証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

「風俗通い」は不貞行為になるケースも。不倫とされる基準を解説

不倫とは、配偶者以外の人と連続した不貞行為を繰り返すことです。それを知ってはいるものの、「風俗はサービスを利用しているだけだから不倫じゃないでしょう?」「お金を払っているから不倫にはならない」と考える人は多いです。風俗にはいくつか種類がありますが、中には“不倫”となるケースもあるため注意。今回は、風俗が不倫となる場合と不倫の基準について説明します。パートナーの風俗通いに悩む人や、風俗によく訪れる人は必見です。

そもそもどこからが不貞行為?

不倫とは、不貞行為(肉体関係)を指します。配偶者の他に「好きな人ができた」「手を繋いでデートした」という範囲では厳密には不貞行為とは言えず、これを理由に別居や離婚、慰謝料請求はできません。

しかし、配偶者がそれを知り不快な思いを抱いたり、不信感が募ったりなどすれば関係が破綻し、離婚に至るでしょう。浮気・不倫ではないだけで、誠意のない行為であることに変わりはありません。

一線を越え、肉体関係を持ったと考えられると不倫です。ただし、滅多なケースを除いて「肉体関係を持った証明」は難しいもの。行為中に写真を撮影するなどしてバレるケースも多いですが、そうでなければ

・ホテルに行き長時間出てこなかった

・浮気相手の家もしくは自宅に浮気相手を呼び長時間共に過ごした

・この行為が何度か繰り返された

ことが分かる第三者の目から見ても明らかな証拠があれば、不貞行為だと判断されます。例えばホテルの料金支払いが記されているクレジットカードの請求明細や、家に出入りしている写真などが証拠です。探偵や興信所に浮気・不倫調査を依頼すると、こうした証拠が含まれる調査報告書がもらえます。

風俗は不貞行為になる?なるケースとならないケース

風俗には不貞行為となるケース、ならないケースが存在します。まずは不貞行為と認められる可能性が低いものから見ていきましょう。

キャバクラやナイトクラブ、ガールズバーなどの風俗店通い

キャバクラ、ナイトクラブ、ガールズバーは主に男性が行く風俗店です。風俗店は基本的には「本番行為」つまり肉体関係を結ぶ目的ではないため、このような風俗に通っていても不貞行為とはみなされません。

何度も通っていたとしても「特定の人物と繰り返し不貞行為を働いた」とは言えず、風俗店への出入りを証拠に残したとしても、“不倫”ではないと判断される可能性が高いです。

では「風俗店を利用しても良いのでは?」と考えてしまいますよね。これには風俗店の実情が関係するため、次の「風俗店通いが不貞行為とみられるケース」を見ていきましょう。

本番行為のある風俗店の利用や店外で二人きりで会う行為

風俗には種類があり、中には本番行為ありの風俗店もあります。ただし、売春法があるため商売として本番行為をすることはできません。では、なぜ本番行為ができるのかと言えば、これは「従業員の自由恋愛の範疇」だとされているからです。

自由な恋愛であればもちろん本人に責任があり、不貞行為として慰謝料請求も可能。ただし、一度限りだと不貞行為だと判断されにくいため、「同じ従業員と連続して肉体関係を結んだ」事実が必要です。

さらに風俗店で知り合い、店外で会い不貞行為をすればもちろんNG。営業の範囲でメールを送ったり電話したりという行動は不倫ではありませんが、二人でホテルに出入りする姿や旅行している現場を押さえられたら不貞行為の証拠となります。

また、性的サービスを行い本番行為はなし、と言われている風俗店でも、手淫や口淫があるケースは多く、疑似性行為であるため不貞行為とみなされる可能性もあるでしょう。この場合は風俗店に勤める従業員、つまり不倫相手とされる人には慰謝料請求ができません。なぜなら営業のために行われたものであり、その行動に故意過失が認められないからです。

さらに、自分に置き換えてみると分かると思いますが、パートナーが風俗通いをしていて快く思う人はいません。実際には不貞行為ではなくても、夫婦関係が悪化し最悪の場合は離婚に至るケースもあります。

風俗通いを止めさせる方法とは?

不貞行為の可能性が低くても、「パートナーの風俗通いをやめさせたい」と考える人は多いはず。ここからは風俗通いを止めさせる方法を3つご紹介しましょう。

パートナーの金銭管理をする

風俗店は決して安い利用料金ではありません。一晩でかなりの金額を使ってしまうこともあり、その分家計から支出が増えているはずです。パートナーが風俗店に通い、さらに家計がひっ迫するのであれば「許せない」と怒りの感情を持つ人も多いでしょう。

そのため、まず風俗通いが分かったら収支の管理をしましょう。これまで収入を自由に使っていたのであればお小遣い制にする、決まった額の生活費を渡すようにするといった工夫が必要です。

パートナーと二人きりの時間を増やす

風俗店に通う理由は人それぞれですが、中には「夫婦の時間が少なく寂しさを感じたため風俗店に行った」というケースもあります。特に女性側に多く、ホストクラブなどにのめりこんでしまう既婚者は該当する人もいるでしょう。

風俗店通いが分かったら、怒る気持ちは当然です。しかし、一度冷静になって夫婦の生活が充実していたかを見直してみましょう。相手の行動を否定せず、「たまには息抜きもしたいよね」と敢えて肯定すれば風俗通いを改めてくれるかもしれません。

「なぜ風俗店に行ったのか」「行ってどうだったのか」詳しく話し合う

頭ごなしに「風俗を利用するなんて最低」と怒るだけでなく、一度詳しく話し合うのも効果的です。なぜ風俗店に行ったのかを聞いてみれば、「家庭に不満があった」「魔が差した」「上司の付き合いで仕方なく」とさまざまな理由が出てきます。さらに行ってどうだったのかを聞いてみると、意外と「自分には合っていないと感じた」など本音が飛び出してくることも。

口に出してみると、実際はそうでなかったにせよ「自分はそう思っているんだ」と心理的に思わせることができます。一度夫婦だけでゆっくり話し合う時間を設けてみるのもよいかもしれませんね。

まとめ

一概にはまとめられませんが、風俗店に通うのは不貞行為だとみなされるケースもあります。実際には不貞でなくとも、パートナーが風俗通いに対して嫌悪感を抱くのは間違いないでしょう。また、風俗通いが不倫に発展する可能性もあるため、パートナーを怪しく思ったら一人で悩まず、探偵や興信所などのプロに調査を依頼しましょう。事実を明らかにし、今後どのようにパートナーと付き合っていくのかを考えるのが、問題解決への近道です。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn