証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

なぜ?お正月明けは浮気が増える!年末年始に浮気する心理とは

「夫婦仲は良好だから、我が家は浮気と無関係」。そう思う方も多いですが、最近では離婚する夫婦は増えており原因が「離婚」となることも少なくありません。さらに、実は浮気は年末年始・お正月明けに増えるのをご存じですか?今回は年末年始になぜ浮気が増えるのか、その見抜き方をご紹介します。

なぜ?年末年始とお正月明けに浮気が増える理由

ほとんどの企業が休暇に入り、年末やお正月は家族と過ごす方がほとんどでしょう。なぜ家族と過ごす時間が増えるにもかかわらず、浮気が増えるのでしょうか。

帰りが遅くなっても不自然ではないから

年末年始は忘年会や新年会が増える時期でもあります。同時に年末休暇に入るため仕事を前倒しでこなすことも多くなり、業務量が増える業界もあるでしょう。年末年始が繁忙期だという職場では、例え帰りが遅くなっても「仕事でトラブルが起きて」「仕事が終わらないから会社に泊まる」と言えば自然です。

仕事を理由にしなくとも「飲み会があるから今夜は出かける」と言われれば、納得してパートナーを送り出す方もいるのではないでしょうか。浮気の言い訳がしやすいシーズンだからこそ浮気が増えると言われているのです。

パートナーが忙しいあまり寂しさを感じているから

比較的女性に多い理由です。先ほども説明したように、年末年始に仕事で忙しくなる方は多いもの。家に誰もいなければ、寂しさのあまり浮気の誘いに応じる方も増えるようです。

また家庭によっては「妻と子どもだけで帰省する」という方もいますよね。家族がバラバラで過ごす環境では、浮気に注意しておきましょう。

忘年会や同窓会が増えるシーズンだから

年末に忘年会、お正月に地元へ戻ったタイミングで同窓会など、以前関わりがあった友人と会う機会が増えるのがこの季節の特徴。元交際相手や当時好意を寄せていた相手と再会すると、浮気に発展するケースは多いです。

さらに忘年会や同窓会は普段の家庭とは違い、大勢でお酒を飲む会。開放的な気分になり、通常であれば浮気をしそうにない方でも、うっかり浮気関係ができてしまうことはあるようです。

年末年始の長期休暇の穴埋めのため

元々不倫相手がいる場合、年末年始は浮気相手とは過ごせません。長期休暇中に家を空けるのは不自然で、隠さなければいけない関係がバレてしまうからです。

そのため、正月明けは浮気相手と会う方も多いもの。以前からパートナーの浮気に悩んでいる方は、浮気調査を正月明け最初の週末や終業時間後を狙うのがおすすめです。

お正月・お正月明けの浮気を見破る方法とは?

年末年始・お正月明けに浮気が増えるなら「その証拠が欲しい!」と思う方もいるでしょう。確かな証拠を掴むには素人では難しいのが事実ですが、相手の怪しいサインは見逃さないでおきたいところです。

スマートフォンを常に持ち歩いている

年末年始の長期休暇に入ったら、パートナーがスマートフォンをずっと所持しているかどうかを見てみましょう。長い間浮気相手に会えないとなると、メッセージアプリやメール・通話で連絡を取るはずです。浴室やトイレにもスマートフォンを持ち込み、不自然に「会社から電話がきた」と席を立つようであれば要注意。休暇中に職場から連絡が来ることもありますが、ほとんどの企業がお休みの中で頻繁に電話がかかってくるのは珍しいです。

年末年始の期間中に外出が多い

浮気に慎重な方ならしない行為かもしれませんが、「初めて不倫相手ができた」「浮気に夢中で回りが見えていない」のなら年末年始の期間でも浮気相手と会う可能性は高いです。

もし自分のパートナーが年末年始に突然「友人の家に泊まってくる」と言えばおかしいと気づきますよね。他にも飲み会がやたらに多かったり、例年よりやけに休日出勤が増えていたりするのであれば浮気のサインかもしれません。

お正月明けに出張が入っている

休暇中に浮気相手と会えない場合、お正月明けに予定を合わせます。実は不倫によくあるパターンで、お正月と言わずバレンタインデーやクリスマスにも、「当日は家庭を優先させて浮気相手とは日にちをずらす」のは多く見られます。

そのためお正月明けの出張は、もしかすると浮気相手と会っている可能性も。「なんだか最近怪しい」と心配な方はこの日に合わせて浮気調査を依頼したり、就業時間を詳しく聞いて連絡を取ったりするとよいでしょう。

確実な浮気の証拠を掴むなら探偵・興信所に依頼を

お正月明けに浮気が増えることはありますが、その証拠を確実に掴めるのかと言えば残念ながら素人ひとりの力では不可能に近いです。自力で証拠を集める方ももちろんいますが、膨大な時間と労力が必要になる上に浮気を疑っていることがバレて証拠を隠されるケースも絶えません。

その後離婚の話になったら、浮気を疑って執拗に周辺を探った事実を持ち出される場合も。不貞行為であり責任があるのはパートナーなのに、離婚条件を決める話し合いで立場が不利になることも考えられるでしょう。

そのため、コストパフォーマンスの悪い独自の浮気調査はおすすめできません。確実に証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所などの調査機関に依頼しましょう。その際も年末年始にパートナーの様子をしっかり見ておけば、調査のヒントになることが見つかるかもしれません。さらに「不自然にお正月明けに外出予定が入っている」という方は、その日に調査を頼むのもひとつの手段です。

ただし、全国的にも浮気が増える時期であり、どの探偵や興信所も浮気調査の依頼が増えています。調査機関によっては予約できるところもあるため、早めに相談しておくのが得策です。

まとめ

パートナーの浮気を疑うと、悲しく辛い気持ちになりますよね。特にお正月は家族で過ごすことが多いため、できれば面倒ごとに心を割きたくないものです。一人で浮気に悩まず、調査機関に助けを求めるのも解決法のひとつ。年末年始に浮気する方の心理を知り、早く浮気問題を解消しましょう。ほとんどの探偵や興信所では見積もりと相談ができるため、まずは問い合わせから始めてみることをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn