証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

興信所の「交通事故調査」では何を調べられる?

交通事故は、肉体的なダメージはもちろん精神的なダメージも大きく、関わった人全員が苦しむものです。

「事故のせいで体が痛い、気分も滅入る…」

それなのに相手と話し合いをして今後どうするのかを考えなくてはいけないですし、やらなければいけないことが山積みです。

しかも、その交通事故を巡ってトラブルが起きてしまったら余計に厄介です。

そんな交通事故のトラブルを解決するためには、証拠集めが必要です。

ただし、証拠集めといっても何をしたらいいのかよくわからない。そんな時に興信所が役立ちます。

それでは、今回は交通事故調査についてお伝えしていきましょう。

交通事故トラブルを引き起こす「ウソ」

交通事故におけるトラブルの原因といえば、「ニセの証言」です。

ニセの証言といえば、相手が保身のためにウソをつくというパターンが多いでしょう。

「自分は減速していたのに相手が飛び出してきた」と加害者が言い張ることもありますが、これは自分の罪を軽くするため、そして慰謝料の減額を狙ってのことです。

「職を失いたくない」「家族を失望させたくない」と、交通事故の相手に責任をなすりつけて自分が責任を問われないようにする人もいます。

反対に、被害者がニセの証言をすることもあります。これは慰謝料の金額をつり上げようしているかもしれません。

どちらにせよ、ニセの証言をされてしまったら、話し合いはうまくいきません。

しかし、最近では車にドライブレコーダーを導入しているドライバーも多いですし、街中にも監視カメラが増えています。そのため、そういった映像からあっさりウソがバレることもあります。ただし、これは非常にラッキーなことです。

「田舎のため、周囲に監視カメラなんてない」「加害者・被害者両方の車にドライブレコーダーがついていなかった」ならば、お互いの意見が平行線をたどります。

もちろん警察の調査で真実が明るみになることもありますが、大きな事故ではない場合には、それは期待できません。

こんな時、興信所に交通事故の調査を依頼するのが賢いやり方です。

興信所でも、交通事故の相手がウソの証言をしているのかどうか、実際はどうなったのかを調べることができます。

また、「事件の目撃者を探してほしい」「事件の目撃者がいるけれど、その人が本当のことを証言しているのかを調べてほしい」といった依頼にも応じています。

交通事故調査を厄介にする「当たり屋」の存在

交通事故で警戒したいのが、当たり屋の存在です。「当たり屋なんて本当に存在するの!?」と思われるかもしれませんが、実際に交通事故に巻き込まれた時に、突然欲をかいて人格が変わってしまう人もいます。

「もしお金がもらえるとしたら、もらえるだけ相手からとってやりたい」と考えてしまい、結果として当たり屋的な思考と行動になってしまう人も、残念ながらいらっしゃいます。

このような当たり屋的な思考を持っている人と関わってしまった場合、早くつながりを断ち切りたいですよね。かといって、言いなりになって請求されるだけのお金を支払ってしまったり、逆に賠償請求額を減額したりするのも、さらなるトラブルの種になりかねません。

当たり屋的な思考に負けてはいけません。負けてしまったら、そこで終わりです。

真実を追求し、戦うことをやめないようにしましょう。

交通事故調査はどのようにして行われる?

交通事故の調査を行うことが決まったら、興信所は一体何をするのでしょうか。

まず、興信所はターゲットを尾行します。特に、相手があなたとの交通事故でケガをしてしまったと主張しているのであれば、尾行は外せない調査です。

興信所の調査員は尾行の間に「相手が本当に怪我をしているのか」「ケガをしているのならばどのレベルか(こちらに申告している通りか)」「ちゃんと通院をしているのか」を確認し、証拠を確保していきます。

ちゃんと病院に通っており、リハビリも必要なほど体調が悪くなっているというのであれば、その様子を撮影して報告します。

反対に、ケガをしているはずなのにゴルフや草野球などのスポーツを楽しんでいる、もしくは何時間も座りっぱなし・立ちっぱなしでギャンブルに興じるなど、怪我をしているように見えない場合には、そう報告します。

また、必要とあらば、事件現場周辺で当時の様子を聞き込みしていきます。現場を目撃した人からの情報収集は特に大事です。コンタクトがとれたら、その目撃者から当時の状況を詳しく聞き出します。

ただし、注意したいのは目撃者が買収されていないかということです。もしかしたら目撃者は金で意見を変え、不利な証言をしているのかもしれません。

もしくは、でっちあげの目撃者という可能性もあります。相手に有利な証言をするために、現場にいたフリをしているのかもしれません。

しかしながら、ベテラン調査員は聞き込みの中でウソを見抜きます。ウソをついている人は証言の細かいところまで突っ込まれると目が泳いだり、自分の証言を忘れていて辻褄の合わないことを口走ったりします。もし目撃者がウソをついていると判明したら、それを依頼人に報告します。

興信所ならば不審な態度も見抜くことができるのです。

まとめ

交通事故調査は、スピードが命です。「興信所に依頼しようかな、それとも自分でなんとか交渉できるかな」と考えているうちに、事態が悪化するかもしれません。そうならないためにも、迷わずに依頼してしまいましょう。

交通事故に巻き込まれた後は、肉体的にも精神的にも余裕がなくなります。ここで無理をしてしまうと、後で大変面倒なことになる可能性だってあるのです。「あの時に無理をしなければ、健康な体に戻れたかもしれない」「調査をするなんて張り切ったけれど、多忙だったわりに何も成果がないまま終わってしまった」なんて後悔をするくらいならば、興信所に依頼して証拠を集めてもらい、余裕を持って戦いましょう。

なお、交通事故の調査を引き受けてくれるかどうかはその興信所に問い合わせてみないとわかりません。興信所は無料相談にのってくれるところもたくさんありますので、気になる方はまず調べてみることをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn