証拠の取れる興信所探偵社 「まごころの調査」でお客様へ安心をお届けします。

探偵コラム

情報漏洩のリスクとは?探偵に依頼する前に知っておきたいこと

探偵調査とは一般的に、かなりデリケートな情報を扱うものです。

浮気調査や不倫調査、身辺調査など、くれぐれも注意して行う必要があります。

探偵へ調査を依頼するときには、絶対に他人に知られたくない情報を預けるも同然です。中には「調査したことが探偵によって漏洩してしまうのではないか」「個人情報が漏れてしまうのではないか」というようなことを心配される方もいるでしょう。

しかし探偵の情報管理は徹底されており、かなり強力な守秘義務があります。

こちらの記事では探偵と情報漏洩についての関係、また守秘義務について解説していきます。

探偵調査において、情報漏洩の心配はない

先述したとおり、探偵業はデリケートな情報を扱うことから、かなり強力な守秘義務があります。

そのため我々が想像する以上にセキュリティーや情報の管理が徹底されており、情報漏洩について心配することはありません。

「探偵が情報を口外してしまうかも知れない」「うっかり口を滑らせてしまうかも知れない」という心配をしている方もいるかも知れませんが、探偵業のプロとしてそのようなことはあり得ません。

探偵事務所を設立する際には、「探偵業法」というものに基づき届け出を提出します。

「探偵業法」とは探偵業を行うにあたり重要である法律や取り決めなどを指定するものであり、もちろん個人情報に関する法律も厳しく設定されています。

こちらを破るようなことがあれば当然行政処分が下されますし、探偵事務所は閉鎖されるでしょう。

探偵事務所が行っている、具体的な個人情報保護とは?

上記のように個人情報の保護に努めている探偵業ですが、具体的にどのような形で個人情報を守っているのでしょうか。

以下に詳しく紹介していきます。

パソコンのセキュリティーを強化

いくら気をつけていても、外部からの不正アクセスにより情報を抜き取られるなど、パソコンから個人情報が漏洩してしまう可能性があります。そのようなことがあっては大問題であり、信用問題に大きく関わってきます。

探偵事務所ではセキュリティを厳守するため、一般家庭で使用するようなものよりも強力なセキュリティソフトが入れられています。

また定期的にセキュリティソフトの見直しを行い、外部に情報が漏れることがないよう徹底しています。

重要書類、メモは全てシュレッダーにて処分

探偵業にて扱う書類は全て機密事項であり、重要な個人情報が含まれています。

そのため情報が復元されることがないよう、シュレッダーで確実な処分を行います。これは印刷物から手書きの書類まで、全て同様です。

また近年では、シュレッダーだけでは個人情報の保護が不十分であり、復元されてしまう可能性もゼロではないと言われています。

そのような場合に有効なのが「溶解処理」と言われるものです。こちらはパルパーと呼ばれる大型のミキサー型機械に書類を投入し、バラバラの繊維状になるまで溶かす方法です。探偵業ではこちらの処理方法も導入されており、極めて安全と言えるでしょう。

探偵事務所と従業員の間で秘密保持条約を結んでいる

当たり前の話ではありますが、探偵事務所で働く従業員は秘密保持条約を結んでおり、個人情報や業務内容について口外しないよう、徹底的な教育がなされています。

パソコンへのアクセス制限、USBなどの制限

探偵業にて使用されるパソコンには、厳重なアクセス制限が設けられています。

ログインする際のパスワードはもちろんのこと、例え社内の人物であっても必要のないファイルや情報にはアクセスできないように徹底されています。

そのほかUSBメモリーなどの使用を制限されている場合も多く、迂闊に情報を外部へ持ち出せないようにしています。

もしも探偵が個人情報を漏らしてしまったら?

決してあってはならないことですが、万が一探偵事務所から個人情報が漏れてしまった場合については、行政処分が下されます。行政処分の罰則につきましては、3段階に分かれています。

指示処分

指示処分とは3段階のうち最も軽い罰則であり、名前の通り「指示をする処分」のことを指します。

警察により必要な指示を行い、それに従う必要があります。

指示処分に従わなかった場合、指示処分違反として重い処分を受けることとなります。

営業停止処分

3段階のうち2番目に重い罰則であり、一部もしくは全部の営業を停止させる命令のことを指します。指示処分に従わない場合や違反した場合に営業停止処分となる場合があります。

営業廃止処分

こちらは3段階のうち最も重い罰則であり、探偵業の営業資格を剥奪されてしまいます。

このように万が一個人情報が漏れてしまった場合につきましては、重い処罰が下される仕様となっております。

そのため探偵業を行うにあたって個人情報の管理は徹底して行われており、情報漏洩のリスクは極めて低いです。

情報管理方法については探偵事務所により少しずつ異なってきますが、依頼する前に事務所のホームページなどを確認し、どのような情報管理がされているのかを見極めるのもひとつの選択方法と言えるでしょう。

万が一、探偵とトラブルになってしまったら

こちらもあってはならないことですが、万が一探偵と依頼者の間でトラブルが発生してしまった場合は、国民生活センターや探偵が加盟している団体や協会への相談を検討しましょう。

あらかじめ探偵事務所のホームページなどを確認し、加盟している団体や協会の確認、またもしもの時のトラブル対応などについてもチェックしておくことをおすすめします。

まとめ

以上のような形で、探偵業は情報管理を徹底し、外部に個人情報そのほか重要な秘密事項が漏れることのないように努めていることがわかりました。また万が一情報が漏れてしまった場合には、重い処罰が下されます。

実際に探偵事務所へ依頼する際にはホームページなどをしっかり確認し、守秘義務が徹底されているか、納得してご自身の情報を預けることができるかなどを見極めておくと、安心して任せることができるのではないでしょうか。

またもしもの時のトラブル対応についても押さえておくと、心構えを持って依頼することができます。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒浮気調査の詳細ページはこちら

お気軽にご相談ください。

PIO探偵事務所では、様々なお悩みに対応しております。

お気軽にご相談ください。

探偵コラムColumn