証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

自分でできる浮気調査の方法、探偵・興信所などのプロと比較!

「夫(妻)が浮気しているかも……」そう悩む人は多いですが、実際に浮気の証拠集めをしてみたことがありますか?浮気の有無にかかわらず、確かな証拠があれば離婚や別居する際にこちらに有利な条件を付けることができる上、浮気相手の名前と住所が分かれば浮気相手にも慰謝料請求が可能です。とはいえ、個人でできる調査は限られています。今回は、プロと素人の浮気調査の方法を比較してみましょう。

家庭の中で浮気の証拠を見つける

今すぐにできる証拠集めといえば、「パートナーの持ち物やスマートフォンから浮気の証拠を見つける」こと。とはいえ、簡単にできるのでしょうか?これを比較してみます。

個人でやる場合

パートナーの財布の中身を見て、怪しい名刺や身に覚えのない飲食店の領収書を見つけるなど、調べ方はさまざまです。しかし慎重な性格だと、財布の中や持ち物の中に浮気の証拠を隠さないケースが多いでしょう。自分の身に置き換えてみると分かるのですが、後ろめたい浮気行為の最中「購入履歴が残るクレジットカードの使用は控えよう」「ラブホテルのポイントカードなどは持ち歩かないようにしよう」と防ぐ気持ちが沸くはずです。

また、スマートフォンは浮気の証拠が特に残っているところ。しかし、実際にパートナーのスマートフォンを見てみると分かりますが、画面にロックがかかっているなど中身を簡単には見られないよう工夫されています。そこさえ分かれば「パートナーのスマホは見ても良い」と考える人はいますが、実は相手の同意を得ずにこっそり見るとプライバシーの侵害や不正アクセス法などの違法行為に抵触することがあるのです。また、ロック解除に失敗するとパートナーにスマホを見ようとしたとバレることも。あまり大胆な行動には出ない方が良いでしょう。

プロはプライベートな調査はしない!

ではプロの調査ではどうでしょうか。この調査機関が行う行為は、「探偵業法」によって定められており法律に触れることはしないと決まっています。そのため、プロは相手のスマホの中身を改めたり、依頼人にスマホの中身を見るよう勧める行為は避けたりするでしょう。さらにプロの調査は「バレるリスク」を最低限にしています。スマートフォンを見ると証拠が集まりやすいのは事実ですが、プライベートに踏み込む危険な行為です。パートナーに調査していることが分かってしまいやすいため、リスクの高い調査方法・違法な調査はしません。

ではどうやって浮気調査を調べているのでしょうか。調査方法は各探偵・興信所によってさまざまありますが、「聞き込み」や「尾行」「張り込み」によって証拠を得ています。

パートナーを尾行する・デート現場に張り込みをする

では「浮気現場に行くのだろうな」と推測したパートナーを尾行したり、デート現場の張り込みをしたりする調べ方はどうでしょうか?

個人でやる場合

「尾行」とひとことに言っても、自分の気配を周囲に紛らわせて調査対象を確実に追うのは、かなり難しいもの。試しにやってみると分かりますが、「そもそもどこに身を隠して追えばよいのか分からない」「相手にバレバレである」といった事態になりやすいのが素人の尾行です。

張り込みならずっと隠れているから大丈夫、と思うかもしれませんが仕事や家事などの時間をすべて張り込みに費やせるでしょうか?誰しも予定があることですし、浮気調査に多大な時間を費やすのは現実的ではありません。

プロは長年の知識と経験で証拠を集める

尾行や張り込みは探偵・興信所の調査の基本です。よほどのことがない限り、相手や周囲の人間にバレることがありません。調査が終了すると調査報告書を依頼人に渡しますが、その中を見てみると「いつ、どこで撮ったのだろう?」と不思議なほど明確な証拠が残っているはずです。

この理由は、張り込みや尾行の技術は経験で培います。長年業界に携わっているところであれば、新人にも徹底した教育がされておりノウハウも相当なものでしょう。なんの調査歴もない素人が真似できないのは明らかです。

また、写真や映像として証拠を残す場合、最新機器を使用する探偵・興信所もあります。ハイテク機器は素人ではなかなか持っていないもの。機材を揃えることはもちろん、その機器を使いこなす技量も必要となっています。

聞き込み調査をする

これまでも浮気調査が素人に務まらない現実をお伝えしてきましたが、特に「聞き込み調査」は至難の業です。一度比較してみましょう。

個人でやる場合

パートナーの浮気を知っているであろう友人や会社関係者に、「あの人は浮気していますよね?」とダイレクトに聞くのはとても危険だと予想できますよね。そもそも、「誰に聞いたらいいのか分からない」という人がほとんどでしょう。また、配偶者であるあなたが聞き込み調査をしているとなると、すぐにパートナーの耳に入ってしまいます。知人に浮気の情報を聞き込みした場合も、友人がアリバイ工作に協力していたり「配偶者だからこそ隠しておくべきではないか」と判断したりと、うまく証拠を集められません。これは素人ではできない調べ方ですね。

プロが聞き込み調査する場合

プロの調査機関では、聞き込み対象を周囲の人間関係から徹底的に絞って検討し、プロならではの話術で巧みに情報を引き出します。探偵や興信所の調査がバレないのは、この聞き込み対象の選定が的確であることと、聞き込みのやり方がうまいからです。このあたりは職人技ともいえるもので、ロジカルに解説することはできません。また、探偵や興信所は自分の身分でさえも隠して聞き込み相手に接触します。素人が真似すると、顔がバレている可能性が高いですが第三者であれば情報収集しやすそうですよね。

たくさんの調査方法がありますが、その中でも聞き込みはプロだからこそできる手段です。

まとめ

個人で浮気調査を試みる人は多いもの。しかし、探偵や興信所などのその道のプロと比較すると、精度や情報収集能力は雲泥の差です。ここが、費用をかけてまでも調査依頼をする理由と言えるでしょう。パートナーの浮気で悩んでいる人は、まずはお近くの探偵や興信所の無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。きっとあなたの力となってくれるはずです。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn