証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

よく聞く「浮気防止アプリ」とはどんなもの?種類や使い方を紹介

浮気を未然に防止したいと考える方は多いですが、具体的にどう行動してよいのかわからないですよね。パートナーの行動を逐一監視するわけにもいきませんし、浮気は防ぎようがないとあきらめる方も多いです。

そこで注目されているのが「浮気防止アプリ」。今回は浮気防止アプリの効果的な使い方やその種類、浮気防止アプリとはどのようなものなのかといった基本的な情報までご紹介します。浮気に悩んでいる方や事前に浮気を防ぎたいと思っている方は必見です。

浮気防止アプリとは

ネット上でも話題にあがる「浮気防止アプリ」。まずはどのような機能を持つのかご紹介します。

GPS機能が搭載されたアプリ

浮気防止アプリの機能は種類によってさまざまですが、ほとんどのアプリでGPS機能が搭載されています。「GPS」はよく聞く言葉かもしれませんが、位置情報取得システムを指します。端的にいうと、GPSは「スマホが操作されている位置はここ」と知らせる機能です。

このほか、浮気防止アプリは

・通話履歴

・保存された動画や写真の閲覧

・どの経路を使ったのか

などの情報を共有することができます。

基本的には「情報の共有」であるため、一方的に監視するアプリとは異なる点に注意が必要です。

居場所が分かる=浮気を未然に防ぐことができる

GPS機能が搭載されたものが「浮気防止アプリ」と呼ばれていますが、居場所が分かることで浮気は防止できるのでしょうか。結論から言うとGPSが正しく機能していれば浮気を未然に予防することは可能です。

夫婦間の浮気はまず相手にウソをつくところから始まりますよね。会社の飲み会だと偽って本当は浮気相手と二人きりであったり、残業で会社に残っていると思わせておきながらホテルに宿泊していたりと口実はさまざまです。

この浮気のために使う口実は、「今どこにいるのか」がリアルタイムで分かるとウソだと見破ることができます。言い逃れのできない証拠になるため、GPSを作動させたまま浮気をする方はいないでしょう。

ただ、こうしたアプリのGPS機能は大まかな居場所を知らせるだけで「建物の何階部分にいるのか」などは判明しない場合がほとんどです。おおよその予想はつくため浮気防止には適していますが、「本格的な浮気の証拠」にはならない点は知っておきましょう。

扱い方には注意!「勝手にインストール」は絶対NG

浮気防止アプリは相手のスマホにインストールされていれば情報を入手できます。そのため、アプリをこっそりインストールして浮気の証拠を集めたくなる方もいるかもしれません。

ただ、誰のスマホでも勝手にインストールするのは「不正指令電磁的記録共用違反」です。アプリの中にはアイコンを隠すステルス機能がついているものありますが、これは業務用のスマホなどを一括管理するために搭載されたものなど目的が異なります。

もし相手に勝手にインストールが分かれば自分の立場が悪くなり、訴えられる可能性もあるでしょう。さらに浮気防止アプリで得た情報は浮気の証拠になりそうですが、「通話履歴」や「大体の位置」が分かったところで浮気を立証する材料にはなりません。

浮気防止アプリをインストールする際には必ず相手の了承をとり、お互いに納得の上活用していきましょう。

人気の浮気防止アプリ5選

ここからは人気のある浮気防止アプリをご紹介します。ユーザーが多い5つのアプリを集めたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Google Map

多くのスマートフォンに入っている地図アプリ。自身のスマホにもすでにインストールされているという方も多いかもしれません。グーグルマップはGoogleアカウントにログインして使うことでさまざまな機能が使えるため、浮気の防止だけでなく日常的にも便利です。

タイムライン機能で浮気防止ができる

グーグルマップは「タイムライン機能」で浮気の防止が可能です。これはスマホを持って通った道順や立ち寄った場所の住所などが示されるもの。Googleアカウントを所有する必要がありますが、例えば「今日は残業だと聞いていたのに、飲食店に立ち寄っている」「宿泊施設にいた形跡がある」などの発見ができるわけです。

ただタイムライン機能は「自分が過去に立ち寄った場所」「スケジュールを管理する」などの使い方をするもの。ほかユーザーの行動を監視するためのものではありません。そのため、浮気防止で使うなら相手と共用のGoogleアカウントを作ったり、相手のアカウントで閲覧を許可してもらったりなど工夫が必要です。

もし勝手にログインすると「不正アクセス禁止法」に触れることも。この辺りはしっかりパートナーと話し合って活用方法を決めるとよいでしょう。

Zenly

ZenlyはSNS感覚で使える位置共有アプリ。使い方はユーザーを登録し、GPS機能を使って「今どこにいる?」を伝えることができるものです。中高生など若い方から人気があり、わざわざメッセージアプリで「今なにしているの?」と聞かなくても相手の行動が分かることから、待ち合わせや休日の予定を合わせるために使われています。

もちろん、このアプリも浮気防止に役立てることができますよね。登録したユーザー同士は位置情報を共有するだけでなく、メッセージを送ることもできます。パートナーがどこか知らないエリアに足を運んでいたら「何しているの?」と聞くだけでOK。時々、相手の行動が知りたいあまり電話やメールを何通も送ってしまう、という方もいますが、Zenlyを入れるだけで「今何をしているのか」が分かるのでわずらわしさを軽減できます。

ただ、Zenlyはプライベートの確保が難しくユーザー同士のトラブルも招きやすいです。そのため位置情報は自在にオン・オフできるようになっており、浮気防止目的で使ったけれど「いざというときはオフになっていて、結局活用できていない」というケースも考えられるため注意しておきましょう。

ルナスコープ

ルナスコープもGPS機能のあるアプリ。ユーザーを登録し、家族や友人と使うことを目的とした地図アプリです。ルナスコープでは、

・位置情報の記録

・お知らせ機能

・移動の履歴

・リアルタイム検索

などの機能が付いています。いずれも先ほどご紹介したグーグルマップやZenlyと同じような機能です。

ルナスコープはアプリをインストールして使うものですが、ブラウザにも対応しています。インストールしていない端末ではウェブブラウザを使ってルナスコープを使えるので、気軽に機能を楽しめるのも特徴のひとつです。

また、GPSが取得できないところではWi-Fiやモバイルネットワークで位置情報を取得。ほぼ位置情報が分からないところはないため、初めて浮気防止アプリを導入する方にもおすすめできます。

life360

life360は子どもの見守りを目的に作られたアプリ。事前に場所を登録しておくと、ユーザーがその位置に到着した、もしくは通過したタイミングでお知らせが届きます。子どもの帰宅や習い事へ向かう際など、活用できるシーンがたくさんありそうですね。

もちろん子どもだけでなく、家族全員登録可能です。自宅を登録しておくと帰宅時間が分かるほか、会社を登録して「何時から何時まで仕事をしていたか」もわかります。

life360はよくある浮気防止アプリと異なり、ファミリー向けに作られているので機能もシンプル。操作画面も明るくポップでかわいらしく、慣れていない方も使いやすいのが嬉しいポイントでしょう。

iCloud

iCloudはiPhoneユーザーにはおなじみのアプリ。iPhoneにはデフォルトで搭載されているため、スマホを見てみるとアプリがすでに入っている方も多いでしょう。

主にスマホ内のデータをクラウド上で保管・管理するためのアプリで、お手持ちのiPhoneと同期させると写真やアドレス帳、メモなどさまざまな保存すべきデータが送られます。機能の中にはiPhone紛失時に使う「iPhoneを探す」というものがあり、これが浮気防止として役立てることもできるのです。

・相手の位置情報を取得する

・直近50日以内の行動履歴を入手する

・ファミリーで位置情報を共有できる

iCloudの機能を使ってできるのは、以上の3つ。ただし、iCloudは自分のスマホを管理するためのアプリなのでグーグルマップと同じように相手のアカウントでログインするか、相手に見せてもらう必要があります。ファミリーでの位置共有のみに使用をとどめるのなら、もちろんアカウント管理は必要ありません。

あからさまな浮気防止アプリを入れたくない方や、すでにインストールされているアプリで気軽に位置情報を共有したいという方には、iCloudはおすすめです。意外と身近なアプリでも浮気の防止に役立てられ、監視というよりはコミュニケーションの一環として位置情報共有はできます。たくさんの浮気防止アプリの中から、自分に合ったアプリを使ってみてくださいね。

浮気防止アプリを導入するタイミングとは?

浮気防止アプリをご紹介しましたが、どれも「相手の許可」なくしては活用できません。しかし、「浮気を疑っているからアプリをインストールして欲しい」と直球で相談するのは勇気がいりますよね。そこで、自然に導入できるタイミングを考えてみました。

一度浮気を許したタイミング

浮気をされた経験があり、一度許したけれど再び繰り返されるのは防ぎたい。そんな方は浮気を許す代わりにアプリをインストールしてもらうとよいでしょう。浮気防止アプリはどれも一方的に相手の行動をチェックするものではありません。「こちらの行動もチェックできるから」と一言添えれば、お互い納得の上アプリを使えるのではないでしょうか。

同棲を始めるタイミング、結婚したタイミングなど

同棲を始めるタイミングや、結婚したときなど「相手を疑いたくないし、疑ったまま一緒に生活したくないから」とアプリを入れる方もいます。また、アプリの内容を見るとわかるように意外と日常生活でも役に立つシーンは多いです。

仕事上帰宅時間が不規則だったり、わざわざ帰宅時間を連絡したりするのが面倒、という方には浮気防止アプリの位置情報は便利に使えます。メリットを合わせて伝えると、気持ちよくアプリの導入ができるでしょう。

子どもの成長とともにインストールするのもおすすめ

浮気防止アプリの中には、子どもの迷子を防止するものや防犯目的のものも。子どもがスマホを持つようになったタイミングや、習い事を始めて送り迎えが必要になったときなどに、家族全員でアプリを使うようにしてもよいでしょう。

ただ、このときもアプリの機能はすべて相手に説明しておくのがポイントです。後々にトラブルになってアプリをアンインストールされないように、しっかり情報は共有しておきましょう。

浮気防止アプリの“抜け道”に注意!

浮気防止アプリをインストールしたから、まず安心!と油断する方は多いです。しかし、アプリは完全なものではなく、また実際に浮気の証拠が必要となった際にアプリの情報だけでは立証できないケースもたくさんあります。

アプリを入れているからといって浮気がなくなるわけではない

まず考えて欲しいのは、浮気防止アプリを入れたからといって浮気がなくなるわけではありません。アプリの機能はユーザーの使い方次第で簡単にオン・オフでき、GPS機能も「建物の何階にいるのか」まで詳細に教えてくれるわけではありません。

アプリを入れているから浮気の心配はない、のではなく、浮気をされないような夫婦関係の構築が大切であることは、頭に入れておきましょう。

本格的に調べるなら浮気調査がおすすめ

浮気の証拠をもとに慰謝料請求をしたい場合や、離婚を考えているときは、示談や裁判の場でも提示できるものが必要です。これまでご紹介した浮気防止アプリで取得できる情報は、確実に不貞行為を裏付けるものではなく、実際に集めるならもっと本格的なものが必要となります。

浮気防止アプリはあくまで「防止できるもの」なので、アプリ内の情報だけを頼るのはやめておいた方がよいでしょう。自分で浮気の証拠を集めるのは非常に大変です。探偵や興信所の浮気調査を利用し、料金はかかってもその後使える証拠を用意しておくことをおすすめします。

ただ、浮気防止アプリの情報はすべて無駄かというとそうではなく、調査依頼する際に情報を整理しておくと調べる際に役立ちます。確実な証拠が入手できるよう、アプリをインストールできたら正しく運用していくことが大切です。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn