証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

浮気の言い訳「カラ出張」とは?嘘に気付いたら取るべき5つの行動

「最近パートナーの出張が多い」と感じる方、その出張は長期休暇中に突如として計画されたり例年であれば珍しい頻度であったりしませんか?もしかすると、浮気の言い訳に使われる“カラ出張”かもしれません。今回は出張が本当かどうか見破るために、取りたい行動を5つにまとめました。仕事で忙しそうにしているパートナーを気兼ねなく応援するために、この記事を参考にその出張が本当かどうか見抜いてみてください。

「カラ出張」って何?

「カラ出張」とは言葉通り空の出張のことで、本当は出張に行っていないにもかかわらず出張と偽っているものを指します。社内で不正を働く社員の行動にも「カラ出張」の言葉は使われており、企業にとっては「出張費用の不正受給」として悩むことの多い問題です。大手企業が多額の出張費を捏造したとして、ニュースに取り上げられたこともあるため「聞いたことがある」という方も多いかもしれません。

今回は浮気にまつわるカラ出張について。不倫相手と会うには家族に嘘をつき、口実を作ることが前提ですがそこに「出張」が使われます。実際には出張がないにもかかわらず、家族にはさも仕事をしていたように偽るわけです。浮気相手と会うタイミングは人それぞれですが、出張は家族から疑われることが少なくさらに長期的に家を空けられます。浮気相手と一晩だけの逢瀬ではなく旅行にも行けるため、カラ出張が浮気の口実として広く使われているのです。

カラ出張かも?と思ったら取るべき5つの行動

「カラ出張」が何かを知ると、「パートナーにも心当たりがある」という方もいるかもしれませんね。そこで、カラ出張かもと思ったら取るべき行動を5つにまとめました。

出張前のパートナーの様子を伺う

「最近出張が多い」と思うようになったら、出張前のパートナーの様子をよく見てみましょう。スマートフォンを持ち歩くことが増えたり、通話だからと席を立ったりする行為はもしかすると浮気相手と連絡を取っているかもしれません。

なぜか出張前にプレゼントを購入した様子がある、手土産を用意しているのも怪しい行動です。浮気相手へのプレゼントかもしれないため、出張前のパートナーの様子には注意しておきましょう。

出張中に連絡を取り詳細を記録しておく

カラ出張であれば出勤はしていません。そのため、仕事中だと思われる際に連絡を取ると慌てていたりそもそも連絡が取れなかったりするでしょう。ただし、「勤務中ずっと携帯電話の電源を切っている」のはあまりにも不自然ですよね。出張から帰ってきたら浮気の証拠集めのヒントとなる場合もあるため、出張中にはマメに連絡を取りパートナーの様子や日付・時間などをメモしておきましょう。

リサーチするなら慎重に!

カラ出張だと分かったら、まず「会社に問い合わせよう」と考える方は多いです。結果として出張は嘘だと知り、浮気が明るみになるのですが会社への問い合わせは慎重に行いましょう。もし出張が本当だとすればパートナーに浮気を疑っている事実がバレたり、その後浮気の証拠を巧みに隠されることも考えられます。

もっと行動的な方だと、出張先に行ってみるなどするかもしれません。このときも「なぜ出張を疑っているのか」をきちんと説明しなければその後の話し合いがスムーズにいかないでしょう。カラ出張だと知っていながら敢えてそのままにしておく方が、かえって浮気の証拠が集めやすいケースもあります。調べてみることは決して悪策ではないのですが、慎重に行うのをおすすめします。

「出張は嘘でしょう?」と問いたださない

こちらも先ほど説明したように、相手に浮気を疑っていることをバレないようにするために大切です。例えばゴールデンウィークや年末年始の長期休暇中など、「ほとんどの企業がお休みになる時期」の出張はどう考えても怪しいですよね。勤務先が休みでなくても、取引先は休暇となるケースもあるため「出張」の言い訳が苦しい場面も多々あります。

それでも出張に行くパートナー。これはカラ出張だと強く思っても、確実な証拠を掴むまでは問いただすことはおすすめしません。証拠がないと分かれば、パートナーはどうにか浮気を言い逃れしようとするからです。

また、いざ離婚や別居など具体的に二人の今後を決めて浮気の証拠を集めようとしたとき、浮気を疑っていることがバレていれば隠されたり、浮気相手と口をそろえてアリバイを作ったりします。カラ出張や浮気を知ると、怒る気持ちは当然です。とはいえ、話し合いはできる限り冷静に努めなくてはなりません。感情的になってしまううちは、パートナーにきつく問いただしたり取り乱して質問を繰り返したりはやめておきましょう。

探偵や興信所などプロに相談を

やはりカラ出張だと確信が持てるうえ、会社に聞いてみると本当に出張ではなかった。浮気だと知った、となれば証拠を集めたいと思いますよね。浮気が原因で離婚を考えているなら、協議・調停・裁判いずれの場合も浮気の証拠は重要です。

しかし、個人でできる浮気の調査は限度があります。膨大な時間と労力が必要となり、浮気相手のことを調べるのなら「赤の他人の動向を探る」という点で、法に抵触してしまう危険な行為ともいえるでしょう。そこで、浮気の証拠を掴むためにはまず「調査機関に浮気調査を依頼する」ことをおすすめします。

裁判でも認められる証拠が得られるうえ、自分で調べるよりもはるかに時間がかからず素早く問題解決できるケースも多いです。浮気を疑い、パートナーの動向をずっと探るのは精神的負担も大きいもの。早期解決して今後のことを話し合いたいと思うのであれば、探偵や興信所に相談してみましょう。

まとめ

浮気の口実として使われることの多い「カラ出張」。仕事だと言われると「大変そうだな」「サポートしなきゃな」とけなげにパートナーを心配する方がほとんどでしょう。その気持ちを踏みにじる浮気の言い訳は決して許されることではありません。まずは出張前後の様子をじっくりと伺い、怪しいと思ったら自分だけで行動せず、調査機関や周囲の人に相談して助けを求めてみてください。探偵や興信所では無料で相談・見積もりができるところがほとんどです。メールや電話で相談受付を行う探偵・興信所もあるため、気になることがあればすぐ相談してみましょう。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn