣れな方でも時給型なら「どのくらいの料金か」が分かりやすく、調査料金の仕組みが把握しやすいでしょう。

パック型

パック型は数日もしくは1週間の調査をまとめて料金にパック化しているものを指します。先ほどの時給型だと難しい調査なら、時間がかかって高額になるパターンも少なくありません。

事前にどのくらいの時間がかかるか分からない調査や、期間を区切って「1週間分の調査が欲しい」というケースなら、パック型の利用をおすすめします。

成功報酬型

最後に成功報酬型です。成功報酬型はまず着手金を支払い、その後調査して成果が出れば成功報酬を支払います。特徴を見ると分かるように、初期費用が安く抑えられ、かつ調査が失敗に終われば報酬を支払う必要がないのがメリットです。

ただ、興信所・探偵側と依頼人とで、「何をもってして成功と呼ぶのか」は確認する必要があります。依頼人にとっては成功でなくても、探偵側が成功したから報酬が欲しいと両者の意見が食い違い、トラブルに発展するケースもあるので注意しておきましょう。

調査料金を安くするには?

では、調査料金を安くするにはどうすればよいのでしょうか。探偵や興信所によりますが、基本的に調査料金そのものを「値切る」ことは難しいです。また、「依頼人側である程度調べるから、そのノウハウやサポートのみ利用したい」といった使い方もできないと考えておきましょう。

事前に情報収集をする

調査料金の仕組みを見てみると、どれも調査が長引き時間がかかると料金が高くなります。つまり、調査がスムーズに進み早く成果が出れば料金は安く抑えられるでしょう。

そこで、事前に情報収集をして、探偵にわたす事前情報を整理するのがおすすめです。素行調査を行うなら対象者の行動パターンや住所、顔写真や名前などをまとめておき、浮気調査なら浮気相手だと疑われる人物や配偶者の行動、いつ浮気する可能性が高いかを事前にチェックするのです。

情報次第では早期解決も望めるので、調査料金を抑えたい方はぜひ工夫する点ではあります。ただ、情報収集に夢中になるあまり調査対象者に探偵・興信所を雇ったことがバレると成果が望めないため、行動は慎重になる必要があるでしょう。

期間を絞って調査依頼をする

もし調査を「この日だけ調べたら成果が出そう」と期間を絞れたとすれば、料金プラン次第では安く済みます。1日のみのピンポイントでは難しいかもしれませんが、前後2日などまとめて調査依頼する期間を絞ると、成果も得られやすく調査期間も短く済むでしょう。

自分に合った料金プランを選ぶ

料金プランの中でも、例えば「漠然とした事前情報しかない」という場合に時給型を選ぶと、調査期間が長くなって料金は高くなります。対象者を調べる前に、対象者がどこにいてなにをしているのかを調査する必要がある場合も、時給型だと高くなりますよね。

反対にパック型料金を選んだとしても、極端な話1日で調査が完了すれば時給型に比べて高くつきます。依頼する前にある程度調査をする時間と難易度を見極めて、料金プラン選びにもこだわると料金は安くできるでしょう。

まとめ

このほかにも興信所・探偵の料金は複数社で見積もりを比較することで適切な会社を選ぶことができ、安く感じることもあります。料金が安くなったとはいえ、やはり調査にかかる費用は「とても安い」わけではありません。

興信所や探偵では、最初に調査に対する相談を受け付けています。料金や調査内容に不安がある場合は、事前相談の段階で質問をして解消しておきましょう。不安のない状態で依頼すると、調査に対する満足度も上がるはずです。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn