証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

同窓会が不倫のきっかけに!不倫から始まる不貞行為を見抜く方法

久しぶりに会う友人たちとの楽しい会合。同窓会に出席した経験のある方はたくさんいるでしょう。しかし、結婚した後の同窓会は注意しましょう。なぜなら、同窓会がきっかけで始まる不倫が多いからです。今回は同窓会がきっかけで始まる不倫のパターンや見抜く方法、同窓会の後にチェックしておきたいことをご紹介します。パートナーの不倫に悩む方、近々同窓会があると知らされている方は要チェックです。

同窓会から不倫が始まるパターンとは

「同窓会」「飲み会」「忘年会」といった“会”が付くものは、恋愛や不倫のきっかけになりやすいと言われています。異性が多数同席する食事であり、お酒を飲むため気分もよく、男女関係に陥りやすいからでしょう。どんな形で不倫に発展するのか、よくあるパターンをここではご紹介します。

元交際相手と再会する

高校時代や中学時代に交際していた相手と、同窓会で再び会えたらあなたならどう感じるでしょうか。当時好きだった人が大人に成長していることで、魅力を感じてしまうのも少なくありません。その頃の気持ちを思い出し、家庭があるにもかかわらず不倫関係となってしまうパターンもよく見られます。

大人になって行われる同窓会は、飲酒が伴うケースがほとんど。お酒の力も相まることで不倫に走ってしまうのでしょう。

当時好きだった人と再会する

かつて好きだった人と再会し、思いが再熱することで不倫になるケース。お互い家族がいながらも危険な恋愛に陥る男女は後を絶ちません。また、どちらかが独身であればより不倫関係になりやすいはずです。

特に同窓会は「仕事や育児がひと段落し、生活に余裕が出てきた」世代で行われやすいですよね。そのため、当時のフレッシュな恋愛感情が呼び起こされ、不倫となってしまうかもしれません。

お互い既婚者で割り切った関係になる

このパターンはお互い家庭に不満はないけれど、ちょっとした出来心で不貞関係を作ってしまうものです。当時は接点もなかった男女であっても、どちらも家族がいたとしても、その場限りや感情が伴わない体だけの関係で交際が始まることもあります。

どちらも割り切った関係であれば互いの家族にバレにくいですが、ずっと冷静な付き合いでいられるかというと疑問が残るのが恋愛です。どちらかが本気になってしまい、泥沼の不倫関係へと発展する可能性もあります。

パートナーの同窓会。こんな行動に注意

同窓会に行くにあたり、どんな行動が怪しいのでしょうか。注意しておくべき行動を知っておきましょう。

普段とは違う服装で行き、結婚指輪をしていない。

パートナーが同窓会へ出かける際、「普段はこんな服装しないのに」と違和感を覚えるほど着飾ってはいないでしょうか。服装を新調するにもよい機会ではありますが、やたらと見た目を気にしている行動は異性の目を意識しているかもしれないため注意が必要です。

さらに怪しいのは結婚指輪を外して出かけているとき。もしかすると既婚者であることを隠して同窓会に出席している可能性もあります。うっかり忘れている場合でも、周囲から独身だと勘違いされるため、可能であれば指輪を付けていって欲しいとお願いしておきましょう。

帰宅予定時間になったら「二次会に行く」と連絡がきた

帰宅予定時間を事前に聞いておくことはもちろんですが、「やっぱり二次会に行くことにした」と途中で連絡があるのは、気に留めておきたい行動です。同窓会で再会して意気投合し、二人で抜けるために二次会を理由にしているかもしれません。

このとき、帰りが遅くなることを咎めて強く束縛するのはおすすめしませんが、不安に思ったら素直にパートナーに伝え、早めに帰ってきてもらうと安心です。

次の同窓会日時が決まっている

同窓会から帰ってくるやいなや、「来週末にまた飲むことになった」など予定が入っているケース。同窓会の出席者と偽っておきながら、実はデートだったというパターンは多いです。

同窓会の多さは一概には言えないため、必ずしも不倫の証拠ではありません。しかし、次の予定が入っていて頻繁に同窓会の出席者と会うのであれば、注意しておくとよいでしょう。

同窓会後の行動もチェック!

同窓会での不倫を疑うなら、同窓会後の行動をよく観察しておきましょう。不倫の可能性が分かるため、チェックしておくべき項目を解説します。

休日出勤や出張が増えた

同窓会をきっかけに、休日出勤や出張が増えた場合です。同窓会で意気投合した不倫相手と会うために、仕事を言い訳に使っている可能性も考えられます。また、出張が増えるのは定番の不倫のサインです。心当たりがある方は、即不倫と断定して問い詰めることはやめておきましょう。まずは一度様子を見て、敢えて不倫の証拠を相手から引き出すのも一つの手段です。

パートナーだけ帰省する機会が増えた

地元で開かれることの多い同窓会。パートナーの同窓会も、地元で行われているのではないでしょうか。さらに同窓会以降、帰省する機会が増えるようであれば要注意。不倫相手も地元で生活しており、帰省を理由に逢瀬を重ねているかもしれません。

態度がよそよそしい

不倫が始まるとこれまでの家庭での生活を忘れ、没頭してしまう方がほとんどです。スキンシップを拒まれるようになったり、冷たくなったりといった態度の変化を感じたら、それがいつから起きたのかを覚えておくとよいでしょう。

反対に家族に対して妙に優しくなるタイプもいます。不倫を後ろめたく思っているからこその行動と言われており、このパターンでもまずはパートナーの行動を冷静に見ておくのがおすすめです。

スマートフォンにロックがかかっている、常に携帯している

不倫相手との連絡は、高確率で手持ちのスマートフォンで行われます。「これまでスマホはおざなりだったのに、最近やたらと携帯している」といった行動が見られたら、相手と連絡を取り合っているパターンも考えられます。

このとき、いくら怪しいからといってスマートフォンのロックを自力で解除したり、内緒で中身を改めてはなりません。パートナーに浮気を疑っていることがバレて不信感を抱かせてしまいます。

まとめ

同窓会から始まる不倫は、実際にとても多いもの。しかし、「怪しい」と思っても無暗に深く調べるのは危険です。まずは不倫の可能性を疑って、今回ご紹介した行動が見られないかをチェックしてみてください。本格的に調べたいと思ったら、探偵や興信所などの信頼できる調査機関に依頼してみましょう。効率よく、確実な証拠を手に入れることができます。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn