証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

結婚調査で失敗することはある?バレないためにできること3つ

家族と家族が結びつく結婚。恋人と正式な夫婦になるのは喜ばしいことですが、中には「結婚後に相手の借金を知った」「実は恋人が複数人いた!」という体験談も聞かれます。これを防ぐための調査が「結婚調査」。ただ、結婚調査に興味はあっても「婚約者にバレるんじゃないか」「失敗したらどうしよう?」と悩む方は多いです。今回は結婚調査で実際にあった失敗事例と、バレないためにできることをまとめました。結婚調査に興味のある方や、これから結婚調査を利用する予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

結婚調査、バレることはある?

まずは結婚調査はどのようなときに利用するのか、バレる可能性はあるのかという点を解説します。

「結婚調査」とは?

結婚調査とは、文字通り結婚に関する調査を指します。探偵や興信所では人探しや浮気の事実確認をする浮気調査が依頼できますが、婚約者の素性や生活を調べる結婚調査も依頼可能です。

しかし、中には「結婚相手なのにどうして素性を調べるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。結婚相手となると、相手の家族や住んでいる場所、勤務先は当然知っているイメージが強いでしょう。とはいえ、最近では婚活パーティやSNSで知り合った男女も多く、結婚は決まったけれど相手の詳しいところは分からない、と感じるカップルも少なくないのです。

さらに、いざ結婚となっても当事者ではなく家族の目線から見て「言動が怪しい」「嘘をついているのではないか」と感じることも。本人を含めて家族と一緒に結婚調査を依頼する方もいます。

結婚してから相手の本性を知ったとしても、離婚する手段もあります。ただ、離婚するにはたくさんの手続きや話し合いが必要でできるのであれば回避したいものでしょう。また婚姻歴にも残る上、親族関係にも影響が及びます。安心してパートナーを信用するために、また周囲からの信用を得るために結婚調査は利用されているのです。

結婚調査、バレることはある?

結婚調査が失敗する=相手や周囲の人間にバレることですが、これは「100%バレる可能性はない」とは言い切れないのが事実です。とはいえ、結婚調査を行う調査機関も調査の専門家でありプロ。簡単にはバレないよう細心の注意を払って調査を行います。

結婚調査は他の調査と同様、

・聞き込み

・張り込み

・尾行

の基本的な3つの方法を使って行うのがほとんど。張り込みや尾行は当然調査対象者にバレないように工夫しますし、聞き込みだと「誰に結婚相手のことを聞くか」をたくさんの対象の中から厳選します。調査対象者(ここでいう婚約者)に直接アプローチすれば有効な情報が得られやすいですが、これを実行することは少なく、周囲の人間への聞き込みも「怪しく思われないように」「正しい情報を得られるように」とプロならではの技術で行われるのです。

とはいえ、結婚調査に興味があってもやはり気になるのは「失敗するのかどうか」ですよね。そこで、失敗しないための調査機関の選び方や自分でもできる対策法をご紹介します。

結婚調査を失敗したくない!できること3つ

結婚調査を失敗させないために、自分でできることを3つまとめました。チェックしていきましょう。

「結婚調査」の経験豊富な探偵・興信所を選ぶ

探偵や興信所は全国各地に多数存在します。その中でも自宅から近いところだったり、口コミや評価の高いところを選んだりする方がほとんどでしょう。一番注目して欲しいのは、結婚調査の経験です。どの調査機関でも結婚調査の項目が見つかるかもしれませんが、中には「浮気調査や人探しばかりやっていて、結婚調査は数年前に始めたばかり」という可能性もあります。

また結婚調査では調査結果が大切。きちんとしたプロ仕様の調査機材を持っている調査機関だと、調査の結果も見やすく信ぴょう性が高いのが嬉しいポイントです。こうした調査機関の内情について、ネット上の評判だけでなく実際に足を運び相談してから判断しましょう。調査員や相談員との相性が分かる上、事務所や全体の雰囲気なども把握しやすいです。

調査を依頼したら相手には隠しておく

婚約者に知られたくない結婚調査。しかし、中には調査機関側のミスではなく依頼者側の言動で本人にバレてしまうこともあります。例えば探偵や興信所を選ぶときに残した

・調査機関の名刺

・調査の契約書

・パンフレットや関係書類

・検索履歴やメールのやり取り

などが婚約者に見つかると、調査を中断しなければならない可能性も出てきます。できる限り調査を依頼した痕跡は残さないようにし、結婚調査を成功させるために立ち回るのが重要です。失敗しないためには依頼者の協力もとても大切で、特に自宅や部屋に残る証拠には細心の注意を払うようにしましょう。

自分でも調べようとしない

調査を依頼したにもかかわらず、調査結果が出るまでがもどかしい。どうしても調べたいチャンスがあった、と結婚調査を自力でやってしまう方もいます。結婚調査にかかわらず、浮気調査などにも通じますが、素人とプロの調査力には大きな差があり、調査技術のない個人が見様見真似でやってみるのはリスクが高い行動です。

そのため、結婚調査を一度依頼したら変に結婚相手を探ったりせず、一度探偵や興信所にお任せしましょう。調査を成功させるためには、相手に怪しまれないことが非常に重要です。相手を詰めたり、持ち物を探ってみたり尾行したりといった行動は慎み、調査の結果を待つのが自分でもできる結婚調査の成功への近道です。

まとめ

人生の中でもとても重要な結婚。その後、半生を共に生きる相手を選ぶわけですから、失敗はできる限り避けたいものです。そのために利用できる結婚調査は、バレないために「探偵選び」「自分の行動を工夫する」ことが大切です。結婚調査を成功させるためにこの記事を参考にして、まずは探偵や興信所へ相談からはじめてみてはいかがでしょうか。ほとんどの調査機関では相談や見積もりは無料です。困ったときは一人で悩まず、プロの力に頼ってみましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn